受付中

ちょびのわを振り返って

困り度:暇な時にでも

退会ユーザ

 最後の質問になると思います。ちょびのわの良かった点や、悪かった点を自由に書いてください。

 ヤフーの知恵袋みたいに回答者がいる点は良かったですし、報酬をこっちで決められない点は悪かったです。

 ちょびん君、今までありがとね(>ω<)

みんなの回答をチェックしてみよう!
9件中 1~9件

前の20件へ 次の20件へ

悪いところは

ちょびのわロスになるところです。
しんぴーさんのぶっ飛んだストーリーや意見が読めなくなり
皆さんのいろんな意見も読めなくなるのは寂しいです。
ちょびんくんありがとう~~~~~
しんぴーさんもありがとうございました!
お元気で(;_;)

ありがとうポイント

カウントダウンですね。告白しておきます。

閉ざされた世界ですし、あと3時間半でここも閲覧できなくなります。

私も以前、ある募金サイトの掲示板で10人分くらい分身して書き込んでいました。1つの書き込みで管理人から1円がお困りの方に寄付されるというものだったのです。

100歳の爺さんやらロボットにまで化けて…。それは友人Aには言ってました。管理人もIPアドレスから分かっていたはずなのですが、「100歳の人が来られましたね~」なんて、メールをいただいたりして…楽しんでました。

そのうち友人BがAに攻撃されて別の名を騙って投稿し始めました。それはAだけでなく私にも分かりました。本人は否定しましたけど。言葉のチョイスや文章には本人が気づかない癖があります。友達の意味で「つれ」という言葉を使う人はその掲示板にはBと変名の2人しかいませんでしたから。

マネーロンダリングの要素はなくお遊びと善意と人間同士の感情のもつれの世界。

懐かしき記憶。ちょびのわもそうなる日が来ます。

しんぴーさん、
~~■Do(^ー^) コーヒーお代わり自由です。
みなさん、さらにご活躍を。
☆しぃえしぃえ★o(^-^*)Thank you very much! (*^-^)oカムサムハムニダ★

ありがとうポイント

さらに振り返って…

アンちゃんだよ★さんのコメントにあるマネロン的な動き…そういえば、ヤフー「みんなの検定」でもありました。参加者が検定を出し合うのですが、初期にポイントが付与されるキャンペーンがあり、意味のない問題が濫造されました。わずかな期間でしたが10万~20万を荒稼ぎした猛者がいたとのこと。その後キャンペーンはありませんでした。それでもランキングのためか裏工作する人もいたような…。

貧すれば鈍するとかで、人間の本性はどこかで現れるもの。現在も?という部分はあまり追及しないことにしますが…氷解したような気がしてます。
夢の中で森山直太朗が「さくら独唱」を歌っていました。私のカラオケの持ち歌です。

まぁ、アンちゃんだよ★さんのような方ばかりなら全く違うものになったことでしょう。人数がある程度ないと盛り上がりに欠けますけどね。

お勉強になりました。裏も読むことが大切ですね。それもこれも含めて楽しかった。ヤフー「みんなの検定」もちょびのわも……こういうモデルはこういうことになりがち。それでも、7年ほど続いた「みんなの検定」より長い10年の年月……これはもう十分な実績というかなんというか。

アンちゃんだよ★さん、
アリガトウ(/^^)/´´( ̄- ̄) ``\(^^\)

ちょびのわさん、
☆★メルシー☆w(^0^)w☆ボークー★☆

みなさん、
(・_(・_(・_・。)ノ☆・゚:*☆【謝謝♪~】;:*:;゚:*☆ヽ(。・_・)_・)_・)

返 信  しんぴーさんに感謝が無かったら、ちょびん君を、焼きちょびにするぞ(ーдー)
ちょびん君の餌は、俺があげてたんたから。白湯と白米3粒を1日3回。
ちょびん君は、いつも泣きながら食べてたわ。そんな感謝せんでも、ええけどな。
ありがとうポイント

オフィスのブレイクルームの様でもあり、魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界でもあり

ブレイクルームとは、社員が仕事で区切りがついた時、ひと息いれるために、無料で自由に飲めるコーヒーやスナック菓子類が置いてあるオフィス内の一角の事です。会社によっては、休憩室なんて呼んでるかも。喫煙者のいないクリーンで明るい喫煙室みたいな場所です。
https://youtu.be/q_GKplsgvmE
↑ こんな感じ。当然、その場にいるメンバーは毎回バラバラですし、会話は様々な雑談です。

良く言えば、ちょびのわは、ここでの会話っぽい印象。息抜きにちょうど良かったです。実質的な参加人数が少ないので、参加者がどんな人なのか見えているのも良かったのかも。

一方、少し前のここは、お礼のポイント額を自由に設定できたので、ひとりで複数のIDを使って同じ広告からダブってポイントを集め、それを自分のメインIDにポイントを移動する場としても使われていました。しょーもない質問をサブIDで出して、メインIDでどーでも良い回答をして、そこにお礼として高額ポイントをつけて、ポイントを移動するワケです。自作自演です。ポイント版のマネーロンダリングみたいな感じです。嘘の友達紹介ポイントなんかも移動されていたでしょうね。そんな事が横行していたので、お礼ポイントは1ポイントに限定したのだと思います。

なお私は、複数IDを使っている人は、まだいると思ってます。
↑ 過去の回答の時間を注意深く観察すると、何故か多くの書き込みが、いつも20~30分の時間差で書き込まれています。Aでログインし、ゲーム等でポイントを集め、ここで適当な3行回答をし、次に B , C でログインし同じことを繰り返すワケです。別の人が偶然に近い時間帯に書き込んだのなら、あんなに多くの書き込みがこのケースに該当する筈がないです。
さらに、2012~2013年頃の質問・回答を見ると、上記のマネロン的動きも確認できます。
文章内で使う言葉の癖も同じですし、改行や句読点の打ち方などをみても、別人物とは思えません。賛否が分かれる質問では、立場を変えて同一人物とバレない様にしてますがバレバレです。

結局これは、今問題になっているドコモ口座の事件と似た構造の話だと思います。運営側の "本人確認" が甘いので、複数IDの利用を可能にしてしまったのでしょう。入口は緩くしないと会員が集まり難いポイントサイトのビジネスモデルの欠陥ですね。

ありがとうポイント

居心地良かったです

以前はポイントサイト10か所以上登録して
見て回るだけでも疲れるようになりました。
鬱になってしまった後は暫くやめていたのですが
結局戻ってきたのがちょびリッチとECナビでした。
覗くだけでも楽しくてホッとしてました。
ちょびのわ見てふ~んとかほほ~とか言いながら楽しんでました。
無くなるのは本当に寂しいです。

ありがとうポイント

いいところばかりです。

ヒトの意見を聞くことができる、発信してすぐレスがもらえる、時にはポイントまでも…。それがいつしか毎日立ち寄る居場所のようなものに…。依存し過ぎるとロスに陥りそうですね。

悪いところは思い当たりません。
何か問題が生じるとしたら、使い手に責任があったりシステム上の問題だったり…ちょびのわそのものは悪くないんじゃないかと…。

ちょびのわさん、お世話になりました。

ありがと花束( ΘェΘ)∠※.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`★

ありがとうポイント

今はわからないけど

過ぎてから気づくことって多いですよね

学生のころ「人生楽しくない」って思いましたが
今振り返ると学生の頃が一番楽しかった気がします。

ちょびのわだって
終了してから本当のすばらしさに気づくのかもしれませんね。

ありがとうポイント

オリジナリティ満載

個性豊かな人たちがいて
いろんな意見が聞けたことですね。

とくに
しんぴーさんの強烈な個性は秀逸!

ありがとうポイント

いつの時代も終焉はやってくる

昔は報酬を決められたんだけど
いろんな問題が起きて
今のようなシンプルな形になって
使いやすくはなったんだけどね

他のポイントサイトも含め
サイトの維持費や運営の経費節減など
時代の流れですな