受付中

空港ラウンジ

困り度:暇な時にでも

まりん

空港ラウンジってよく聞くのですが、空港ラウンジとはどんな雰囲気なのですか?やっぱりお金持ちがたくさんいるような感じなのでしょうか。

また空港ラウンジってどのように利用するのでしょうか。お金を払えば利用できるのでしょうか。

みんなの回答をチェックしてみよう!
2件中 1~2件

前の20件へ 次の20件へ

空港ラウンジについて

空港ラウンジには大きく2つあります。

1つは一般的な空港ラウンジで、1000円程度払えば入ることが可能です。ただ、アルコールなどは有料なことが多いです。軽食も充実しているわけではないので、空港のエントランスの椅子で待つよりは少しだけ、ゆったりと過ごせるかな、くらいの設備になっています。

こちらについては、特にお金持ちが多いとかはありません。

もう1つはプライオリティパスがないと入れない、VIPラウンジと呼ばれるラウンジとなります。

こちらについては、お金を払えば入れるわけではなく、プライオリティパスと呼ばれるカードを持つ必要があります。

そして、このプライオリティパスを取得するためには、最低99ドル、最高で429ドルがかかります。日本円だと1万円から4.5万円くらいですね。

ただし、プライオリティパスはプラチナランク以上のクレジットカードに無料付帯していることも多く、1番安く手に入るカードだと、年会費1万円の楽天プレミアムカードに付帯していたりするので、個別に入会するよりもかなりお得に取得することができます。

こちらのラウンジだと世界で1000以上のVIPラウンジに入ることができます。プライオリティパスで入れるラウンジはアルコール類も無料で、シャワールームや喫煙所などもあることが多いです。

また会員制となるため、場所によっては空いていることが多いです。

客層としては、前述の通り会員制となるため、ある程度の年収がある方が多い印象です。私は成田空港のラウンジを利用したことがありますが、外国の方が多い印象でした。

こちらの記事にプライオリティパスについて詳しく書いてあったので、もし参考になれば幸いです。


https://hikakujoho.com/creditcard/prioritypass/

旅慣れた個人とか、仕事をしっかりしてそうな大人が多い感じ

個人的な印象は、お金持ちと言うより、旅慣れた個人とか、仕事をしっかりしてそうな大人が多い感じです。空港に来ただけで舞い上がってしまう、いわゆる団体旅行専門系(大人の修学旅行みたいなもん?)の人はほとんど見かけませんね。

空港ラウンジは、カード会社系と航空会社系があります。カード会社系は、ゴールドカード以上の会員専用だったりします。航空会社系は、マイレージのランクがあるレベル以上の上級顧客専用の場合が多いですね。つまりゴールドカードの会員になるか(審査があります)、飛行機を利用しまくって上級マイレージ会員になれば利用できます。カードの支払いが滞っている様では審査をパスするのは難しいでしょうね。

ラウンジには、ゆったりと座れるソファがあったり、無料のソフトドリンク類や軽食類があります。アルコール類は有料だったり、1杯目だけ無料の所があります。Wifi やコピー・FAX等も使えます。時間に追われているビジネスマンには嬉しいサービスですね。また、シャワーが使える所もあります。

例えば、東京からサンフランシスコの本社に行く場合、出発は夕方5時頃発になる場合が多いです。出発日の午後3時頃まで会社で仕事をして、そのまま空港に向かい夕方の便に乗ったとします。すると約9時間ほどのフライト後、現地には時差の関係で同じ日の午前10時前後に到着します。空港でレンタカーを借りて、出張先の米国本社まで行き、午後から会議・・なんて仕事の仕方が出来るワケです。ただ、この場合事実上前日からずっと同じ服を着ていますので、人によっては一度シャワーを浴びて着替えたい・・と思うワケです。その時に便利なのが、到着空港のラウンジのシャワールームです。ただ、私の場合、会社にシャワールームがあったので、空港のラウンジは使いませんでした。それに出発時は、ラウンジでまったりするより、空港内のショップをブラブラする方が楽しかったからです。空港のお店って、日本文化を妙に前面に押し出していたりして、日本人の私にも「おっ!これは!」と思う様な物がよく見つかるから・・なんて理由もありますが、本当は貧乏性でじっとしてられないだけかも。(笑)

以下の動画は参考になるかも。
・ANA ラウンジ ってどんなとこ? 東京 羽田 空港 国内線
https://youtu.be/xmjP8LT8kmg?t=165