解決済み

高速道路の有効活用について

困り度:暇な時にでも

退会ユーザ

 東京インターから静岡インターまで、東名高速を利用すると約2時間で着きます。
仮に自転車で東名を走行した場合、1.5倍、歩行者なら2倍の時間がかかるとした場合でも、サイクリングや散歩に最適なのに、なぜ高速道路は、歩行者や自転車は通行出来ないのでしょうか?
 
 (1)危ないという理論→歩道がないため、歩行者は不可としても、自転車や原付は本来、車道を通るものだから、問題なし。合流部分ですが、全てのインターやドライブインによる事で、合流地点での事故を防げます。(首都高速にある右入口、右出口は利用不可)。また自転車は一番左車線のみ通行可。

 (2)料金面→自転車は軽自動車の3分の1、原付は2分の1の金額で、あらかじめ目的地までの切符を購入する事で、指定した有効期限内で目的地まではフリー(各料金所では入口で発券した切符と、目的地までの切符を見せるだけで良し)

 上記2点で問題解決してるのに、なぜ歩行者や自転車や原付は高速道路が利用出来ないのでしょうか?

終了後のコメント

高速道路が遠距離移動が目的として作られている事や、仮に歩行者や自転車も利用できるようにするなら、改良が必要という事も理解できたので、この回答をベストアンサーとさせて頂きます。

ありがとうポイント

高速道路の有効活用について

高速道路は、遠距離の移動を第一に想定し建設され、今の設備では歩行者や自転車の利用は当然のことながらできない。利用できるようにするためには、資金を投じて改良しなければならない。まず、利用者がどれくらいいるものか調査しなければならないと思う。

返 信 なるほど、首都高速などの小さい高速道路は、出口が1キロ毎くらいにありますが、東名や東北道とかは、起点と終点が数百キロあり、インター間が10キロ以上離れてるのとか、ザラですよね。ってか阪神高速や首都高速の現金車は高すぎ(# ゚Д゚)
みんなの回答をチェックしてみよう!
9件中 1~9件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

交通事故は日常茶飯事ですが、高速道路上となれば…

大惨事になりやすいのです。

桜塚やっくんの死亡事故も思い起こしました。
似たようなことが同級生にも起こりました。場所も中国自動車道。高速道路の路上に降りた直後に車に衝突即死ということも同じ。地方のニュースの一つとして処理されました。

ことをややこしくしては駄目。大丈夫と思っている人ほど危ない目にあいがちです。人間が毎回正しい判断ができるわけではありません。どんな優秀な人でも睡眠不足だとミスが生じます。交通ルールが刷り込まれていても迷惑行為をしかねません。

先日、身内の者が通り慣れた田舎道で事故を起こしました。けが人もなく追突した相手は良い方で保険でなんとか片付きました。身内の所有していた車は廃車で買い替えは必要ですが、今のところ代車で通勤・ショッピングやドライブも楽しんでいるようです。
が…、これは運が良かったと言うことでしょう。

しんぴー氏が国土交通大臣にでもなったら……目が離せません。


(    )クルッ!

返 信 たしかに車が故障して、路肩に止まり、本線(走行車線側)に降りた直後、はねられて死亡というパターンはあり得ますね。
ありがとうポイント

細かなことですが、

細かな事ですが、下記の前提条件が間違っていると思います。

-----
>東京インターから静岡インターまで、東名高速を利用すると約2時間で着きます。
仮に自転車で東名を走行した場合、1.5倍、歩行者なら2倍の時間がかかるとした場合・・
-----

確かに車を使えば、東京ICから静岡ICまで東名高速なら約155キロほどの道のりなので、所要時間は2時間弱程度でしょう。 この時の平均時速は、約77.5キロです。 一方、通常は人の歩く速度は時速4キロ前後です。 自転車の場合、自転車がママチャリかロードレーサーかの違いや、乗る人の脚力の差で大きく変わりますが、一般人が普通の自転車に乗った場合、瞬間的には時速30キロ位出せたとしても、それは僅かな時間だけで、持続的に出せるスピードは、時速20キロ程度でしょう。 となれば、所要時間は、徒歩の場合は約19倍の39時間必要ですし、自転車の場合は3.9倍の約8時間必要です。 しかも、これは途中で休む時間を計算に入れていません。

2時間程度なら途中で休むことなく一気に目的地まで行く事もそんなに苦じゃありませんが、39時間とか、8時間をずっと動き続けるだけの体力のある人ってチョ~体力のある人だと思います。 もしかしたら、スパルタスロン大会に出場経験があるんじゃ??・・というレベルの人じゃないですかね。
http://kabblog.net/1899/

何か考えるときは、前提条件をきちんと整理して考えましょうね。

返 信 有料道路だから、歩行者や自転車、原付でも数倍程度で行けるものと思ってました。休憩については加味していません。高速は信号が原則なしで、キロ表示もあるし、意外と早く到着しやすい。(渋滞したら別)
ありがとうポイント

趣旨は、少しは理解できますが・・  #1

私も、日本の道路行政に疑問を感じる点があるという点では同じです。ただし質問者さんの意見には同意できません。

自転車だとけっこう辛い登り坂ってありますよね。普段は車などで走っていて、坂道としては意識していなかった道が、自転車だとあらためて坂道だった事を認識させられます。そして高速道路の場合、一度走り出してしまうと、次のICやSA・PAまで道路から抜けることが出来ません。それがずっと登り道だったら地獄です。電動アシスト付きでも、坂道を半分ほど登った所でバッテリーが切れたら、そこからは立ちこぎしなければ前に進めないかもしれません。立ちこぎをすれば、自転車は左右に振れますから、横を高速で走る車にとっては非常に危険です。一般道でも似たような状況は有りますが、横を走る車の速度が全く違います。

これが街中の場合なら、辛くなったら道沿いのコンビニに立ち寄って休むとか、坂がゆるい別の道を選ぶ事も出来ます。でも高速道路の場合、次のIC・SA・PAまでは、その道をずっと走り続けなければならないのです。中には辛くなって、逆走(右側通行)で元の地点へ戻ろうとする自転車も出てくる可能性が高いです。そして逆走をすれば長い下り坂ですから、そこそこ速いスピードになります。時速100キロで走っている車のすぐ横を時速60キロで逆走する自転車がいたら、相対速度160キロですれ違う事になり超危険です。そこへ正しい向きの自転車が走っていれば、自転車同士で衝突する事も有り得ます。

それに自転車は交通法規をちゃんと理解してない子供も乗ります。もし私が幼稚園児や小学校低学年の頃、近所に自転車走行可能な高速道路があれば、きっと悪友を誘って自転車冒険旅行に出かけたでしょう。でも、子供ですから体力には限界があります。そんな子供が高速道路の道端をウロウロしてたらドライバーはどう思うでしょう。気が気でなく本来のスピードで走れませんし、精神的にも非常に疲れます。その疲れが他の事故を誘発する事もあるでしょう。

高速道路は、交通法規を理解し、運転免許を取得した人だけに制限すべきです。幼児や体力の無い老人等が自由に入れるような道路にすべきではないと思います。

返 信 なるほど、たしかに大井松田ー御殿場は25キロあり、その間のドライブインは、鮎沢と足柄だけで、長い登坂部分もあり、自転車は大変そうですね。
逆走の事とかは考えていませんでした。たしかに逆走されると超危険ですね。事故は渋滞要因になりますしね。
ありがとうポイント

趣旨は、少しは理解できますが・・  #2

原付の場合も、似たような状況になると思われます。原付の場合は坂道でも前に進む事は可能だとは思いますが、急坂が続くとエンジンはフルパワーを長時間続ける事になります。その結果エンジンが焼き付いてしまう等のトラブルも多発するでしょう。これが一般道なら、信号待ち等でエンジンは時々休めますけどね。

高速道路で時速30キロの原付が走っていたら、100キロで走る車との速度差は70キロです。一般道でも原付が走っていると、車で横を通り過ぎる際には結構気を使います。この時の速度差は20~40キロ程度でしょう。それが速度差70キロ以上になったら、かなり危険性を感じると思います。高速道路は30キロの速度制限を解除したとしても、もともと非力ですから急な坂道では40キロ程度しか出ない場合もあります。そうなれば、上記の場合と大差ありません。

また高速道路の場合、おそらく原付はフルパワーに近い状態で運転するでしょうから、燃料も猛烈な勢いで消費します。燃料タンクの小さな原付の場合、走行途中で燃料切れになる人も多発する可能性が高いと思います。そんな人がバイクを押しながら高速道路を歩いていたら危険だとは思いませんか?

ちなみに運動する物体の運動エネルギーは、速度の2乗で増加します。つまり、同じ車が時速50キロで走っている場合と、時速100キロの場合では、速度は2倍の差ですが、運動エネルギーは4倍になります。新東名は120キロで走れる区間もありますから、この場合速度差2.4倍でエネルギー差は5.76倍にもなります。30キロ比なら16倍です。衝突すれば大事故です。このエネルギー量の差を考えれば、安易に低速な乗り物を高速道路に入れるべきではないと思います。環境にどう…という話ではなく、人の命の問題です。

高速道路はパワーに余裕のある車やバイクでの高速走行を前提に設計されているため、非力な自転車や原付が入り込めば、様々なトラブルが多発する事が容易に想像できます。高速道路に路肩があるのは、渋滞時などでも救急車などの緊急車両が通行できるだけの余裕をもたせるためであり、自転車や原付のためではありません。よって、高速道路を自転車や原付バイクも通行可とするのは反対です。

ちなみに、質問者さんの理屈に従えば、ナンバー付きの耕運機も一般道を走れますから、耕運機も高速道路を走れないと変、という事になりますよ。

返 信 原付の場合、給油の問題もあるのですね。たしか特定のドライブイン(主にSA)しかガソリンスタンドが無いので、場合によっては100キロ以上、給油できない事も?夜中なら一般道のガソリンスタンドは閉まってる事もありますしね。路肩は緊急時のためのものだったのですね。勉強になりました(^o^)
ありがとうポイント

止めて、それ以上いじめないで・・・

義父が度々高速道路へ自転車で侵入してました。
トラックの運ちゃんによく注意されてたそうです。

そりゃあねぇ、じじいがトロトロよろよろ自転車こいでたら
ぞっとするよね(; ・`д・´)
田舎の高速道路だから片道一車線だし道路幅狭いし
道路曲がりくねっているし
ただでさえ自然渋滞多いところなのに
自転車に走られたらたまんないよねえ(;´Д`)
注意されても懲りずに次の日侵入してまた注意されてたし・・・

歩行者も自転車も原付もスピード出ないし見つけたら怖いよ。
歩行者なんてどこから入ってどこへ出るつもりなのか
横が崖なのに行こうとしてるの見たらブレーキ踏みたくなるよね?
時々原付が侵入してるの見るけど60キロできつそうに走ってるけど
そもそも原付は30キロ制限だよね?

トラックの運ちゃんなんか儲からないし時間縛り多いし
体力的にもきつくて可哀そうなんだよ。
それ以上いじめないでほしいよね?

返 信 あなたの顔文字も可愛いけど、スピードが出ない方が一斉に走ってるのも、面白いかも。
高速道路の最低速度って、50キロくらいなのに、メーターが60キロまである原付がなぜ侵入禁止なのかと思ったら、原付は30キロ制限だったのね( ゚д゚)
時速30キロ=1キロ2分で考えたら、埼玉の川口から青森までの東北道は約680キロだから、半日以上かかるのね(;´Д`)
みんながトロトロ走ってたら、トラックの運転手は大変そう(T_T)
ありがとうポイント

環境にやさしい

自転車の推進は
老後の健康問題
地球の環境問題
を解決してくれる
一石二鳥のいいアイデア

返 信 自転車は空気だけで良いから、自転車が高速道路を走れるようになったら、全国のドライブインで空気圧チェックとかが出来るようになるかも?
ありがとうポイント

遊歩道

レインボーブリッジのような遊歩道があるとめちゃくちゃありがたい。

返 信 遊歩道は路肩車線を活用してほしいね
ありがとうポイント

一般道路

高速と並行して一般道路があるので
一般道路で充分な気がしますが・・・

たしかに高速に自転車専用歩道があると便利かな

返 信 一部の区間は確かに高速道路と並行して、一般道が存在しますが、途中で川とかで遮られているので、例えば東北道沿いにサイクリングしても、川口〜青森は行けません。
ありがとうポイント

そ、それは...

自動車を運転中、前方に自転車や原付、歩行者を見つけたら、減速し徐行すべきかどうか考えますよね・・・、

前方左側に自転車や原付、歩行者が見えたら徐行するかどうか考える、これ自動車運転の基本中の基本です、

一般道と同様、高速でも自転車や原付、歩行者が前方左に見えたら、大抵の人は、ブレーキに足をのせ減速すると思います、

世の中いろんな人がいます、突然道の真ん中に出てくる人もいるかもしれませんから、安心はできません、

で、そうなると、

あっという間に、高速道路は渋滞になり、高速道路は一般道と同じ状態になってしまいます、

これ、お金払って高速走ってるのに、毎回?渋滞でトロトロ走るとなったら・・・、

高速道路の意味、無いですよね・・・


なぜ、高速道路が造られたのか?そこを調べたら、答えが解るかも・・・(^^)ふふ



返 信 高速道路はお金がかかる分、信号や踏切などが原則ない。(恵那山トンネル手前などには信号があるが、青状態が基本)
たしかに渋滞すると、高速道路の意味がなくなります。ただ125cc以上のバイクは通行OKなのに、歩行者や自転車や原付はNGって、不公平とも感じました。
ちなみに高速道路沿いを一般道で歩けば、同等の価値はありそうてすが、間に川や海があるから一般道での縦走はできないのです(;_;)