受付中

プログラミング

困り度:困ってます

退会ユーザ

小学生でも簡単に扱えるようなプログラミングの無料ソフトを教えてください!

みんなの回答をチェックしてみよう!
4件中 1~4件

前の20件へ 次の20件へ

追加情報 #2

レゴ・ブロックの様に子供でも組み立てられるコンピュータ "Kano" という物があります。 詳しくは以下の記事が参考になります。

・自分で組み立ててゲーム作りからコードの学習もできるコンピュータ「Kano」
http://gigazine.net/news/20131126-kano/

・ゲーム感覚でプログラミングを学べる小型PCキット「Kano」を使ってみました
http://gigazine.net/news/20141009-kano-review/

・ゲーム感覚でプログラミング学習が可能な組み立てPC「Kano」のカメラ・スピーカー・ピクセルキット
http://gigazine.net/news/20160929-kano-camera-pixel-speaker/

・KANO(カノ) 子供向けプログラミングコンピュータの素晴らしさに驚いた
http://sys-guard.com/post-8943/

子供向けの製品の様ですが、大人の私もちょっと興味がわく品物です。
一般的なゲームが、"他人が作った世界の中で、他人が設定した条件の中で楽しむ物” なら、こちらは、"自分で作った世界の中で、自分が好きに条件設定を変えられるゲーム" と言えますね。 単純ではありますが、自分で好きなように機能を変更したり、追加して行ける点が、すごく楽しいと思います。
そして、そんな事を繰り返しているうちに、自然とプログラミングの技術が身につくなら、なお良いですね。

ただ、残念ながら現時点では、日本語には対応していない様です。 まぁ簡単な英語ですし、イラストだけでもある程度理解できるみたいですから、”英語” と聞いただけで拒否反応を示す大人にはダメでも、柔軟性のある子供なら受け入れる可能性は高い気がします。

なお、Kano の開発者Alex Klein が、Ted カンファレンスで開発の経緯をプレゼンした時の様子を youtube で見られます。(英語です)
https://youtu.be/HHWFLDmv86U

英語はちょっと・・と言う方は、プレゼン内容を日本語訳したページもあります。
http://logmi.jp/37695


また、品物の入手は、日本のアマゾンでも可能です。 現在は在庫1台です。
https://goo.gl/hDCn7H

ありがとうポイント

追加情報

直接の回答にはなりませんが、NHK Eテレの Take Tech という10分番組は、プログラミング技術を身につける際、役立つと思います。 (過去の放送は、下記のページで見られます。)
http://www.nhk.or.jp/gijutsu/taketech/

例えば、第8回の 「決まった動きをさせる」 という回は、小難しく言えば 「シーケンス制御」 という考え方を、子供でも理解できる様に教えてくれます。 第9回なら、「フィードバック制御」 の考え方です。 小難しい名前はどうでも良いのですが、こういった考え方の概念が出来ていないと、それをプログラムで表現できませんからね。

さらに、第1回から5回までの番組の後半では、ロボットに様々な指令を与えて目的の動作をさせようとする姿が描かれています。 最初は命令が適切でないので、こちらの期待通りに動きません。 ロボットが人にジュースをかけてしまったり、側溝に落ちてしまったりします。 そして、命令の与え方を少しずつ修正して完成に近づけて行きます。 この試行錯誤の過程は、まさにプログラムを完成させて行く過程とそっくりです。 いわゆる 「バグ取り」 と言われる作業です。



あと、前の回答の最後に紹介したリンク先にも書いてある、Viscuit(ビスケット)という言語を開発した原田氏と、サイボウズ社社長の青野氏との対談が以下のページにあります。 なかなか含蓄のある対談です。 質問者さんが、どんな目的で、ソフトを探しているのか分かりませんが、もし子供にプログラミングを学ばせたいと思っているなら、この対談は一度読んでおくと良いと思います。
https://codezine.jp/article/detail/8842

簡単

ScratchJrがおススメですね。
わが子でも使えたので

Scratch (スクラッチ) はどうですか?

少し前にこの質問を受けたら、LOGO と答えていましたが、最近は LOGO を耳にする機会はだいぶ減りました。 それに変わって最近耳にするのは、Scratch です。
https://scratch.mit.edu/about/

Scratch は、ブラウザ上で動きますので、ネットにアクセスできる環境さえあれば、すぐ始められます。 もちろん無料です。 もしネットアクセスに難があるなら、ダウンロードして使うことも可能です。 まぁ小学生と言っても、1年生と6年生では、物事の理解力は全く違うので、1年生でも無理なく理解できるとは言いませんが、3~4年生以上になれば十分理解可能だと思います。

もし、この質問が、低学年の小学生を想定しているなら、ScratchJr という更にやさしい物もあります。
http://www.gizmodo.jp/2014/08/post_15340.html

詳しくは、以下の Scratch の紹介記事が参考になると思います。(ブラウザ上で動くサイトの URLやダウンロード先も書いてあります。)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1603/21/news012.html

また、以下のNHK Eテレでの Scratch の番組も参考になるかもしれません。(過去の放送は動画で見られます)
http://www.nhk.or.jp/gijutsu/programming/

Scratch の参考図書も色々出版されています。
https://goo.gl/w4fafM


また、Scratch 以外にも様々な子供(初心者)向け言語があります。以下は、プログラミング教育を行っている会社のページですが、無料で使える言語がいくつか紹介されています。
http://techacademy.jp/magazine/1861

個人的な意見ですが、この頃に大事なのは、特定のプログラミング言語を覚えるというよりも、そこにある情報を整理して問題点を明確にし、必要な対策を順序だてて考えて行く・・といった論理的思考力や、アイディアを形にして行くといった創造力を身につける事だと思います。 そういった意味では、どの言語も似たり寄ったりなので、好きな言語を選べば良いと思います。