受付中

生命保険の契約者と保険者が違うと税金は高いですか?

困り度:暇な時にでも

退会ユーザ

契約者子で保険者が父の保険金を相続した場合、契約者子で保険者が母の保険金を相続した場合贈与税は高いですか?
生命保険に入る時は保険者を契約者本人にするのが良いですか?
教えてくざさい。詳しい方お願いいたします。

みんなの回答をチェックしてみよう!
3件中 1~3件

前の20件へ 次の20件へ

保険の契約。

生命保険を契約する際、契約者・満期受取人(受取人)は同一人物の方が税金面でも余り問題は無いようです。万が一、契約者・被保険者・受取人が全て違う場合でも契約者と満期受取人(受取人)の変更は可能です。例えば契約者・祖母。被保険者・孫。受取人・子供の場合。契約者・子供。被保険者・孫。受取人・子供に変更する。基本的に生命保険で契約後、変更不可能は被保険者のみです。保険を掛ける人、保険を掛けられる人、保険を受け取る人に別れています。皆様の思いを形にして残す事を考え税金面も考慮して保険の正しい選択をされる事をお勧めします。
説明不測がありましたらゴメンなさい。

保険

自分が昔父が亡くなった時に被保険者が父なので
相続税となり、それなりの相続を受け取りました。
被保険者が母の場合は贈与税であると思います。
また生命保険加入の契約時は本人の場合が良いと思います。
詳しくはありませんが、何かあった場合は保険で控除
できる割合があるので加入時に確認した方が良いとおもいます。
契約時に説明義務があるのでちゃんと説明してくれると
思います。

ええと…

少しご質問がわかりにくかったのですが、
契約者が子供、被保険者が親で、保険金の受取人が子供という事ですよね?
でしたら、子供自身が保険料を負担しているので、「贈与税」ではなくこの場合は「所得税」になると思います。
受取人本人が保険料を負担していれば、所得税になります。

契約者が父、被保険者が父で(または両方とも母の場合)、受取人を子供にしたら「相続税」で、
契約者が父、被保険者が母で(またはこの逆でも)、受取人が子供なら「贈与税」になるようです。

税金の計算については説明するにはかなりややこしいので、国税庁のHPの「死亡保険金を受け取ったとき」を参考にされると良いと思いますよ。
「死亡保険金を受け取ったとき」と検索すれば、該当ページがヒットします。