解決済み

おなじ英語講師を指導する

困り度:Level1

退会ユーザ

今度私が年長者で経験もながいことから普段あまり発音などを指導せずにいる先生方に私が指導することになりましたが、正直若い先生方なので
ちゃんときいてくれそれを実行してくれるか不安です。

どのような感じでこちらが指導したら聞いてみたい生かしてみたいと思われますか?

終了後のコメント

結果報告になりますが、私より高校はいいところをでている先生方でしたが、やはり年長者の私ほどは基本的なことをほとんど知らなく、結局年長者としてしっかり教えていく形になりました

ありがとうポイント

年長者なんだから別に気にする必要はないかと

英語の勉強は自分もしていますが、日本式の文法中心ではいつまで経っても上達しません。
まずは英語で話してみる。これが結構できない。というより絶対出来ない。
そこで文法はめちゃくちゃでもとにかく喋る。で、後は何が行けなかったのかを調べる。
この繰り返しですね。

返 信 ありがとうございます。
一回りはなれているのでしかも学生なんで 相手が。
国立大学いってる分 自分たちは頭いいと思っている感じの方も多いのですが、
やはり専門で学んでいないことは確かなんですよねー
しゃべらずに文法だけ教えている先生方に正直 生徒がかわいそうだと感じているのです。
みんなの回答をチェックしてみよう!
4件中 1~4件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

ティーチングではなく、コーチングで

質問文が短く、情報不足なので、状況がイマイチよく掴めないのですが、とりあえず回答すると…。

まず、”指導する”という発想はしない方が良いと思います。指導ではなく、”効果的な英語教育の方法を一緒に考える”というスタイルで接してくれた方が良い成果が上がる気がします。

一方的に 「もっと発音指導をするべきです」 といった押し付け的な感じで接されると、若い先生の反感を買う可能性が高くなるからです。それより、最初に今の学習指導方法の問題点を列挙してもらい、その対応方法はどうするのか良いのか一緒に考える…というスタイルです。

そして対応策を出す際にも、質問者さんが先に具体的な事を言うのではなく、あくまで若い先生に言わせる事です。そして、若手が出してくる解決策が全て出きっても、質問者さんにはまだ十分でないと感じるなら、「私だったら、こんな方法もとってみますね。どう思います?」 といった感じでアドバイスをします。 あくまで、命令調ではなく、選択権は若手に与えます。 あるいは「もっと他の視点から考えられませんかね? 本当にこれだけで十分でしょうか?」 といった感じで、発音指導などにも目を向けさせます。

そして、それらの解決策が出たら、「では、その中のどの解決策をいつまでに行いますか?」 といった感じで質問して自分で全てを決めさせます。 そして、次の打ち合せの時に、その進捗状況を確認します。 順調に進んでいるなら、次にどうするかを質問します。 順調でないなら、その原因と対策をどうするかを話してもらいます。 あくまで、こちらからああしろ、こうしろ…と上から目線で指導するのではなく、良い英語教育の方法を考える手助けをする…という同じ高さの目線でのスタイルです。

この方法が良いと思うのは、人は、自分で考えて出した結論なら素直に実行するものだと思うからです。 他の人に押し付けられた事は、やってもイヤイヤなので気持ちがこもりません。役職上の上下関係の力で強制的にやらせる事はできても、やる人の心がこもってなければ、高い成果は期待できないと思います。 そして、成果が上がらなかった時、下の者は 「上の言うとおりにやったのだから、自分には責任が無い。このやり方でやれ…と言った上に責任がある」 と言ってくると思います。

よって、上から”指導する”のではなく、”一緒に考える”のが良いと思います。

ありがとうポイント

外国人の発音を聞き取れるような指導をしてください

退会ユーザ

私の孫2人はイギリス生まれのイギリス育ちのハーフです。孫の英語を聞き取るのは一苦労です。日本の英語教育の欠点がここに表われていると思います。指導法は分かりませんが実践に役立つ語学でなければならないと痛感しています。どうか
普通に話す外国人の英語が聞き取れるような指導を生徒にして欲しいと思います。

返 信 ありがとうございます
話せない単語を読まずに教えていることに私も大変疑問を感じているので
話すということの重要性がまだ日本では低いように大変感じています
ありがとうポイント

・・・(~_~;)

>どのような感じでこちらが指導したら聞いてみたい生かしてみたいと思われますか?

・・・いや、10人いれば10通りの考え方、感じ方があると思いますので、
ココ(ちょび)で聞いても、ん~?参考にならないのでは?っと思いますよ(^_^)

みかりんさんが指導する人は何人ですか?・・・その人数にもよりますが、

まずは、その指導する人(相手)の、性格、考え方をよく知り、みかりんさん自身の考え方の違いを知ることからはじめてはいかがでしょう?

っで、あと、今、本屋さんなどに行くと、人材育成、部下育成に関する参考書?が、数多く出版されていますので、そういった本を探して勉強、参考にしたほうが?良いと思います・・・よ。

・・・ガンバッテ(^_^)ノシ



返 信 ありがとうございます。
二回にわけて何度か指導する予定です。
大体合計で10人くらいですが。
若い先生方は専門じゃないのに英語を教えているので、本当はそのこと自体が問題なんだとは思いますけどね。
やりかたはそれぞれですが、発音はやはり英語を教えている時点で外せない事項なんですよね。
参考にしてみます、話し方。
ありがとうポイント

一緒に!

年長者が若い人達に指導する時、こちらが教えてやると言う上から目線ではなく相手と同じ位置に立ち相手のレベルを確認しつつ良い所は誉め悪い所は相手と一緒になって考える。相手の立場になって考えれば良いと思います。もし自分が教えてもらう立場なら効率良く早くマスターする方法が良いか。時間を掛けてマスターしたいか。一定の時間を設定しある程度の幅を持たせる。人に物を教えると言う事は一番難しく困難な事。実は教える人の人間性が一番試されている事が多い。振り返れば人に物を教えていた積もりがこちらが教えてもらっている事が多々あります。垣根を越えて良いチームを作って下さいネ!健闘を祈ります!

返 信 ありがとうございます。
年齢関係なくいい塾にしたいと考えているのですが、学生の先生方は
腰掛っていう感覚もあるため、社会人の講師との間に温度差があることは
確かです。
でも立場を上からでなく一緒にまなぶスタンスで指導していきたいと思います。