解決済み

iPhoneとAndroidの比較

困り度:困ってます

退会ユーザ

iPhoneとAndroidの違いはなんですか?

終了後のコメント

私はあなたの紹介いただき、iphoneケースを買いました。お買い得と思います
ありがとうございます

iPhoneとAndroidの比較

退会ユーザ

いろいろ違い点がありますよ
http://iphone.f-tools.net/QandA/iPhone-Android.html
ご参考どうぞ
ちなみに
iPhoneケースを買いたいならいいサイトを紹介したいです
http://www.witdeals.com/iPhone4-4s-cases-skins-bags/p-1343.html

みんなの回答をチェックしてみよう!
2件中 1~2件

前の20件へ 次の20件へ

iPhoneは

Apple社だけの製造。ハードとOSが一体となったスマートホン。
AndroidはOSは汎用のGoogle開発のAndroid OSを使って、ハードはその仕様に準拠したものをいろんなメーカーが製造。

どちらもタッチパネル方式だが、最初に開発したのはApple。
それを真似たのがAndroid。
一人勝ちだったiPhoneを尻目にタッチ式スマホが出せなかったDocomo、auが飛びついて一気に販売したのでAndroidのシェアも上昇。

見た目は似ているが、OSが違うのでアプリの中身(プログラム)は全く違う。
また、アプリの供給はiPhoneはAppleのiTunes、APP Storeのみ。Appleの審査を通ったものしか供給されない。
Androidは多数のサイトから入手可能だが、誰もチェックしてないので中にはウィルスを仕込んだものもある。

まさにPC時代、Macを出して大ヒットしてたAppleを、切り崩したMicrosoftとの関係がスマホでも再現されている。

iPhoneとAndroidの違いは

退会ユーザ

①OSの違い。

iPhoneはiOS

Andoidは携帯端末にはAndroidOSというOS(オペレーションシステム)が           インストールされている。

②通信キャリアの違い。

iPhoneは日本ではソフトバンクモバイルだけが取り扱っている。

Androidは端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル等々、国内の通信キャリアはすべて取り扱っている。

③アプリの入手先が違う。

iPhoneはApp Storeからダウンロードできる。アップルがアプリの登録をすべてコントロールしており、認証を受けていないアプリは配信することができない。

AndroidはGoogleが運営するアンドロイドマーケットを中心に、ドコモやau等のキャリアが独自に配信するマーケット、Amazon(まだアメリカだけですが)などからもダウンロードできます。アンドロイドマーケットでの配信については、特に厳しい規制があるわけではないので、かなり自由にアプリの配信が可能になっています。その分ユーザーの立場からすると、使えるアプリを探すのに手間がかかります。

なお、どちらのOSでも使えるアプリもあれば、どちらか片方のOSでしか使えないアプリもあります。

④パソコンの有無の違い

Android端末についてはパソコンを持っていなくても活用できる。

iPhoneはパソコンに繋ぐことが前提。購入後の認証作業や、iTunesとの同期などパソコンがないと充分に活用できない恐れがある。


⑤ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信などのガラケー機能の有無。
iPhone4までの機種ではガラケー機能は搭載していません。

Android携帯端末にはガラケー機能を搭載しているものもあります。ただ、今後発売されるiPhoneの次世代機にはガラケー機能も搭載される見込み。iPhone+ガラケー機能が欲しい人は、もう少し待った方が良いかも。


⑥通信料金の違い。
iPhoneのパケット定額の月額代金は4410円

Androidの場合はパケット定額の月額代金は5460円になります(キャリアによって違うので、念のためお店で確認してください。)。

返 信 ありがとう