解決済み

瓦礫処理について。

困り度:困ってます

あぶさん

被災地の瓦礫処理に関して、私は国全体で取り組むべき課題だと思いますし、受け入れるべきだという考えですが、デリケートな問題ですし、反対意見の人を一方的に非難する気にはなれません。だからと言って、今のように受け入れるという地域だけ受け入れて、受け入れ拒否をすれば処理をしなくても良いという現状は、真剣に受け入れを取り組んでいる地域だけが損をしている気がします。たとえば、処理すべき総がれき量を見積もり、それを国全体で各地域ごとに処理量を分担する。その量は地域の面積、人口によって決める。処理量を処理できない地域は他の地域に委託し、その費用をその地域の税金で支払う。逆に処理量以上を処理した場合は、その処理分だけお金をもらえ、その地域の財源となる。財政が苦しい地域は瓦礫処理が本当に危険なのか、そうでないかを今以上に調べてみようと思うのではないでしょうか?そして、瓦礫処理の関連業者の仕事、雇用が増え、景気対策にもつながります。受け入れうるか受け入れないかは、住民投票を行う。以上が私の考えですが、素人レベルで、議論の余地もないのかもしれませんが、みんなで意見を出し合えば良い考えが出てくるかもしれないじゃないですか?本当は政府が中心になって取り組むべきです。こういう案の議論をして欲しい。でも今の政府には期待できそうにないです。こういった意見を国民が政府に提案できるような機会はないのでしょうか?みなさんはどういった対策を考えますか?こういった書き込みから変わらないとは言い切れない。そう思って意見しました。我々の力など小さいかもしれないが、今の政府に解決できる力はないと思う。政治学者、経済学者、経営学者が日本にもたくさいいるが、彼らの力で政治や景気が良くなったことがあったでしょうか?国立大学の政治、経済、経営学の教授のみなさんこそ、研究費、給与、退職金のカットを検討すべきです。

終了後のコメント

みなさん、ご回答ありがとうございました。現実味のない意見と批難が殺到することも覚悟して、思ったことを述べたのですが、みなさん、瓦礫処理の問題を深刻に考えているってことですよね。難しいのは分かっていますが、解決のためにできることはないか、今後も考えて行きたいし多くのご意見が聞ければ良いと思いました。ありがとうございました。

ありがとうポイント

窓口

各政党のホームページに意見を送信できる問い合わせフォームがあります。

私は以前、
タバコについて各政党にホームページを通して意見を伝えたところ
各政党の担当者から連絡が来たことがあります。

瓦礫処理に関しては私も同意見で
なかなか進まない今の政権のリーダーシップのなさにはあきれ果てています。

ひとりひとりの意見は小さいかもしれませんが
一般市民の意見としてぜひ各政党のホームページを活用してみてください(^^)

返 信 ご回答ありがとうございました。各政党のホームページにアクセスすることは思いつきませんでした。貴重な情報です。ありがとうございました。
みんなの回答をチェックしてみよう!
7件中 1~7件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

善意を踏みにじられる

被災地の方を思えば、がれきを受け入れたい。これは皆さん思われていることだと思います。

しかし、問題はやはり原発事故から派生する問題です。

受け入れの説明会などで、安全性を十分に確認し~うんたらという説明が相次ぎますが、放射線量もごみにちょっとずつまぜて込んで、数値を小さく抑えてしまわれる可能性を否定できないところが反対要因につながるところなんです。

もちろん議論の中では論外な部分(まさかそんなことをする人間がいるなんてということ)ですが、現実問題、だれがとは明確にはわかりませんが(国なのか、行政なのか、収益を得た民間人なのか)、私たち市民の善意を踏みにじる行為に走る人間がいることも否定できないですよね。

そして、受け入れた後、その清掃工場の近くに学校施設があったとしたらどうでしょう?そこへ通われるお子さんをお持ちの方や周辺住民の方が今度は被害をこうむることになります。

すべてにおいてクリアな国にならない限り、問題解決にむけて進むことは困難を極めると思います。

返 信 ご回答ありがとうございます。反対要因に関して、なるほどと思うご意見、とても分かりやすかったです。色々クリアしなければならない壁はありますが、それを目指しつつ、ある程度見切り発車で進めなければいけない部分もあるでしょう。時間がいくらでもあるわけではないのですし。でもその事情が、瓦礫処理推進者の都合の良い口実に利用されたくはないです。そこなんですよね。震災対応に関わっている人、東電の偉い方々、彼らの中には被災地のことではなく、自分の立場、保身のために意見を言っている人がいるってこと、これが大きな問題だと思います。良い大学出ている人はたくさんいるのに、これができる人って本当に少ないですよね・・・
ありがとうポイント

経済学者も、政治学者も、「学者」という商売人です。

退会ユーザ

瓦礫処理については多くの意見がありますが、基本的に「お金」では解決

できないと思います。

 できるとしたらその地域の人が「一生遊んで暮らせる額」でないと本当

の納得には至りません。そしてそれをねん出することは不可能ですし、そ

れだけのお金があったらみんな安全な場所へと逃げます。

 住民票だけおいて。

 これに関しては良心に頼るしかありません。

 ただ沖縄が基地問題であれだけ騒いでも何の進展もない国民性ですから

かなり厳しいでしょう。

 そして政治学者や経済学者はいかにきれいなロジックを作るかが仕事

で、それも世界のためにではなく、自分を呼んでくれるテレビ局や講演料

を払ってくれる政治家や企業、団体のためにそれをするのが仕事です。

 彼らも所詮は私たちと変わらない会社員(企業奴隷)なのです。

返 信 ご回答ありがとうございます。また私の知らない現実を教えていただきありがとうございます。政治学者、経済学者に対しては、ご回答のように考え、期待することが間違えているのでしょうか?だとしたら悲しいですね。それこそ高い税金使っているのに・・・日本だけじゃないのですかね。だんてのつれさんのおっしゃることが現実かもしれませんが、こういうときだからこそ、その現実を超えたもの、生まれて欲しいですね。日本人、捨てたもんじゃない、って思えるものがたくさん出てきたら、少しずつ復興につながるのかな、なんて、甘いでしょうか・・・
ありがとうポイント

瓦礫処理について。

安全性が確認されつつ、自治体への助成金アップなどの特典が付かない限り受け入れようとはしないのでしよう。

返 信 ご回答ありがとうございます。安全性の確認は賛成です。すぐに取り組まなければならない課題ですよね。助成金などの特典、確かに大切ですが、処理されていない瓦礫を目の前にして毎日生活している人の気持ちを考えて、被災地の被害の一部を背負いましょうっていう姿勢も必要です。そうでなければ絶対に解決しないと思います。
ありがとうポイント

瓦礫……

退会ユーザ

私の住んでいる県は阪神大震災の時も大量の瓦礫を受け入れたので
いまも瓦礫を受け入れようと活動しているようです。
でも反対意見もあり、小さなお子さんのいる方たちは
やはり放射能が心配なのだと思います。
でもこのままでは何もすすまないと思うんです。
まずは原発の遠い場所から、手早く瓦礫をかたづけていって、
綺麗にし、そのあいだに放射能の瓦礫の対策も考えられると思うんです。
毎日、瓦礫を見て過ごされている被災地の方のことを思うと、
胸が痛くなります。
国会では増税より、自分たちの給料をカットすることや、
復興について話し合って欲しいと願います。

返 信 ご回答ありがとうございます。同じように考えている方がいることでホッとしました。「原発の遠いところから手早くかたづけ・・」こういったことは当然政府は検討しているんですよね?それでもそう簡単に行かない事情があるんですよね?そう信じたいです。小沢さんの機嫌取りとかに忙しくてこういった簡単なことから取り組もうってことすらしていないなんてことがないことを願いたいものです。
ありがとうポイント

公官学の利権

退会ユーザ

これに終始する人々がいる限り、原則何も受入れるべきではない。 しかし、瓦礫を分担で処理しなければいけないのが現実。まず、一括りに「がれき受入れ」の賛否という考えを捨てないと。なぜ、賛成か、反対か。それはなぜか。その根拠はなにか。具体的に、瓦礫の内容、含有物、放射性物質、重金属類、その他有害な化学物質などの濃度。処理方法、処理後の取扱い。これらの情報を提供する、信頼できる機関(無理だと思いますが)。これがまず必要でしょう。なんの情報も無いまま、あるいは都合よい情報操作で、瓦礫を受入れさせるやり方は認められません。また、瓦礫処理に際して利権の発生する関連省庁等の役人、国県市区町村の議員、そして、一番達が悪いのが学者。これらを罰する法律の整備が必要でしょう。大規模な不法投棄事件がありましたが、背後にはこういう人種がいるはずです。
これらをクリアにして、安全性、健全性、平等性を正直に、明確に、国民、市民に説明をし、投票でも懇談会でも、地元民の意見を尊重して決めればいい。安全性、健全性、平等性がはっきりと正確に、信用できる組織から公表され、大丈夫だとわかったら、瓦礫受入れは賛成。東京は最低。

返 信 ご回答ありがとうございます。瓦礫に関する現時点で分かっている情報をきちんと伝えて欲しいですよね。様々な情報が飛び交ってどれが事実か分からない。現時点で分かっていることなので、後になって解明されることもあるでしょう。そしてそれで問題になることもあるかもしれない。でもそれはそれで事実として、現時点での情報を正確に知りたい。専門家たちの説明の仕方も工夫が必要です。マスコミの使い方、インターネット等での情報提供。今は情報を伝える手段がたくさんあるのですから、是非いかして欲しいです。
ありがとうポイント

確かに

退会ユーザ

口を開けば「絆、絆」と言っている割には、全然内容が伴っていない…私もそう考えます。
民主主義の名のもとに、「絶対反対!」を掲げる人達の意見を聞くのも良いですが、それによって「是非受け入れてあげて!」という多数の人の好意をも奪ってしまうのはいかがかと思われます。
確かに私にも小さな子供がいるので、放射能は怖いです。けれども「だからこそ」被災地に居る、小さな子供の未来の事を考えたいのです。
こんな時にこそ、政治家の力量が問われますよね。受け入れ拒否をしている自治体の長って、何をもってして長と名乗っているのやら。

それにしても「津波」だけの被害なら、どの自治体も瓦礫を受け入れたのでしょうに…。一体東電は、この大惨事のオトシマエをどうつけるつもりなのでしょうか。

返 信 ご回答ありがとうございます。受け入れを簡単に決めることは難しいと思いますが、検討することもなく、意見を聞くこともなく一方的に反対しているだけの人が多いと思います。東京都の石原知事の受け入れの決断は、ものの言い方や反対者の意見を全く聞かない姿勢に問題がないとは言いませんが、有無を言わさず「断固反対」という人や、選挙への影響しか頭になく何もできない政治家と比べると、人間味を感じます。東電に関しては、もう少し被災者の感情を逆なでしないものの言い方ができる人はいないのでしょうか?とは思いますね。優秀な人がたくさんいて、高い給料をもらっているはずなのに、人がいないなと感じてしまいます。
ありがとうポイント

去年の今頃は

みんな、「がんばろう!」とか「応援!」とか言ってたのに、いざ自分達の身辺に事が及ぶと拒否ってなんだよ!
すでに東京都と島田市は受け入れ、がれきの放射能の検査も行った結果異常なしと出ています。
こんなの国が要請する事じゃなくて、国民が協力しあうものでしょ?
地震列島の日本ではいつ、どの地域で大きな地震が来てもおかしくありません。さらに、今国は元々今回の地震対策のため脱原発を宣言し、稼働には地震に堪えられるかのストレステストの結果を出さなければならなくしました。
にもかかわらず、今日のニュースではストレステストとは名ばかりの災害訓練が評価対象になってたり、原子力保安院も相変わらず原発推進でそんな結果を評価しちゃってる。政府も政府で枝野はNHKのニュースに出た時「再稼働は政治が決断する事じゃなく、調査機関(保安院)が決める事」って言ってたのに、「最終判断は政治判断で」なんて言ってる。
やってる事がめちゃくちゃ。こんな有様を見て被災者はどう思ってるのか?
受け入れ拒否なんて言ってる地域の奴ら!自分達だけが良ければいいの?
で、TV見て「かわいそうねえ」って言ってるだけ?
情けない!!

返 信 早速のご回答ありがとうございます。私自身、少し感情的になっていましたし、知らないことも多い状況での質問でしたので、物凄い批難の回答が来たらどうしようって不安もあったのですが、同じように考えている方がいたということで安心しました。今回の震災に対する政府の対応は、おっしゃるとおり、無駄が多いですね。こちらの事業仕分けを是非行って欲しいです。1番の対策でなくても良い、2番目でも良いから早く対応してもらいたいですよね。