受付中

被災地の復興を助けたいと思っている方

困り度:暇な時にでも

退会ユーザ

被災地の現状は毎日報道され、皆さんはご存知だと思います。

放射能の影響で肉や野菜も危ない、瓦礫の山もそのままという状況。数値も私の住んでいる福島県も1を越える状況で、刻一刻と積算されています。

住んでいるだけでこんなにも被爆し続けているのですから、一人ひとりが被災地の方々を救おうと思ってくれているのであれば、被災地で採れた野菜を買って頂ければと思います。
大人なら子どもよりも放射能の影響が少ないそうです。

瓦礫の山も匂いとハエの大群で大変な状況です。瓦礫処理も一人ひとりが県に言って下されば、処理もできるはずだと思います。

うちも小さい子どもが二人いますが、将来を担う子ども達を助けて下さい。
これを機に避難してしまう友人達がいます。私たち残されたもの達に勇気と力を与えてくれる方々がどれくらいいるか知りたいので、こちらに投稿しました。

私達を諦めないで下さい。お願いします。
ブログアドレス http://blogs.yahoo.co.jp/mizuhoshimo

みんなの回答をチェックしてみよう!
8件中 1~8件

前の20件へ 次の20件へ

福島

退会ユーザ

他の被災地は、復興に向けての動きが出ています。
けれど福島は、何も手をつけられない…。政府と結託した1企業の思いあがりで、なんという酷い状況下におかれているのでしょう。
心からの叫びがヒシヒシと伝わってきます。

しかも汚染牛の問題で、これから「福島産買い控え」も全国的に広がっていくでしょう。

西日本に住んでいるので、もともと福島産の野菜は余り入ってこないのですが、出来る限り応援させてもらいます。

私たちは見捨てたりも、見放したりもしません。
諦めたりなんかしません。
未だ馬鹿の一つ覚えのように「それでも原発は必要」などと唱える人に激しく憤りながらも、懸命に耐えているあなた方を日々思いながら新聞やニュースを見ています。出来うる限りの事をしたいと思ってます。

心から応援しています!

頑張ってください

退会ユーザ

本当にその通りです。
私は看護学生です震災の時、アメリカに留学しており、テレビで震災の映像を見て、ショックすぎて言葉出ませんでした。
震災直後、皆震災された方々のために募金をしてくださったり、街で「君は日本人かい?本当に残念だよ。皆日本の味方だからがんばってね。」
と声をかけていただいたり、本当に涙が溢れました。

しかし最近はどうでしょうか。
震災のことがあまり注目されなくなっていると思います。皆それぞれの生活に戻ってしまっている気がします。
長期戦になるのは明らかなのに、皆震災のおそろしさが薄れてきていると思います。
とは言ってもやはり会社、学校を休むわけにもいかないと思います。私も同じく。遠く離れていてもできることはしっかりするべきだと強く感じます。
皆震災された方々の味方です。
頑張ってください。

諦めません

退会ユーザ

あの日、津波の瞬間に車を運転している方々の映像に、届かないと分かっていても「そっちはもう津波が来てる!」「逃げて!!」と、半分目を覆いながらも食い入り必死でした。
我が家は東シナ海の海沿いに建っており、そのあと海を見ながら、“他人ごとではないのだ、知らぬところで起きた天災ではないのだ”とひしひしと感じ、家族で何度ももし同じようなことが起きたらと話をしました。
遠さを理由にするのはいけないことかもしれませんが、自分が行けない分、義援金や、市役所へ支援物資を持って行ったり、近所の自衛隊の方がそちらへ行くときにみんなで声を掛け合って送り出したりと、せめてもの思いでできることをしてきました。
ですが、夏を迎え、さらに新たな課題を抱える被災地の今の現状。
義援金でどうにかなる問題ではなく、結局自分は無力なのだとふと思ってしまうのです。
でも、直接何もできなくても、できることをしていくことはやめません。
共に、闘いましょう。

被災地の復興を助けたいと思っている方

あまり重く考え込まず、出来ることから少しずつ積み上げていくしかありません。まずは第一歩を踏み出しましょう。

お野菜

退会ユーザ

お野菜は、水で綺麗に洗えば安全に食べられると聞きます。
水でゆでればもっと安全に……
そうやって少しずつ協力していきたいです。

瓦礫の処理……大変なことだと思います。
避難区域ではない場所で倒壊した建物が、
木造で、持ち主の許可が下りた場合、
近くの火力発電所とかで燃料にできないのでしょうか?
少しでも早く状況が好転することを祈っています。

あきらめません

退会ユーザ

私の住んでいるところは東北から遠いので直接、被災地に行ってボランティアなどはできませんが募金や東北産の野菜や商品の購入などは、これからもずっと続けていくつもりでいます。だから被災者のみなさんも絶対に生きることを諦めないでください。

涙。・゚・(ノД`)・゚・。

退会ユーザ

何と声をかければいいのか、言葉に詰まります(;_;)

地震と津波と原発事故のトリプルディザスターに遭われ、それでも尚苦難に立ち向かおうとするトピ主さんの心の痛みがひしひしと伝わってきました。

力及びませんが、今も毎日の生活を懸命に、忍耐強く過ごされている被災者の皆様に、どうかそのご苦労が報われますようにお祈り申し上げます。

風評被害

被災地の野菜をなるべく購入するようにしています。

そして月に一回ボランティアとして被災地を訪問しておりますが
やはり現状は報道だけでは見えてきませんね(^_^;)