10 pt
解決済み

あなたが、おすすめしたい原発に代わるエネルギーを教えて下さい。

困り度:困ってます

さわパパ

エネルギー不足の日本にとって原発は低コストで必要なものであり、安全面はフェールセーフという仕組みがあり問題がない。。。はずでした。
ですが、ある意味チェルノブイリより深刻な事態となった今回の福島第一原発。
メルトダウン。起こってはいけないことが起きて、すぐにわからなかった。

脱、原発。そんな声が大きくなりつつあります。とは言え、火力にするにしても、代わりのエネルギーどうするの?

みなさんは、このエネルギー問題を解決するにはどうしたらいいと思いますか?

終了後のコメント

簡単には出る答えでは無いんだね。

みんなの回答をチェックしてみよう!
65件中 1~20件

前の20件へ 次の20件へ

水力発電よりは安価

田んぼにはかかせない用水路、排水路に水車を設置し、その動力で発電している所があるそうです。莫大な電力は期待できませんが全国的に導入できればかなりの発電量になるのでは?なにより人件費等のコストはそれほどかからないはず。

新エネルギー

退会ユーザ

原子力発電に変わる発電は、現段階では火力発電しかないでしょう。風力発電は環境にやさしいからもっとつくればいいじゃないか、と思っている方も多いでしょうが、風力発電での発電量はかなり小さいものです。高い費用のわりに電気をたくさんつくることができません。
他にも、水力発電もたくさんつくればいいじゃないか、と思う方もいるでしょうが、水力発電所を設置できる所にはもう設置してあります。増やそうにも増やすことができないのです。
今のままではよくありません。なにか「新エネルギー」が必要となってくるのです。
私の考えですが、「電気を使った発電」というのはどうでしょうか?まだ考えはまとまっておらず、実際のところどのようなしくみで動かすのかどうかすらも考えていません。
「電気のエネルギー」+「何らかのエネルギー」
で、使用した電気量よりも多くのエネルギーを発電させることができたらコストもなく、安全で安心して発電を続けることができる発電方法となります。自分で発電した電気で自分を動かし、さらに多くの電気を充電し続けることができれば半永久的に動かし続けることが可能になります。
いつかこの発電が完成してほしいです。

ニュースで

実際、ニュースエブリィあたりで名前は忘れましたがどっかの湖の下にあるらしいです。
けれど、原発がないとダメという世論を浸透させようとしてそれを使ってないらしいです。
調べてわかったらその発電の名前と発電方法書きます。

海洋風力発電なんてどうでしょう!

退会ユーザ

個人的には、「海洋風力発電」がいいと思います。
海風を利用した発電なので資源を使うといったこともなく、海上で発電するので無風といったこともほとんどないと思います。
太陽エネルギーもいい案だと思いますが、イニシャルコストが多く掛かる上に、天候が悪い日は発電が期待できないのもデメリットかもですね><

あとは、今以上に節電してもいいように思います。
以前に比べれば暗くなった都会ですが、田舎出身の私にはまだまだ明るく感じます。

複数組み合わせるのが良いかもしれませんね…

退会ユーザ

今回の震災でうちの近所も壊滅的だったからですが、一歩間違えば福島と同様の状況が起こりえた地区でもあるので原子力発電については結構不安はあるからですが…。
今回被害にあってどうするのも難しいようなところに太陽光パネルを置いたりするって言うのもありなのかなぁ~?って思ったり、太平洋側の海っぺりということもあるからかもしれませんが、かなり風も強いので風力とかもありなのかなぁって勝手に思ったりはしますね。
火山や温泉が近くにあるような場所なら地熱を利用するというのも考えられますよね…。
水力であれば水が近くにある場所でしょうし。
その場所その場所で利用できるエネルギーをいかに効率的に発電できるのかをみんなで考えていくしかないとは思いますね。

核イデオロギー

退会ユーザ

海上に浮く風力発電、火力発電、ガスタービン発電。発電の方法は様々にあります。日本の近海には、まだ未開発の海洋資源が多く眠っています。ですが、地震から三カ月たっても日本は未だに原子力に頼っています。

脱、原発。そう言いながら、原発がそこにある限り政治家の利権が絡む原子力発電からは抜け出せません。なぜなら、国民がそういう政治家を野放しにしているから。

浜岡停止に向けて署名運動をしていても、無気力に通り過ぎる人の数が多すぎて。日本が50以上の原子力関連施設を抱える爆弾国になった理由が国民にもあることを知りました。

前置きが長くなりましたが、回答としては「日本は今のままでは変われない」ということです。代替エネルギーは多くあります。しかし無関心な国民と身勝手な政治家のこの国では、もうどうしようもないという現実がのしかかっているのです。

ではどうしたらいいのか。

今この瞬間から私たちが政治や教育の現場に飛び込んでいくしかないのではと思います。世界は一瞬では変わらないけど、国民個人の意識改革がいずれ大きな力になって世界を変える。私たち一人一人が、そう信じて、行動していくしかないのです。

バイオ発電+火力発電

退会ユーザ

バイオ発電は地球に優しくて燃焼してco2を出しても、木にco2を吸収してもらえば、出した分のco2もなくなります。しかも、そのco2を吸収した木を資源に使うというループができます。
 さらにバイオ発電で燃焼する部分を火力発電で補えば、十分な電力を得られると思います。

自民党議員の報酬を新エネルギー開発研究費に回す

退会ユーザ

えらそうに野党第1党とかで、内閣不信任案提出だとか言っていきまいているけれど、いまの原発開発を電力会社とグルになって国策で推し進めてきたのは与党を長ーく続けてきた自民党政権ではありませんか。今回、いちばん責任を感じ、反省すべきは自分たちなのに、何にもしていない。ボランティアで被災地へ行って汗を流すとか、福島原発へ行って事故処理の現場の先頭に立つとか、それくらいのことをやってから、ものを言うべきです。今の政権を批判する資格なんてありません。それより、自民党のみなさんは全員ざんげして、議員報酬を返却し、それを新クリーンエネルギーの研究開発費に回すくらいのことをしてみてはいかがですか。

地熱発電

退会ユーザ

風力や太陽光などもありますが、もっとも安定しているのは地熱エネルギーです。地球が生きている限り、石油や石炭などの化石燃料のように尽きてしまうことはありません。

日本ならではの

振動を利用した発電装置を、駅構内(東京・新宿等が特に効果的)や、コンサート会場等に設置すれば、結構な発電ができると思いますね。

それと、結構な人が答えている太陽光発電は、現時点では地下から掘り出すレアメタルが必要となるので、大量設置→環境破壊が進行するので余りお勧めはできません。

ダイエット発電

退会ユーザ

国民病とまで言われている肥満。この肥満を解消すべく、日々多くの人がお金を払って様々な形態のスポーツクラブで汗を流している。
このエネルギーを無駄にしている手はないでしょう。
スポーツクラブには発電機を設置するべきです。電力は補われるわ、肥満は解消されるわで一石二鳥です。

水車発電

退会ユーザ

日本の川の流れは勢いがあるので、
川に流れる水のパワーを使って発電ができるそうです。
まだ、お金がかかるし、川を使用のための手続きが大変で
一般的にあまり普及はしていませんが、
これがもしあちこちで作られれば、
自然エネルギーで
安全な電気がえられるのではないかと期待しています。

不適切な内容が含まれていたため
閲覧する事はできません。

安心安全な太陽光パネルにチェンジ!!

退会ユーザ

この先ずっと放射能の汚染に脅かされながら生活していくことを考えたら、精神的、肉体的にもボロボロ状態です。そこで原発に代わるものは各家屋に太陽光発電を設置をすることで、環境いいし売電にもなるし、お互いにいいと思いますが、ここで問題なのが、今時点では高すぎるので、無駄な税金の使い方はやめて、こういうものにわれわれの税金を使って、設置するべきです

私も太陽光を強くおしたいです

我が家に太陽光発電をつけて1年経ちました。最近の太陽光パネルは雨が降ってても0.1KW発電していたりします。今の時期は笑っちゃうくらい本当に電気代がかかりません。
設置費用の効率を考えると、雪が多い寒冷地とかは向かないとかもあるのかもしれませんが、設置費用よりエネルギー資源の確保を優先させて、全世帯、公共施設、工場・会社等のありとあらゆる建物の屋根につけたら、きっとすごいエネルギーになるのではと思えてなりません。
太陽光発電の為だけの施設もありますし、海に浮かべるなんてのもどうでしょう?
全ての公共施設(役所とか学校とか)には全部設置して、会社等の施設は税金免除の割合を増やすとか、新築家屋・施設は設置を義務化して、現存家屋も補助金額割合をすごく増やして、とか、国の財政にヒビク覚悟で設置・補助していくらいの勢いで太陽光発電を実現できたら・・・と地震の後からずっと思っています。甘い考えでしょうか・・・?

自転車なんてどうでしょう

退会ユーザ

各自宅の電気エネルギーを自転車や、マラソンマシーンのような動力から利用してエネルギーに変えたら、健康的だし、エコだし・・・格安で売れば、お小遣い稼ぎにもなったりしていいなーなんて思います・・・。

手回し充電ラジオが便利だったので、あったらいいなーと思いました。

重要なのは地上エネルギーでまかなうこと

原発の事故により、改めて注目しなおされているエネルギーの問題。

下記で既に多くの代替エネルギーについて意見が出されていると思いますので、私は環境の観点より1点だけ、このエネルギーの使用を控えなくてはいけないというものを意見します。

それは「地下エネルギー」。

地下エネルギーとは、地球上の内部から掘られて抽出されたエネルギー源のことです。いわゆる石油等がこれに当てはまります。

既に地球が出来てから46億年とも言われる今日ですが、温室効果ガス・オゾン層破壊等の環境問題は人類が生まれ科学が発展してから深刻な問題になってしまったそうです。地球を人間の年齢に換算すれば、人類が生まれわずか10数秒で地球の危機が訪れた計算になると聞いたことがあります。

この原因が、まさしく地下エネルギーを抽出する際、地球内部に溜まっていた2酸化炭素を地球上に排出してしまったことによる過剰の現象だそうな。

原発で日本全体で立て直していかなくてはならない今日ですが、少なくとも化石エネルギーの使用を少なく、地上にあるエネルギー(例えば、太陽光発電・風力発電・水力発電等)で補う態勢を構築していく時だと思います。

多面的な視点からの代替エネルギー(リスク分散型クリーンエネルギーの導入)

多面的な視点から代替エネルギーを考えるべきだと思います。今回の原発事故でもわかるように、1つのエネルギーに頼りすぎると、それだけダメージも大きくなるからです。よって、「リスク分散型クリーンエネルギー」の導入を図るべきだと思います。
 そのためには、以下の3つのクリーンエネルギーの「組み合わせ」が肝要であると考えます。
1.「太陽光エネルギー」:ソフトバンクの孫社長の休耕田に太陽光ソーラーで50基の原発を補う案も、採算性等デメリットも当然考慮すべきだとは思いますが、有力な手段の1つだと思います。
2.「地熱エネルギー」:今まで注目を浴びていませんでしたが、地熱の活用も必要です。早急に開発を推進すべきだと思います。
3.「風力エネルギー」:これもあまり活用されていなかったですが、ヨーロッパの成功例を参考にしながら、積極的に活用すべきだと思います。
 以上3つの代替エネルギーをあげましたが、各々メリットとデメリットを考慮しながら、各種クリーンエネルギーの組合せにより「リスク分散」を図ることが大切だと思います。

返 信 孫社長って凄いですよね。
現実的には無理ですが、総理大臣になって欲しいですよ。
地熱エネルギーの意見は結構多いですよね。外国の地熱発電機は日本製のものが多く使われているだけに、政治力の差なのかなぁなんて思ったりします。

電気で発電

退会ユーザ

ズバリ「電気」で発電します!
電気がある(仮に1kwとする。風力とかでつくる)
     ↓
電気を使い発電機をまわす
     ↓
電気ができる(10kwになった)
     ↓
発電機を使う
     ↓
電気ができる(100kwになる)  
このようなものがあれば半永久的に発電ができるとおもうのですがどうですか?

一つじゃなくて、色々と組み合わせたら・・・!?

退会ユーザ

代わりのエネルギーって、簡単には(タダでは)準備が出来ないと思うので、なかなか思い切って変えよう!っていう風潮にならないのだと思います。でも、もしもみんなで一斉に変えることかが可能なら、例えば、個人レベルでは、建物の屋根には必ず、太陽光発電を取り付ける。市町村レベルでは、ダムや滝など水量がたくさんある所には、水力発電所を作る。風力発電所も、それこそオランダの水車のような風景にできるのならば、外観をそこなわずに済むのかなぁ、なんて思います。
一人一人の考え方が変わっていけば、そこに金銭問題を国が補償してくれたら、こういう方法も可能なのではないでしょうか?
これが一番いい!というのはないと思うので、色々と組み合わせることが、解決への近道になるんじゃないかなぁ。