解決済み

なぜ笑顔?

困り度:Level1

アンジん

いっつも気になっている事があります。

ニュースで、事故や事件現場のそばにいた人、目撃した人が話をする映像があるじゃないですか?
あれでインタビューを受けてる人って、ほとんどがニコニコして話してると思いませんか?
人が死んだり、大ケガしたり、高価な物が壊れたりした時の話をするのに、笑顔ってなんなの、と思ってしまうの、私だけ???

テレビで映されるので照れる、マイクを向けられるのに慣れてない、多くの人に注目されて気恥ずかしい、など、日本人の妙なクセで、照れかくしについ笑ってしまうのかもしれません。
でも、状況を考えれば、照れて笑ってる場合じゃないのにって思うわけですよ。
「しょせん他人事」と思ってるんだろうな、という風に見えて、不快です。
気付いていない方は、ぜひ、今度よくご覧になって下さい!

ちなみに余談ですが…
子供の頃は、外国での乗り物事故などで「日本人は乗っていませんでした」という言葉に、「日本人じゃなければいいのか」と違和感を覚えたものですが、今は、日本のニュースで、日本人の安否を伝えるのは当然、と納得しています。

終了後のコメント

笑顔は意味があるから大事。

自分の不幸を話す時の笑顔は「気丈な人」と思われるでしょう。
あまりに急な出来事に脳が混乱し、感情と表情のコントロールが壊れなぜか笑顔をつくる、という事もあり得るでしょう。

しかし、その他の状況で他人の不幸を話す時に「笑顔」はやはり異常だと感じます。
それを見ている、被害者やその家族はどう思うでしょう。
それが自分の立場なら?
なぜ、他人の気持ちを考えながら話が出来ないのでしょう。

私は、その人の気持ちになって考えて来たし、これからもそうします。

またいつか機会があれば、この質問をしてみたいと思います。

ご回答いただきました皆様、ありがとうございました。

みんなの回答をチェックしてみよう!
7件中 1~7件

前の20件へ 次の20件へ

人によって違うかもしれませんが…

退会ユーザ

中には、野次馬で、テレビに映ってるぞアピールの方も
いらっしゃるかもしれませんが、
緊張するとついつい笑い顔になってしまう人や、
日本人特有の愛想笑いとかをやってしまう人もいるんでしょうね。

思うに……

私事で申し訳ありません。兄が若くに亡くなった時に葬儀で彼の知人や親戚から「兄の分も親を大事にしろ」とか色々云われて、その度に自分で笑顔になっているのを感じました。
後々、不謹慎?と思って折にふれ調べてみたら、人間は強烈なストレスに晒されている時に咄嗟に「笑顔」をつくる事でプレッシャーを軽くしようとするそうです。作り笑顔でも楽になるという。
ニュースに流す時点で編集されているのでスラスラ話されてますが、マイクを向けられた時はかなりぎこちなく引きつった顔を為さっているんじゃないかと。

そうそう!私は「日本人は乗っていませんでした」にはいまだにムカッとします。

笑顔は大事、ですが。。。

日本人は他人と相対して話すときに自然と笑顔になる習慣がありますね。幼い頃からそういう環境で育ってきたからでしょう。

しかし日本人の習性としてもう一つ気になる点があります。それは日本人の宗教観や奉仕の精神についてです。日本の家庭には大抵神棚とお仏壇が共存していて、クリスマスにはケーキでお祝いするという、何とも不可思議な習慣があります。宗教に対して寛容と言えばそれまでですが、宗教に対して鈍感という風にも言えます。

また海外ではボランティアや寄付の習慣が根付いている国も少なくないですが、日本人の成功者が多額の寄付をしたり、日々奉仕活動をしているという話は稀です。この話題の根源には日本人特有のこういった習性があるように思いますね。根本的に他人に対する関心が薄い、つまりそういう現場に居ても携帯片手にTVカメラに向かって平気で笑顔でピースするような何とも軽薄な国民性は、宗教や信仰に対する不感症の成せる業のように感じますね。

宗教には多くの問題もありますがそこから敬愛や思いやりの精神を学ぶ事もあるはず。他人を思いやる気持ちが無いのは悲しい事です。

※私は無宗教ですが信仰は大切だと感じてます。

日本人の悲しい習性

テレビに映るには笑顔で!これ、写真のピースがベース。
一般的にカメラの前で「泣く」「涙を見せる」という事が習慣として無い国民だから。
また、個人の意見より横並びが必要とされる教育から、自分の意見がハッキリ言えない。だから、インタビューを受けていても「私はこの事件に関して、こうなんだ!」と言えずただ、傍観的にへらへらしてまう。

笑顔はまだいいけど。

アナウンサーやインタビュー受けるプロではないので、
つい照れ笑いしても仕方ないと思います。

現場にいても、TVで見てても一緒だと思います。「しょせん他人事」ですよ。
現場にいる方は動揺しているから、
むしろ自分を落ち着かせるためにとか
動揺を悟られないために笑顔を作ってしまうのかもしれませんよ?


私は、電車にギリギリ間に合わず照れ笑いしてしまうので、
きっとそういう場面でも照れ笑いしてしまうでしょうね。。。
できるだけ気をつけたいと思います。

それよりも、私が気になるのは携帯で写メ撮ってる人です。

とりあえず笑ってみる

おっしゃることはごもっともですし、そう考えて当然なのですが、そこが日本人の不思議なところです。

「人と話す時は笑顔で」と言われた覚えはありませんか?
無意識にそれを実行してしまうみたいで
盲腸の手術の時、麻酔をかけられた友人は
何気に鼻がかゆくなり、思わず身じろぎ、
「あっ、すみません」とにっこりしようとしましたが
麻酔中のため話すことも、顔面を動かすことも出来ず
結果うぅぅ・・・と呻き声しか出せず、
「先生、患者の様子が変です!」と、医者や看護婦を
慌てさせてしまいました。

たまたまその時くしゃみが出て、その場はおさまったみたいですが、身に付いた習慣って困ったものです。

確かに・・・。

退会ユーザ

確かにそうですね。私も以前からインタビューを受けている人の笑顔には、「なんて不謹慎な!!」って思っていました。しかし、人間は究極の場面に遭遇した時にはなぜか笑顔になってしまう時もあるものかもしれません。以前、私がガンの宣告を受けた時には冷静さを保つためにか、現実逃避するためにか、なぜか笑っていました。不思議でしたが自然とそんな感じになっていました。だからこそ、仮に自分が事件や事故を目撃してインタビューを受けることがあれば気をつけなければなりません。