受付中

ちょびのわを振り返って

困り度:暇な時にでも

退会ユーザ

 最後の質問になると思います。ちょびのわの良かった点や、悪かった点を自由に書いてください。

 ヤフーの知恵袋みたいに回答者がいる点は良かったですし、報酬をこっちで決められない点は悪かったです。

 ちょびん君、今までありがとね(>ω<)



ありがとうポイント

オフィスのブレイクルームの様でもあり、魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界でもあり

ブレイクルームとは、社員が仕事で区切りがついた時、ひと息いれるために、無料で自由に飲めるコーヒーやスナック菓子類が置いてあるオフィス内の一角の事です。会社によっては、休憩室なんて呼んでるかも。喫煙者のいないクリーンで明るい喫煙室みたいな場所です。
https://youtu.be/q_GKplsgvmE
↑ こんな感じ。当然、その場にいるメンバーは毎回バラバラですし、会話は様々な雑談です。

良く言えば、ちょびのわは、ここでの会話っぽい印象。息抜きにちょうど良かったです。実質的な参加人数が少ないので、参加者がどんな人なのか見えているのも良かったのかも。

一方、少し前のここは、お礼のポイント額を自由に設定できたので、ひとりで複数のIDを使って同じ広告からダブってポイントを集め、それを自分のメインIDにポイントを移動する場としても使われていました。しょーもない質問をサブIDで出して、メインIDでどーでも良い回答をして、そこにお礼として高額ポイントをつけて、ポイントを移動するワケです。自作自演です。ポイント版のマネーロンダリングみたいな感じです。嘘の友達紹介ポイントなんかも移動されていたでしょうね。そんな事が横行していたので、お礼ポイントは1ポイントに限定したのだと思います。

なお私は、複数IDを使っている人は、まだいると思ってます。
↑ 過去の回答の時間を注意深く観察すると、何故か多くの書き込みが、いつも20~30分の時間差で書き込まれています。Aでログインし、ゲーム等でポイントを集め、ここで適当な3行回答をし、次に B , C でログインし同じことを繰り返すワケです。別の人が偶然に近い時間帯に書き込んだのなら、あんなに多くの書き込みがこのケースに該当する筈がないです。
さらに、2012~2013年頃の質問・回答を見ると、上記のマネロン的動きも確認できます。
文章内で使う言葉の癖も同じですし、改行や句読点の打ち方などをみても、別人物とは思えません。賛否が分かれる質問では、立場を変えて同一人物とバレない様にしてますがバレバレです。

結局これは、今問題になっているドコモ口座の事件と似た構造の話だと思います。運営側の "本人確認" が甘いので、複数IDの利用を可能にしてしまったのでしょう。入口は緩くしないと会員が集まり難いポイントサイトのビジネスモデルの欠陥ですね。