受付中

夏休み

困り度:Level1

はなこ

go to キャンペーンが始まったからというわけではないんですけど、今年の夏休み、旅行に行こうかどうしようか悩んでいます。
毎年夏休みは4-5日とまとまった休みが取れるので、2泊3日や3泊4日のちょっと遠い国内旅行に行けるのですが、県外に出てもいいようになったし、でも他県には感染者も増えているところもあるし、感染者が少なくても、空港などで感染者の多い都市部の方と遭遇することはありえるので...
もし帰ってきてから何らかの症状が出て、感染したってことになると、職場にも影響が出てくるし...
ああ、悩む。
皆さんはどうお考えでしょうか?
本音は行きたい、でも周りに迷惑はかけたくない...

みんなの回答をチェックしてみよう!
9件中 1~9件

前の20件へ 次の20件へ

最終的には自己判断ですが、その結果には責任が伴う

こればかりは、各人で状況が全く違うので、何とも言えませんねぇ。法律で規制されているワケでもないので、最終的には自己判断だと思います。判断に影響を与える要素は、例えば、住んでいる地域や旅行先の感染状況、時期、交通機関、職場の感染許容度、家族構成…等など沢山ありますね。これだけ判断要素が多いと悩みますよね。

ちなみに、毎日ニュースで発表される感染者数をもとに状況を判断しがちですが、仮に旅行予定日がお盆の頃なら、約3週間ほど先の事になります。つまり、現在感染者数が増加傾向にあるなら、3週間後は当然今より多くの感染者がいる可能性が高いと考えて判断するのが妥当だと思います。もちろん今がピークで、来週から減少傾向になる可能性もありますけどね。

私の場合、お盆には帰省して墓参りをするのが毎年の過ごし方なのですが、実家には米寿を超えた老人もいいるので、今年はパスする可能性も高いです。マイカーでの移動なので、交通機関の中で感染する可能性は低いですが、普段の生活の中で私が無症状の感染者になっている可能性も考えられますからね。

あと以下の動画は一見の価値があると思います。
https://youtu.be/TkTQSDWqxs0

政府の対応がトンチンカンなのは、縦割り行政で、各省が自分の管轄の業界しか見てないからなんでしょうね。本来の政府の役割は、国民全員の命と財産を守る事なのに、省庁に分かれると自分の管轄業界しか見ていません。なので、国の予算を使ってGotoキャンペーンの様なチグハグな政策が出てくるのだと思います。国交省は旅行業界しか見ておらず、業界が復活する事しか考えていません。国民の命は二の次です。農水省も農家等の事しか考えていません。なので、Gotoイートなんて政策が出てくるのでしょう。それらの政策の趣旨には反対しませんが、タイミングが悪すぎます。運動は体に良い…という理由で、スポーツ庁が病気が治りきっていない人にマラソン大会への出場を勧めている様な物です。旅行業界が瀕死の状態にあるなら、その元凶になったコロナを拡散する可能性の高いGotoキャンペーンではなく、別の方法で旅行業界を助ける策を考えるのが正しいやりかただと思うんですけどねぇ‥。

ま、そんなワケで、各人によって状況が全く違うので、最終的には自己判断ですが、その結果には責任が伴う事だけは忘れないでくださいね。

ありがとうポイント

まだ我慢の時期かな

夏休みに旅行に行きたがる小さな子もいないし、実家には80半ばの老親がいるので、我が家では今年はどこにも行かないでおこうという事になりました。
実をいうと自分自身、免疫力が人より低いのか若い頃からちょっとした事で腸炎になったり腎盂腎炎になったりしていて、家族に心配されている側だというのも理由の一つです。
もし罹って家族に迷惑をかけたら…後遺症が残ってしまったら…と思うと、しばらく我慢するしかないかなと思ってます。

ありがとうポイント

まだ自粛しては?

5月頃にテレワークにしてコンビニ以外外出しなかったのに
感染したと言ってた人がいました。
ものすごく気を付けていたのに何故???と泣いていました。
最近聞くのが感染したら軽症でも後遺症が残るという話でした。
学生が感染後後遺症で苦しんでいると、登校もきついという話でした。

国は経済を回すため旅行を推進してますが
地方はウィルスを持ち込まれそうで嫌と言ってる県も多いです。
地方は医療が不十分なところが多いです。
もし感染したら・・・後遺症が出たら・・・
なんて心配しながら旅行しても楽しめませんよね?
もうしばらくは自粛して、安全になってから
思いっきり旅行を楽しむ方がいいと思います^^

ありがとうポイント

旅行行きたいですが?

旅行行きたいですが自分は東京に住んでいるので
他の県には行けません。コロナが284人と拡大
しているので自粛します。新宿も危ないので
行けません。

返 信 東京は連日、感染者数が多いですね。人口の多さを感じます。
markunさんも充分気を付けてくださいね。
ありがとうポイント

旅行がお好きなのですね。(^_^.)

みなさんの書かれているようにマスクや距離を取ることに注意して、除菌しながら旅行を楽しむ分には問題ないかと思います。

旅行ではないですが、東京から岡山県内の実家に帰省の予定があります。お盆辺りになるかと思いますが、それまでに劇的に改善されることはないでしょう。これも旅行と同じですね。不要不急かどうか?というと何とも言えない。ただ田舎の身内に会う機会は年2回と限られているので、できれば帰りたい。母と話すときもマスクはした方がいいのか?しばらくはそれもやむを得ない。むしろ楽しんでもいいかもしれない。呑気な田舎の人たちは私を危険人物として警戒したりしないと楽観視しています。理由があるからされてもいいのですが。

いずれにしても、はなこさん、みなさん、ご無事で。

~~■Do(^ー^) 金田一コーヒードウゾ
(岡山県は横溝正史・金田一耕助シリーズの舞台)

返 信 移動制限をした方がよい初めのころは、認知症の母と、介護する父が心配で2県をまたいで(滋賀県から大阪)自家用車で様子を見に帰っていました。実家ではマスクをつけていました。食事中もしゃべらないように。両親が心配だからアルコールジェルを高額で買って、実家の玄関にも置きました。私がウイルスを運んでいるかもしれないから。
全国的に感染者が減ったころから(周りにも感染者はいなかったので)実家内でのマスクはしなくなりました。あの頃は他府県の車が傷つけられるニュースもあったので、ドキドキものでした。
踊る人形さんも、どうぞ気を付けて帰省してくださいね。
桃が季節を迎えますね。両親も岡山がふるさとです。
ありがとうポイント

常識的な判断を

食事の時は食べることに専念して、話す時はマスクをして・・・と言われても食べながらつい会話が弾むこともあると思います。
・・・会食での感染というのはこのパターンですよね。
『新しい生活様式』という言葉が出てから随分経ちましたが、
いくら宿泊先・飲食店と受け入れ側が感染対策を尽くしても
お客の側がある意味(変な言い方ですが)外出先で気を緩めることなく、緊張感を持っていないとリスクはあると思います。

人が動くと律儀にウィルスも動くようです。
地方の医療体制は元々人員にも余裕がなく、脆弱です。
病院や施設は入院患者や入所者の面会を禁止しています。
それこそ患者が出るとそれこそ医療が崩壊する危うさがあります。
ウィルスが持ち込まれることは避けなければなりません。

迎える側としては旅行する前にPCR検査で陰性を確認してからお出かけ下さるようお願いします。

ありがとうポイント

会話さえしなければ

テレビで何度か見かけた話なんですが
満員電車は危険ではなく
夜の接待が危険なのです。

つまり、満員電車ではみんなマスクをしており
会話をする人もいないので飛沫感染はありませんが
夜の街ではどうしても会話を伴うので危険なのです。

・・・・ということらしいです。

ありがとうポイント

騒ぎすぎ

世の中が過剰反応のような気がします。

マスクとディスタンスさえ守れば過剰に反応する必要はないと
TVで専門のお医者さんが言っていたので気にしていません。

あとはこれからの季節
「熱中症とマスク」の暑さ対策さえ解決できればいいのかな^^;

返 信 ありがとうございます。他府県に行った先で感染してしまった人たちは、どういう状況だったんでしょう。マスクと距離を守っていても感染してしまったんでしょうか。気になるところです。
ありがとうポイント

仕方ない

自宅に80歳以上のおじいちゃんとおばあちゃんがいるので
もし家族の誰かが感染したら取り返しのつかないことになる
と考えると、リスクの伴う旅行には行けませんね。