解決済み

言葉のとらえ方について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

  例えば、「頭の中、お花畑〜、ちょうちょがヒラヒラ飛んでいる」という言葉は、人を馬鹿にしてそうですが、モッピーくんがお花畑の中にいて、ちょうちょを捕まえようとしてる動画では、なぜか笑える部分がありますよね?
この違いは何なんでしょうか?

終了後のコメント

この回答が一番納得できるので、ベストアンサーとさせて頂きます。

ありがとうポイント

頭の中と外 (・o・)

頭の中がいつもお花畑のような状態。頭の中ではなくお花畑がありモッピー君がちょうちょを捕まえようとしているのは、ハッピーな光景ですね。通常、頭の中はハッピーなことだけを考えるのじゃなく、様々な問題を抱えていて解決しようとしていたり、辛いことを乗り越えようとしていたり……いろいろな状態があるもの。草木も枯れて闇が広がっていることもあります。お花畑状態が続くのは脳内物質のバランスが崩れているということなのかもしれません。超ポジティブで羨ましいなとも思いますが。

~~□D\(・_・*)カモミールティーどうぞ。

返 信 言われて見ればそのとおりかも?
頭の中の話なら馬鹿にされても、外の話なら、なんかほのぼのしてますね(^_^)
みんなの回答をチェックしてみよう!
4件中 1~4件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

楽観的

頭の中がお花畑というと、楽観的であったり天然な印象を持ちますが、
頭の中ではないお花畑は、綺麗な美しい場所、楽しい場所という印象を持つからじゃないでしょうか

返 信 たしかにそれは言えてますね(^_^)
ありがとうポイント

言葉のとらえ方は人それぞれ

丹波哲郎が描いた「死後の世界」って、
お花畑の中を蝶々が飛んでいて・・・・

このような光景は
いろんな表現の比喩として使われるので
人それぞれ捉え方が違うと思いますよ^^;

返 信 死後の世界がそんな感じだったら良いですね^^
一説には鬼の火車が来るとかも・・・
ありがとうポイント

イメージの違い

マッキーやエリカ様なら悪いイメージですが、モッピーくんにそんなイメージは結びつかないので、クレイジーには思われないですよ。むしろ、モッピーくんとお花畑は「ほほえましい」感じがしますね。

返 信 たしかに、モッピーくんと、お花畑と、ちょうちょって、微笑ましい構図になりますね(^_^)
ありがとうポイント

キャラクター性

モッピーくんがいるのと、いないのとでは大違いですね。
つまり、モッピーくんがいる場合は
アニメチックになるので現実からかけ離れた世界に見えて
漫画的にとらえられるんですよね。
あと、モッピーくんのキャラクター性もあって
かわいらしくておもしろい世界観が見えてきます。

返 信 モッピーくん自体が可愛いですもんね^^