解決済み

価格比較サイトの高い店

困り度:Level1

アンちゃんだよ★

皆さんが家電製品等を買おうと思った時、価格com や 楽天、アマゾンなどの価格比較サイトで値段を調べる人も多いと思います。 で、注目するのは、最安値の店か、それに近い価格の店がほとんどだと思います。 最高値の店なんか普通は見向きもしませんよね。

以前から不思議なのですが、価格com などで高い値段を表示し、ずっと放置したままの店って、何のために価格com に情報を提供しているんでしょうか?

具体的な事例をあげてみます。
例えば、東芝のブルーレイ・DVDデコーダー の DBR-W2009という機種です。
http://ur2.link/XbwY

私が価格com を開いた7月27日は、最安値が4万円で、最高値は6万1549円です。 その差 2万1549円。 最安値の店は送料が高い・・とか、支払い方法が先に指定口座へ振り込む以外は不可・・という話なら少しは理解できます。 でも、最安値の店も、様々な支払い方法を採用していますし、中には店にとってカード会社に手数料を取られる分だけ損なクレジットカード払いも可能な店もあります。 最安値の店には在庫が無く、注文を受けてから、メーカーに手配する・・といった事もありません。 逆に在庫の無い店の方が、値段が高い傾向があります。

発売開始されてからかなり時間が経過し、そろそろ旧モデルになりそうなので、最後の在庫を叩き売っている・・という可能性も考えましたが、このモデルは今年の4月15日に製品発表があり、発売開始は6月からで、まだニューモデルです。

お店の担当者が、うっかり価格の更新を忘れている・・という可能性も考えましたが、価格推移のグラフを見ると実際に発売が始まったと思われる6月11日以降は、4万6千円以下まで下がっています。 つまり今でも4万6千円超えの価格を表示している店は、その後1ヶ月以上全く価格を変更していない可能性が高いワケです。 それに、ほとんどの製品で似たような傾向があり、この製品だけうっかり更新を忘れているとは思い難いです。

価格com で、1円でも下がったらメールが届くように設定しておくと、最安値付近の値付けをしている店は、数時間単位で最安値になるよう数円単位で値下げ競争を繰返している場合もあります。 価格com に登録されている製品の数は膨大になりますよね。 なので、やる気のある会社は、おそらく価格をチェックするプログラムを常時巡回させ、自社が最安値でなければ、現在の最安値-1円(もちろん原価を割らない範囲で)の価格設定に自動更新するようにしていると思われます。(私ならそうする)

値段の高い店には在庫が無い・・といった傾向は、上記の製品だけの話ではありません。 他の製品でも似たような傾向が見られます。 また、価格com だけでなく、アマゾンのマーケットプレイスでも同様の傾向があります。
http://ur2.link/0sbH

以下のサイトに、最安値以外の店にも注文がある理由が書かれていますが、この理由で説明できるのは少しの差額までだと思います。
http://ur2.link/0oF6
1.5倍とか2倍以上の値段でも売れるとは、とても思えません。 物によっては、数十万円とか、百万円以上の差がついている物もあります。

お店が、価格com に登録すると、登録料を取られます。
http://ur2.link/wENT
ならば、赤字にならない範囲で少しでも売れる可能性の高い価格にすべきだと思うのですが、なぜ誰も見向きもしない様な異常に高い価格のまま放置している店がいくつもあるんでしょう?

終了後のコメント

皆さん、回答ありがとうございました。

今回、「これだ!」という回答は得られませんでしたが、一番納得感が高かったのが、じぇれさんの、得意な商品のアピールや安価に店名のアピールに使っているのでは・・という回答でした。 よって、じぇれさんをベストアンサーとさせていただきます。

ありがとうポイント

予想ですが

価格.comって登録料取られるんですね、知りませんでした。

これってお店ごとですよね?
だったらたまたまその商品の値段が高いという可能性があると思います。
デジカメは高いけど洗濯機は安いとか。
低価格帯の商品は安いけど高価格帯の商品は高いとか。

お店ごとに得意なジャンル、苦手なジャンルがあって、得意な商品のアピールに使ってるケースがあるのではないかと予想します。

価格.comという有名サイトへの掲載でショップの露出を高めたいお店もあるかもしれません。サイト自体のブランド力に加え、価格.comはリマーケティング広告で出稿しているため、露出増は期待できそうです。

でも、有名サイトに登録したことで満足し、効果を見直さずに放置してるショップさんが一番多そうな気もします

返 信 確かにお店によって得意なジャンルの物は安く、不得意な物は高く設定している、なんて感じの事はあるかもしれませんね。実際イヤホン専門店なんて感じの店もありますからね。いろんな所に店名が出れば、無意識のうちに店名が刷り込まれる効果もあるかもしれません。いわゆるサブリミナル効果って奴ですね。

有名サイトに登録したことで満足して放置、というパターンも、理解できます。ダイエット器具を購入したり、ジムの会員になっただけで、ダイエットに成功したつもりの人も多いですから。スタートラインに立っただけで、ゴールしたつもりの店が多いのかなぁ。でも、商売人なら競合店の価格が気になってページを見ると思うんですが・・
みんなの回答をチェックしてみよう!
3件中 1~3件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

んんん・・・

具体例の東芝のブルーレイ・DVDデコーダー の DBR-W2009でいうと、

1位から20位のショップは、

正規ルートでの仕入れではなく、在庫過剰になったお店(他店)から買い取ったり、メーカーからB級商品(外箱が破損していたり、何らかの理由で出荷できないもの)やアウトレット商品等も一緒に買い取るかわりに、代理店などの中間事業者を経由せず、メーカーから直接新品を仕入れたりしているので、安い仕入れ値で仕入れる事が出来ている?んじゃないかな・・・、おそらく^^

21位以降のショップは、

ほぼ、正規ルート(メーカー→代理店→販売店)ですが、販売店の規模、売り上げ実績、その他総合的に考えて(メーカー代理店と販売店が交渉後)、仕入れ価格(仕切価格/卸価格/原価)が決まり、その後、原価割れしないよう考えながらチキンレース(販売)がはじまるので、それぞれショップの販売価格に差がついてくる、

48位のショップに関しては、近年、実店舗のほとんど?が閉店している状態なので....、余裕が無いんじゃないかな?^^

ま、いろいろ他にも理由はあると思いますが・・・^^

返 信 回答にあった、抱き合わせ販売って、独禁法違反ですよね。
https://bit.ly/2Ytt8Hf
メーカーは、そんな事をしていて、大丈夫なんですか。

実店舗を持たないネット販売専業なら、店舗の家賃や展示コスト、人件費等をかなりカットできます。なので採算性の低い実店舗は閉鎖して、ネット専売に業態転換するのもひとつの方法だと思います。リストラされる店員さんは大変でしょうけど。。

逆に言えば、大手量販店はどうしてもそれらのコストがかかるので、他店より安くするのが難しいのかもしれませんね。ネット店の価格を大幅に下げれば、実店舗でのお客さんも同価格にする事を求められますから。
ありがとうポイント

思い当たるのは…o((=゚ェ゚=))o

① 高い方がいいと勘違いしている人が買う!

② 価格を自動で変動させているけど、うっかり設定ミス!

③ すべてが売れて稀少になり高値でも売れると見込んでいる!

アマゾン・マーケットプレイスでは値動きの激しい物や出品数の少ない物もあるからいろいろあるとは思うのですが、価格com でもそんなことになっていますか。いったん付けた価格を変えられるか!という頑固な爺ちゃんがいるかもしれません。アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪

返 信 確かに、高い方が品質良いと勘違いして買う可能性もゼロではないですね。でも家電製品って、特採を除けば、どれも同じ品質だと思うのですが。。  

設定ミスもありえるけど、もしそうであれば 価格com に出展している店の中で、かなり多くの店が設定ミスをしている事になりますよね。日本はボケた店だらけなんですかね。

最後に残った希少品も可能性としては考えられますね。実際、アップルの iPod nano や、iPod shuffle は、製造が終了してから、最後の流通在庫はそこそこ高値で売られていましたからね。でも、お題で示した ブルーレイ・DVDレコーダーの様に、発売直後の物でも価格差があるんです。
ありがとうポイント

営業?

高値で出していて放置

ネットでの営業部かは分かりませんが
思い当たるとしては
仕事をしていないか放置が多いのかも知れないですね

他思い当たるとしたら
製造年月日や初版等とかでしょうか?
各メーカー物にはよると思いますが
初版が良くて量産に向けて
値下げし1部製造・・・
後半になると質が良くなくなるとかでは?

不良が少なくでも値段が高い
不良が多くでも値段が安いとかでしょうか?
どのメーカーのどれと言われても
どの家電でメーカーも多々あるので
具体的には言えませんが。

話は別ですが
ネットで家電等を買うのであれば
送料や支払い手数料も追加されるので
近隣の店舗とで価格競争させるのも手だと思います

急に欲しい場合は無理ですが
時間や価格を調べる労力は必要になりますが
3、4店舗位の値段を調べて交渉する様にしています

A店は地方地域有名店舗(価格交渉不可)
平均的一般的な値段
ポイント有

B店地区有名店舗
値段交渉は可能(今日だけ等の文句有)
価格はA店より安価
ポイント有

C店全国展開有名店舗
価格交渉可能(B店より安価もしくは同等値段)
ポイント有

D店全国展開有名店舗(現金値引き)
価格交渉可能(B・C店より安価もしくは同等値段)
ポイント無し

と言った感じで各店舗の特徴を捉え
ポイント有、補償有無で
後々一番安いもしくは買うのを決める店舗に
(D店で買うのを決める)のであれば
A店舗の値段を言ってから
B~C店舗の値段を後々言って
さらにお値段の交渉をすると
物にはよりますが
ネットよりも破格の値段になるかも?
知れないです
この方法は時間と労力そして
話術も必要かも?(笑)
色んな方法で値段の安く購入できる方法で試すのも
良いかもしれないです
増税前ですしね

返 信 確かに同じ製品の場合、時間が経過するほど製造原価は下がりますね。(経験曲線)また初期ロットは故障率が高い事も、多くの人が知っていると思います。なのでスマホ等のニューモデル発売日に大行列ができるのが、個人的にはちょっと不思議です。誰よりも早く手に入れたい気持ちは分かりますが、渡される物の中には「特採」が含まれている可能性を考えると、私はちょっと手が出ません。確かに発売日に全国の店に並んだ製品の中には、特採品が含まれている可能性はあると思います。ただ、製造中期になれば品質も安定してくるので、メーカーがそれを特別価格で卸す理由が見当たりません。なのに、その段階でも他店と大きな価格差のまま放置って??