解決済み

死後の世界について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 仏教の死後の世界には、死出の山を登り、三途の川の渡り・・・とありますが、この三途の川の番人が、「鬼」ではなく「お財布くん」だったらどうなりますでしょうか?
 死者は三途の川のほとりで、大きなお財布くんのがま口をあけます。コインが出てきたら、善人で橋の番人にコインを渡す事で橋を渡れます。(この時に先に死んだ祖先や友人などのお迎えあり)
少しの罪がある場合には、がま口を開けると強烈な風が吹き出し、飛ばされて浅瀬に行きます。大きな罪の場合は、火が吹き出し、熱いから水を求めてさまよった挙句、深い川に流されます。
 川のほとりで「もっぴーくん」がスコップやドリルを持って見張っているから不正ができない。(仮に押しのけて悪人が橋を渡ろうとしても結界で渡れない)
 このように考えた場合、死後の世界の鬼って不要なんじゃないかな?と思うのです。怖い顔の鬼や十王より、ポイントキャラに審判させた方が良いと思います。
 ちなみに賽の河原で、子供の作った塔を倒すのも、モッピくんの仕事ね^^

終了後のコメント

回答ありがとうございます。法令違反した方を悪人と決めつけるのは、おかしい話ですが、強盗殺人などの大きく他人に迷惑をかけた方に関しては、死後償ってもらいたいですね。

ありがとうポイント

三途の川

善人と悪人を分ける三途の川は絶対必要でしょうね。

三途の川がなければ
みんな悪いことばかりして反省しませんから^^;

悪人を懲らしめるためにも
ポイントキャラたちに頑張って働いてもらいましょう!

返 信  回答ありがとうございます。三途の川で善人と悪人(小悪人と極悪人)の振り分けがないと、凶悪犯罪しても、バレなければセーフ\(^o^)/被害者とその家族が泣きを見るという、ふざけた社会になってしまいますからね。
みんなの回答をチェックしてみよう!
7件中 1~7件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

実は・・・

>死後の世界の鬼って不要なんじゃないかな?

実は死後の世界に鬼や十王はいません、

まだ見ぬ死後の世界への「不安」や、地獄に落とされるかもしれないという「恐怖」によって、

とても優しい仏様のような顔の番人でも、恐ろしい顔の鬼のように見えてしまうのです、

つまり、いくら可愛らしいキャラクターに変わったとしても、死者にとって、特に罪を犯した者にとっては、同じことです、

おそらく、恐ろしく怖い顔や姿に見えてしまうと思います、

鬼や十王、閻魔様等の恐ろしく怖い顔や姿は、我々生きている人間の不安や恐怖がつくりだした幻覚のようなもの・・・です。

・・・(-_-)

返 信 回答ありがとうございます。現世でも、犯罪者は警察官の顔を見れば怯えるが、普通の人間は警察官を見ても何とも思いませんよね?
それとよく似ている気が。(^o^)
ありがとうポイント

六文銭

質問に関係ないですが。
真田信繁(幸村)
真田家の家紋、六文銭でしょうか
三途の川の渡し賃は六文銭
つまり
行く賃金だけ持って
生き残る事を考えてない
死ぬ覚悟で尚且つ
目立つ赤備えで向かった行ったらしいですが。
何か志を持っている事は良い事だと思いますが
質問と全くない回答ですみません

返 信 回答ありがとうございます。真田家の家紋は六文銭で、それ以外にも存在しています。
死後の世界での六文銭は、現世での善行はお金になって具現化したものと思います。
ありがとうポイント

質問の前提に疑問がります

まず、この質問は、”死後の世界がある” という前提の様ですが、そもそも死後の世界は本当に存在するのか・・という疑問があります。

下記の本は、仏教界の重鎮で僧侶でもある佐々木閑氏と、理論物理学の研究者として有名な小栗博司氏による対談本です。
https://amzn.to/2RiaGcx

この本によると、死後の世界は存在しない・・と二人は言い切っています。ある種、宗教とは対極にある物理学者が言うならともかく、仏教界の重鎮も同じ事を言っています。

以下、佐々木氏の発言

・「私は業や輪廻という現象を信じませんから、結果として、私という存在は、『再構成の可能性を持たない、構成要素のゆるやかな集合体だ』ということになります。それはつまり、私に死後の世界はない、ということを意味します」

・「日本の仏教はどの宗派も『大乗仏教』と呼ばれるものであり、これは釈迦がつくり上げた仏教とは根本が違います」

仏教の考える世界観と、最先端の物理学者が捉えている世界観が、奇妙なほど一致しているのは有名な話です。山の頂というひとつの真理に向かって、右側からアプローチするのが仏教なら、左側からアプローチするのが物理学であり、どちらのアプローチでも山頂近くで見える世界がほとんど同じという事に似ているのかも。実際私も、佐々木氏の最初の発言は、熱力学の法則に通ずるものを感じます。

また、この世には自分という不変の主体(魂?)があり、死んでも主体は残り、新たな命として生まれ変わる・・といった考え方(輪廻転生)は、釈迦が生まれた時代には既に存在したヒンズー教(バラモン教)の考え方であり、釈迦はそれを否定しているのも、そこそこ知られた話だと思います。(無我の考え方)

まずは、長い時間と様々な地域を経て、インドから日本にやってきた仏教が、オリジナル版とはかなり変遷している事は認識すべきでは?
日本の江戸前寿司がオリジナルなら、海外に広がった寿司の中には、フルーツ寿司やチョコバナナ寿司の様な、もはやスイーツと言った方が正しい物もあります。でもこれらも Sushi として売られているという現状に似てますね。。

以上の事から、この質問の前提に疑問を感じざるを得ません。もちろん偉い人が言った事が全て正しいとは思いませんが、それなりに実績を上げ、その世界で尊敬される人の言う事は重みが違うと思ってます。

返 信 回答ありがとうございます。死後の世界があるかどうか?は確かに誰にも分かりませんが、仮に無かったと仮定した場合、通り魔殺人や、放火殺人などの凶悪犯罪については、1件やってしまったら、後は回数を一杯やった方が得になるでしょ?
なぜなら、死刑より重い罪は存在しないのだから。3人に対する通り魔殺人で死刑になった場合、2人分は無罪と同じになってしまうのです。
死後の世界があれば、この世で償いきれなかった分を償えるのでは?
ありがとうポイント

ポイントキャラに会いたくて……

自殺者続出。
すみません、物騒な出だしで。

死ぬのが楽しみになってきますね。でも、それはちゃんと生きたご褒美ということで…。

ストーリーの中にどう入れていいか分かりませんが、げん玉のモリモリたちやポイントインカムのポ太郎、ポタ美たち、ライフメディアのえる&めるにもお役目を与えてください。

可愛いの中心ですが、コワイのもいていいですね。いるかな?

返 信  回答ありがとうございます。当然マリモっちや、インカムの犬などもいると思います。
邪淫の罪を裁く審判では、男性の場合、罪が大きいとポ太郎に性器を噛みちぎられるかも?(そうこう王の猫の役割?)
可愛くても、悪人には厳しいから、あなどれない。
善人には「わおーん!」とか言って甘えてくるかも(・o・)
ありがとうポイント

とてつもなくつまらない突っ込みをお許しください

賽の河原やら三途の川というのは、日本仏教的な考えなのですが、西洋においては冥府の河の渡し守カロンに、コインを口で咥えて渡すというのがあるそうです。ちなみにナルキッソスは川でも水面に映る自分に見惚れていたそうな…。ともかく、死に際して金銭を持たせるというのはわりとよくあるみたいですね。六文銭などもその一環。
さて、鬼というのも世界中でよく見かけるものです。悪魔や魔獣の形を取って、アフリカなどにも生息。
ただ、仏教、日本的死生観においての鬼というのは、輪廻の中に存在しています。生前何らかのよろしくない行いを積み上げて、鬼になってしまったという考え方。人が人を裁き、罰するという罪深さから、「閻魔大王は毎日焼けた銅を飲んで苦しんでいる」ともいうわけです。怒ったような顔というのは、自身にもその責め苦が返ってくる苦しさに耐えているからなんです。
もう一歩仏教に踏み込むと、そうして自罰を繰り返す苦行の中で、次に死んだときにはより良い世界であるようにと修行してもいるわけですね。これが天国(極楽)に行った死者だと極めて楽な修行なわけで。
ここまで考えてくると、死後の責め苦の役目を鬼さんから取ってしまうと、人間側の死後が困りそうですよね。責める鬼側も嫌だけど、責められる側も嫌だなぁ・・・。

え、ちょび君の笑顔はそれを乗り越えた悟りの微笑み?

返 信 回答ありがとうございます。アホの政治家も同じ人間なのに、そのアホの政治家の作ったルールを強制される部分は、非常に腹たちます。
人が人を裁く自体に問題ある気が(@_@)
ありがとうポイント

キャラクター

しんぴーさんの発想はいつもながらぶっ飛んでますね。

死後の世界って怖いイメージがあったのですが
キャラクターが管理人なら
メルヘンチックで恐怖心がなくなります。

ブランコやちょびくんの筋斗雲などもあれば
死出の山を登ったり、三途の川の渡るのも楽勝でしょう(^▽^)/・

返 信  回答ありがとうございます。ちょび仙人の筋斗雲は、善人は乗れるが、悪人は落ちるから無意味だよ(@_@)
ありがとうポイント

おもしろい

たしかにポイントキャラに審判させた方がおもしろいですね。

「鬼」なんて今の時代に似合わないし
インターネットの時代ですからポイントキャラにやらせた方が
わかりやすいです年賀状!

返 信  回答ありがとうございます。ポイントキャラが審判しても、悪人は地獄行きだし、善人は天界行きという部分は変わりません。だったら、審判人の顔くらい、可愛い方が悪い判決時に仕方ないかと思えそう(^o^)