解決済み

モッピーくんのクリックポイントについて

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 モッピーのクリックで貯めるの部分には、モッピーくんが大量のコインを持って「うっしっし」という表情をしていますが、全部没収(取り上げ)したっても良いのではないでしょうか?
モッピーくんが持っているコインは1枚500円で、これからお菓子を大量に買いに行く所なのです。たしかにモッピーくんは、タイピングやトレジャーの仕事で正当に稼いでいるように見えますが、トレジャーで銀や金などを発掘した場合、莫大な金額で買い取りしてもらえます。
金の相場は知りませんが、1キロの延べ棒なら、100万円くらいにはなるはずで、私にはスタンプ3個とコンプリートの50個だけなので、あのコインを没収する権利があると思うのです。
 
 コインの没収が窃盗罪になるのであれば、モッピーくん相手に情報販売など良さそうです^^「絶対儲かる博打あるから、情報料××円払え」などね。現実世界でも、お金の見せびらかしは、強盗などの被害にあいやすくなるから気をつけた方が良い。また儲かる情報は嘘が多いと思った方が良いです。「なぜ他人に儲かる情報を売るのか?自分で実践した方が利益一人占めできるのに?(特にギャンブルの情報の場合は)」と考えれば、嘘情報の可能性が極めて高いかも?

終了後のコメント

ベストアンサー選ぶの遅くなって、すいません。回答してくれた方、ありがとうございます。
モッピーくんは、たくさん稼いでいるのと、人を喜ばすのが仕事なので、多少のコイン取り上げは許されそうな気がします。

ありがとうポイント

横取り

モッピーの財産を全部横取りしましょう。

モッピーはいくらでも稼げるのですから
利用者に還元する意味で
没収されても、強奪されても文句は言いません。

みんなに幸せを分け与えているんだから
さぞかしモッピーも幸せでしょう(^▽^)/

返 信 回答ありがとうございます。
モッピーくんは、1回トレジャーすればスカの「ガラスの破片」や「バナナの皮」などが出ない限り、それなりに儲けたはるよ^^
銀や金やアメジストなど、現実世界で買い取ってもらえれば、いくらすると思うの?コインの数枚没収したって、その時は怒るかもしれんが、基本的に全然余裕だと思います。
現実世界で例えるなら、宝くじで1億円当たった人間から、1万円とるような感じ。この場合はお金を見せびらかす方にも若干は責任あります。
みんなの回答をチェックしてみよう!
3件中 1~3件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

いいアイデア

しんぴーさんのアイデアはいつも面白そうですね。

やはりポイントサイトなんですから
いろんな独自のルールを作って
オリジナリティがあった方が楽しいと思います。

モッピーくん相手の情報販売だって
頭脳を使いながらせめぎあうのもワクワクしておもしろいです!

返 信 回答ありがとうござます。
情報販売は原価の仕入れが必要ない分、販売額=利益だからお得なのよ。
「50万円払えば、ほぼ300万円なって戻ってきます」という文面を、情報弱者に色々な誘惑つきで勧誘すれば意外と売れるらしい。
まあ上記は大げさだが、ココナラなどのサイトで似たようなものはちょいちょい見かけます。
ありがとうポイント

没収OK

コインを取り上げたりするのは
こういうゲームの世界では全然アリだと思います。

現実の世界ならともかく
キャラクターの世界なんだから何でもOKです!

返 信 回答ありがとうございます。現実世界でも、子供時代は弟のおやつを取り上げたりする事もあるでしょ?見ず知らずの他人に強奪すれば大問題の犯罪だが、身内なら笑いや喧嘩ですむ事もあります。
モッピーくんも身内と考えれば、それほど大きい問題にはなりません^^
ありがとうポイント

コインを没収する権利はありません

質問者さんには、コインを没収する権利はありません。

何故なら、モッピーはみんなの人気者で、コインバックやコインパース付きチケットホルダーにもなっているからです。そこからコインを没収してしまっては、モッピーの役目(仕事)が果たせません。
よって、質問者さんにコインを没収する権利はありません。
https://bit.ly/2PiDFft

えっ、モッピー違い? \(^O^;)/ ヤベー
だって、一般的にモッピーといったら、USJにいるピンクでモコモコのあいつの事でしょ? Google の画像検索でもピンクのモコモコばかりで、たまに茶色の怪しい奴が混じっている程度ですけど。。。
https://bit.ly/2RyPn7h

---

後半のパラグラフの趣旨は、同感ですね。
テレビなどでも時々「お年寄りが怪しい投資話に騙された」なんてニュースが流れてますが、こいういったニュースに接するたびに、日本は金融教育が遅れてるなぁ・・と思います。 と言うか、ほんどの人は高校を卒業するまでに、まともにお金に関する教育って受けないですよね。

例えば、リスクとリターンは表裏一体であって、ローリスク・ハイリターンといった金融商品は有り得ない事を、ちゃんと理論的な面を含めて教育された人は少ないと思います。 なんとなく怪しいな・・と感じていたり、テレビでそういった物に手を出しちゃダメだ・・と言っているので、手を出さずにいる人が多いのでは? 最近は、ローリスク・ハイリターンと言うと怪しまれるので、ミドルリスク・ハイリターンとか、ローリスク・ミドルリターン・・などと説明する悪徳業者もいますが、リスクとリターンのバランスが崩れている時点でインチキ商品である事は明らかです。

投資とギャンブルの区別がついてない人が多いのも、ちゃんとした金融教育が行われていないせいだと思います。

日本の社会には、お金の事を考えるのは卑しいこと・・という考えが、まるで通奏低音の様に流れているのを何とかしないと、今後も怪しい投資話などに騙される人は出続けるんだろうな、と思います。 文科省は、プログラミング教育や英語教育ばかりでなく、金融教育にももっと力を注いで欲しいです。

返 信  回答ありがとうございます。「上手い話には裏がある」という事を念頭に置いておけば、情報詐欺にあう可能性は大幅に減りますね^^基本的に情報などに金を払うのはもったいないですよ。(新聞などの物質として残るやつは別)