解決済み

子供のしつけについて

困り度:Level1

もと

もとです。
子育てって難しいですよね(;'∀')

子供に対して怒るときに、反省の意味を込めて物置に入れる、、、

昭和の時代には良くあったのでしょうが、子供の躾について、悪いことをしたらつらい思いをさせる、、、だから、物置などに入れて反省をさせた方がよい、とのことで入れました。

どうなんでしょう??皆さんは効果があると思いますか??

終了後のコメント

いろいろなご意見、ありがとうございました。
やはり、体罰になると私も思います。
他人の意見に流されることなく、自分の意思でちゃんと、
子育てをやって行きたいと思います。
ありがとうございました。

ありがとうポイント

体罰は効果が無いばかりか、逆に悪影響があります #2

体罰は、程度の差こそあっても虐待です。そして悲しい事に、子供の頃虐待を受けた子供は、大人になると虐待をする親になりやすい事が、各種の調査研究で明らかになっています。(体罰の連鎖)

昔の常識が、現代でも同様に通じるとは限りません。例えば、昔の部活では、運動中に水を飲む事を禁じられました。バテやすくなったり、腹が痛くなる・・と信じられていたからです。でも、現代にそれを言う人はいません。戦前の頃は、水道もなく水質が悪かったので、煮沸していない水をがぶ飲みして、腹痛をおこした人が多かったのかもしれません。でも、今なら水を飲まなければ、デメリットばかりなのはご存知の通りです。昔は効果があったから今でも通じる・・という安易な考えは捨てましょう。そもそも効果があった、というのも大いなる勘違いなのですが・・。

では、どうやってしつけをするのか・・という疑問には、下記の記事が役立つと思います。

子供に悪影響をおよぼす毒親の行動と克服方法
https://allabout.co.jp/gm/gc/458722/

子どもを上手に叱る方法
https://allabout.co.jp/gm/gc/184289/


話は変わりますが、秘書を罵倒・暴行した事が明らかになり、選挙で落選した国会議員がいましたよね。あの人は、きっと親からキツイ体罰を繰り返し受けながら育ったのだろうと思っています。体罰の連鎖ですね。東大、キャリア官僚、国会議員 という超エリートコースを歩んできましたが、本当にあの人の人生って幸せなんだろうか・・と思います。表(建前の世界)ではニコニコしながら、裏(本音の世界)では常にイライラしている人生ってどうなんですかね? 表も裏も無く周囲の人と常にニコニコと笑いあいながら生きて行く方が幸せだと思いませんか?

ミサイル発射が大好きな、某国の最高指導者も、同じ様な育ち方をしたのだと思います。だから、自分が一番強い立場になった時、それが自分の兄や叔父さんであっても、何のためらいもなく残虐な処刑をする事が可能だったのでしょう。今は甥の命を狙っていますよね。
程度の差はあると思いますが、お子さんがあんな感じの人になって欲しくは無いですよね。体罰を続ければ、そうなってしまう可能性が高まるのです。

勇気を持って体罰の連鎖をやめましょう。

みんなの回答をチェックしてみよう!
9件中 1~9件

前の20件へ 次の20件へ

逃げるような回答で申し訳ないが・・・。

各家庭によると思う。

例えばたまにしか顔を合わせない親がやったら、信頼関係も何もない家庭なら意味は悪い方向で存在するんじゃないかな。
一方でしっかり叱っての、反省させた上での行為なら効果はあると考える。

不思議なもので、子供の頃というのは大人になってからよりもむしろはっきりと「愛情の有無」を判断できる。十把一絡げに「虐待」とされることでも、子供のほうからはありがたかったりね。

「やんちゃ和尚」だったかな? テレビで子供を叩いてるシーンが報道されて批判が殺到して、でも子供のほうは「叩かれたけど嬉しかった」って言った。メディアの一部は「子供の無知に付け込んで云々」って持っていっていたけど、説得力がどっちにあるかは明らか・・・。

少しややこしい話になるけれど、「>昭和の時代」には確かにそういう行為もあったが、近所のおじさん・おばさんも「しつけ」に参加していたように思う。
そこに「待った」がかかるようになったのはごく最近で、「自由と責任」文化が「お互い様」文化を殺した、なんて表現されることもある。
どちらが躾・・・身を美しく見せるかは、これもまた人によるかな?

自身の例で言えば

効果はなかったです。
幼心にとても理不尽さを感じたし、閉所・暗所恐怖症になっただけでした。
そういった抑圧感から、思春期には親が大嫌いになりました。

とはいっても、私の場合は怒鳴られて突然放りこまれていたからで、何が悪かったかを親がきちんと説明して納得させているならまた別なのかもしれません。
しかし、子供を納得させられたのであれば、特に物置に閉じ込めるという恐怖心を煽る罰でなくとも良いのでは?
年齢により変えていく必要はあると思いますが、翌日のおやつを無しにする、ゲームを3日間させない、お風呂掃除や庭の草むしりを何日かさせる等「これをやると次も自分にデメリットが生じる」罰にした方が効果があるような気がします。

それと、子供の性格や記憶力によって差はありますが、覚えてる子って本当によく覚えてますから、そういった面でもよく考えてから行った方が良いですよ。

子供を一人前に育てるって、とても大変な事ですよね。
もとさんもですが、全ての親御さんにエールを送りたいです。

ありがとうポイント

子供がどれだけ親を信頼しているか次第

結論から言えば、私はあまりやるべきではないと思います。が、お子さんがもとさんのことを親として十分に信頼しているのならば決して悪いことではないです。
最近は体罰が何もかも悪という風潮がありますが、それまでの過程や関係を見ることなく言われていることがほとんどです。ただ子供に対する暴力という結果のみで語る人間が多く、昔はなぜそれが常識的にあったのかということに思いを致す人がほとんどいないことに私は危機を感じています。人間関係は結果で語れるものではありません。子育ては特にそうです。大事なのは子供から尊敬、信頼されている親であり続けられるだけの存在でいられるかどうかです。それができていれば親から叩かれるなどした時、「自分はなんて悪いことをしてしまったんだろう」と深く反省します。それは言葉で叱るのとは比較にならないほど強力に。頭から体罰を否定する人は知らないことへの恐怖というか、老人がよく知らない若者の流行を叩いたりするのとよく似ているというか…
かくいう私も体罰は反対派ですし、親からげんこつの1つももらったことはありません。親からの躾は言葉だけで全て足り、自分を律してきました。ですが、私にはいらなかったというだけで体罰が必要な場面が訪れる家庭はたくさんあると思います。もちろん上記の関係を築けている前提で。あくまで年1度使うかどうかの最後の手段です。頻繁に体罰を行うとそのうち子供が舐めてかかるようになります。「ああこの親は言葉で納得させられないから自分の優位を利用してるだけなんだ」と。これは言葉でも同じで、すぐ語気を荒げて怒るとその余裕のなさを子供に見透かされます。そうなるとまともに話を聞いてくれません。パッと見矛盾している言い方になりますが、言葉だけで納得させられる関係でなければ体罰は行ってはいけません。だから最後の手段なんです。
最後に、お子さんから自分がどれだけ信頼されているかは普段の子供の行いで判断してください。間違っても自分は子供のためにこれだけのことをしているのだから、とはならないよう。逆に、お子さんもまたもとさんを常に観察しています。普段いいことを言っていても、例えば細かい家事の手抜きであったり振る舞いの雑さが目立つようであれば十分な尊敬、信頼は得にくいでしょう。子供は親の言葉以上に、親の生き様を見て育ちますから。
長文で偉そうな内容ですが、1つの意見として。

家族の加減

昔と今では違いますからねぇ~

反省の意味を込めて時にはつらい思いをさせることも必要だと思いますが
「虐待」までいかなければいいんじゃないかな?

まぁ、加減の問題ですね。

甘やかし

最近の子供は甘やかししすぎると思うけど
体罰はやりすぎると逆効果らしいので
ほどほどであればいいんじゃないでしょうか。

たしかに、子育てって難しいですよね^^;

ありがとうポイント

体罰は効果が無いばかりか、逆に悪影響があります #1

子育ては、本当に大変ですよね。現代は、核家族化等の影響で、ほとんどの親が初心者マーク付きの子育てなんでしょうね。なので日々悩みながら奮闘されているのも、当然だと思います。

そして今回、質問者さんのお子さんがやってはいけない事をしたので、物置に入れたのだと思います。ここに、質問者さんの "お子さんを愛する気持ち" が無かったとは思いません。その子がきちんとした大人になって欲しいという愛情に基づいた行動だと思います。

でも、残念ながらその気持ちはお子さんには伝わらない可能性が高いと思います。何故なら、物置に入れるという行為は程度の差はあっても、体罰(言い換えれば虐待)だからです。最近の研究では、体罰には効果が無いばかりか、逆に悪影響がある事が明らかになっています。たとえその体罰が愛情に基づいた行為であっても、それがお子さんに伝わらなければ、何の意味もありません。きちんとその気持ち・理由が伝わる方法を選んでください。

で、体罰に効果が無い理由や、体罰に替わるしつけ方については、私の下手な文章よりも分かりやすい、専門家の書かれた以下のページを参照願います。

今すぐやめて!「しつけ」のつもりが実は単なる脅しという勘違い行為
https://allabout.co.jp/matome/cl000000020646/

「怒る」と「叱る」は違う!子どもを傷つけずに効果的に叱る6つの基本ルール
http://www.shinga-farm.com/parenting/scold-basic-rules/

子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか
https://allabout.co.jp/gm/gc/444646/

子どもへの体罰は必要なのか?
https://allabout.co.jp/gm/gc/408372/

体罰で子供は何を学ぶのか?しつけという名の迷信
https://allabout.co.jp/gm/gc/464107/

体罰で脳に悪影響…「愛の鞭」やめるには?
http://www.news24.jp/articles/2017/05/25/07362475.html

ありがとうポイント

子供の躾は確かに難しいですよね!

ちなみに子供さんの年齢は、何歳ですか?子供は大人が思っている以上に賢いですよ!私の長女が父方の実家に遊びに行った時の事です。「どうして大人達を困らせようか?」考えたそうです。この時、長女は3才位です。子供を怒る時の基本は現行犯です。今何をしたか?なぜ怒られるのか?理由をきちんと説明して、子供が自分の行為を理解させた上で「反省」の為に物置に入れられるのと、何の説明もなく一方的に親の感情だけで物置に入れられるのとでは大きく違います。確かに「頭から怒鳴り散らして」怒られても当の子供は「なんで者置きの中に入れられるの?」と理不能です。どうしたら子供の心に「叱られている意味」が届くのか?時間は掛かっても丁寧に、その時々に起きた事を説明すると以外にそれなりに理解をしてくれます。今は余り使わない言葉に「躾」と「押し付け」は違うよ!と言います。私達は以外に勘違いをしていて「躾」ではなく「押し付け」を子供にしている事があるようです。親が躾の為と言って子供に暴力を振るう事がテレビで報じられていますが心が痛みます。本当の「躾」は親の愛情があっての事と思います。子供に負けるな!!「ともさん」あなたは世界一の「お母さん」ですよ!

それなりに

現代の流れからして「効果なし」と答える人が多いでしょうね。

「物置に入れる」行為は体罰と変わらないので
今の時代、誰も認めないでしょう。

でも、私も子供のころはよく押し入れに入れられまして
それなりに効果はありましたよ。

ありがとうポイント

効果があると思いますか??

まず、

お子さんはおいくつ(何歳)ですか?

どうして物置にいれられたのか、何が悪かったのか、良し悪しを理解できる年齢ですか?

お子さん自身は、何故、物置に入らなければいけないのかを、納得した上で入っているのでしょうか・・・・?

たとえば、

3~4歳?いや?小学校低学年の子供だったとしたら、おそらく、恐怖心と、親(お母さんお父さん)が怒ると、物置に入れられる、ということだけが頭にインプットされ、次第に性格が歪み、良い子のふりをして、平気で嘘をついたり、隠れて悪い事をするようになる、と・・・思います、

>効果があると思いますか??

良い子になりますか?反省しますか?ということですか?

だとしたら、逆効果・・・だと、思いますよ。

返 信 なるほどですね。確かに私もそうすべきでは無いのかなと思いますが、何分知人からそういう体験をさせなければダメだと言われました。
半信半疑でしたので、質問をさせて頂きましたが、やはりやり方はそれぞれですよね。一応、子供にはなぜ入るのか?を説明はして、入れたものの、正しいのかわかりませんでした。自分では入れるべきではないのかなと思っていました。意見、ありがとうございます。