解決済み

リフォームに関して

困り度:暇な時にでも

yamapi

今、浴槽リフォームを色決めとうにすすんでいます。

標準整備のいらないものは外せますよね?

特に、鏡と収納棚 カタログ?には、なしの項目ありなんですが、
「鏡は不要だから・・・」って言ったら、「標準でついてるから、かわらない」と。
(?? なしって書いてあったのに・・・)←心の声


パネルの色でも組み合わせで料金抑えれるようになってるんですよね?
その件も渡された組み合わせを見たら、すべてマイナスなるのは記載せれていせん。

これってわざと??
それとも間違ってないこと??

*おすすめの色組み合わせがありましたら参考にいたします。

来週ショールームにいって決めることになります。



追 記 新たなる質問(疑問)です。

支払に関して会社でまちまちだと理解しているものの、
最初に見積もりでは手渡してだと、
契約のとき数%着工のとき数%完成のとき残り、と記載されていましたが、
(変更があっため)2度目のときには、
契約のとき50%着工50%に変更されていました。(後者のほうが金額増)

まだ、色・オプション・浴槽のカタチなどなにも決っていません。

その段階で払うものですか??
色とかは契約後に(半分支払い済み)決めるのが一般的なのですか?


終了後のコメント

みなさん、回答ありがとうございました。

このたびは勉強になりました。

みんなの回答をチェックしてみよう!
11件中 1~11件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

そうですね

気になること 思ったことは、業者に言うべきですね
前もって行くいくつかの業者から見積もりを問うべきですね
その時の応対でどこがいいのかがある程度わかりますよ

ありがとうポイント

質問の答えになってなくてすみませんが

なんだか、読んだ限りだとその業者は信頼に値しないように感じました。
あるいはただ担当者との相性が悪いだけかもしれませんが、このまま進めると行き違いでトラブルになるのが目に見えています。

心の声・・・ではなく、しっかり口に出して聞いてみてはどうでしょうか?
高い買い物ですし、後悔してからでは遅いです

返 信 おっしゃる通りですね

心の声でなく、しっかりと・・・

これ性格なんですw中々言い出せない・・・ダメ人間です
叱っていただいてありがとうございます。

メールで問い合わせたら、謝罪と説明はしてもらいました。
ありがとうポイント

その業者は説明不足ですね

リフォーム業者は専門家だからといって
お客様が業者の言いなりになるのは間違いです。

たしかにこちらは素人なので
支払いや商品の詳細、工程、業界のルールなど
わからない部分が多いのですが

逆に、私たちは素人だからこそ
わがままを言える立場にあります。

こちらはお客様なのですから
臆することなく、もっと強引に自己主張をした方が
親切な業者を見極めやすいと思います。

安くて親切で腕のいいリフォーム会社はあちこちにいますので
時間をかけて丁寧に説明をしてくれる業者を選びましょう^^

返 信 おっしゃる通りです。

私自身も勉強と知識不足もあり拘りもなかったので・・・
最初に説明するべきだと考えます。

ぺーぺーだから、会社の意図的かは不明ですが、
一応電話でですが、謝罪はありました。
ありがとうポイント

値切る

リフォームは「高い買い物」なのですから
リフォーム会社にはどんどん疑問をぶつけてください。

そして、どんどん値切って下さい。

たいていのリフォーム会社は見積もりを高めに作っています。

時には、他社の見積もりを見せたりして
業者同士で値下げ合戦をさせるもの賢いやり方です。

なぜ2度目の見積もりで金額増になったのか
色は先に決めていいのか
支払いは後払いで構わないかなど
ダメもとでどんどん要望を出した方がいいです。

リフォーム業者は1件でも多く契約を勝ち取りたいので
お客のある程度のわがままは聞いてくれます。 がんばって!

返 信 回答ありがとうございます。

最初の段階でどこでどこまで変更できるのかって訊くべきってことですね

増になった理由は、追加工事が発生したからで、
その部分は随分安くしてもらったもようですので、そこは問題ありません。
解体したらまた、追加されるかもですが・・・

なんだって特殊だとか、それに階段ですからその部分が追加されました。
ありがとうポイント

会社による

私は今まで6回ほどリフォームをして
いろんな会社から見積もりを取ったりしてますが
支払時期や見積もり、詳細の決定などは
会社によって違います。

ただ、お客様の要望は
契約前に主張しないと業者の言いなりになってしまうので
少しでも疑問があれば納得いくまで質問をしてください。

返 信 おっしゃる通り、会社の方針などでまちまちなのでしょうね

最初に自ら細かい部分も決めてほうがいってことですね
ありがとうポイント

私なら・・

私は、リフォームの経験はありませんし、建築業界に詳しいワケでもありませんので、的確な回答になっているか分かりませんが、とりあえず私が質問者さんの立場だったらどう行動するか書いておきます。

1)じっくり時間をかけて決める

リフォームは、それなりに予算のかかる買い物です。質問者さんが、緊急でリフォームする必要があるなら話は別ですが、結論を出すまで2~3ヶ月かかっても問題ないなら、じっくりと情報を集めて検討します。

2)希望する条件を事前に明確にしておく

見積りを出してもらう際、絶対譲れない条件、まぁあったらいいな…という条件、必要ない条件を具体的に区別し、それを紙にまとめた上で、全ての業者に渡します。 例えば、追い炊き機能は絶対必要、ジェットバスはあったら良い、浴室乾燥は不要…といった感じです。 あと、現在の間取り図も出します。

3)複数の会社から相見積りをとる

業界関係者でもなければ、そのリフォームの適正な相場なんて分からないと思います。 もし1社だけに見積りをお願いすれば、価格をふっかけられたり、要らない物まで売りつけられる可能性も高くなります。 そこで、複数の会社から相見積りをとります。 具体的には、最初3~5社に声をかけます。 各社には、他社とも相談している事だけは伝えます。 談合を防ぐため、具体的な社名は言いません。 そして、それぞれの会社と打ち合わせをする中で、最終的には2社に絞り込んで、そのどちらかに依頼する事になると思います。 業者側にすれば、相見積りを取られている事が分かれば、適正相場からかけ離れた価格をふっかけることが出来ません。 見積りは、あったらいいな…を盛り込んだ場合と盛り込まない場合があるので、最低1社に2種類は出してもらう事になりますね。

また、実際の作業に入る時には、作業の工程計画を出してもらいます。 作業を進める中で、業者と話し合って決める部分もあると思いますが、その際話し合って決めた事を書面にまとめ、双方が確認のサインをして、コピーを相手に渡します。 こうしておけば、後で言った・言わないのトラブルも防げるからです。 白壁を希望したのに、作業員の勝手な判断でブルーの壁にされた…なんてトラブルもよく耳にしますよね。 とにかく支払い方法なども含め、疑問点は必ず対面で確認し、それを書面などで記録に残しておく事は大事だと思います。

返 信 おっしゃる通りですね
”じっくり”“希望を明確”大切ですね。

ほんと拘りがないもので、『何もつけなくていい」とは言ったですがね。
ここだけは、なぜかついてるやつを提案してきた次第です。
それでも、料金的は最もよかったもので・・・

最初っからどれがいいか自分で決めていたほうがいいってことですね。
ありがとうポイント

うーん・・・

>「標準でついてるから、かわらない」鏡
料金が、ってことではないのでしょうか? まあパソコンなんかも同じで、標準の部分は変更できない場合もある。牛丼ツユだけ、って頼めないようなもの。でもカタログに項目があるならちょっとおかしい気もするからわからない。

>パネルの料金
これは多分ちゃんと指摘しなきゃダメ。と言っても、可能性として高そうなのは単なるミスだけど。無数のプランがあるなかで混乱したんじゃないかな。

>料金支払いについて
自分が一般的かは置くとして、そちらの最初のやり方(契約20%+着工20数%+完成60%)で、変更はなかった。というか、普通変更はしちゃいけないものだし。当初の予定で支払えるように動いてたら「やっぱ50%寄越せ」は通らないでしょう。見積もり段階での方法が通らない理由を聞いて、納得できなければ、支払えるかどうか以前に信を置けない。「やっぱ全額で」「足らなかったんでもっと」ってなってもおかしくない。なかったことにして別会社にする方がいいと思う。たとえ一見高値であっても。安い=質が低いとは思わないけど、大手・中小関係なく融通の効く所の方がコスパよかったりする。

色組み合わせではないけど
赤は時間の経過が早く、青は遅く感じる。ゆっくりしてもらうなら青、回転を早めるなら赤・・・料理屋を開くときに用いるらしい。

返 信 訊きました。
その部分を踏まえた単価とかとして・・・なっとくかな・・・
選んで構わないとのことだけど、↑なので安くはならないと。

風呂に赤はなんだか嫌だなw
白系っていったら珍しいって??
ありがとうポイント

おかしいですね。

普通は全部決まって見積もりしてから払うのが一般的
だと思います。鏡とかも希望していないのはもう一度
話して決めた方が良いと思います。希望していないのは
払わないと言った方が良いと思います。

返 信 おっしゃる通り、だと思いました。
プラン決定の見積もりを踏まえここから細かい部分を決めることができ、
最終的な料金を・・・って思っていました。

最初、来られたとき換気器具はつけるのが(つけてる家庭あるけど)難しいからか聞かれたとき「いりません。なにもつける必要ありません」って言ったんですがね。

他社はそれでシンプルのやつを提案したんですが、ここだけはなぜか~
それでも、料金的は最もよかったので・・・

契約後の変更は厳しいらしいですね。

ショールーム

浴室をリフォームするとき
私は各大手メーカーのショールームをいくつか回りました。

ショールームによっては実際に入浴できるところもあり
温泉気分で最新の浴槽やシャワー、ミスト、テレビ、サウナ
スピーカー、マッサージなどを体験しとても勉強になりました。

実際に体感しないとわからない設備等もあるので
どうせショールームに行くなら
いろいろ体験できたらいいですね(^_^;)

補助金

両親と同居するようになってから
お風呂場をバリアフリーにリフォームしました。

段差をなくして
手すりを取り付けて
床暖房にしたのですが

自治体の補助金制度を利用したので
めちゃくちゃ安くリフォームができましたね。

標準

我が家はお風呂が大好き家族なので
お風呂場には結構、お金をかけています。

タイルを大理石っぽくしたり
モニターを取り付けたり
浴室乾燥機などもあったりして・・・

でも、その取扱い業者の標準スタイルだったので
割と費用は安く抑えられました^^