解決済み

香典返しの挨拶状

困り度:暇な時にでも

さくらさく

去年の12月に母を72歳なくしました 脳内出血で20年前に倒れてから生活環境は時代の流れとともに随分と変化はありましたが介護に携わってから随分。人との交流も増え老いは人より早かったかも知れませんが普通に生活していたのですが突然の事でした。お葬式は家族葬で四十九日の法要も後の事も考え一緒に済ませました。姉といっても歳が離れており体調もあまり良くなく出席できないかもしれない状態だったのですが夜になってから顔を出していただきました
お葬式が済んだ後での連絡となったのですが書類の件でいなかへ寄った時にそちらの姉にも連絡しお骨治めにの時に順序は正しくないのですが来ていただきました
初盆もあまり父の体調も良くなかったので前もって連絡できなく(そもそもそのつもりはなかったのですが)親子ですませました
本来なら四十九日が終わってから香典返しをするものみたいですが挨拶状で悩んでいます 文章や手紙を書くのが好きな方だったし私自身もすきなので例文等を見ながら感謝の気持ちとどの様であったかを文章で書いてみようと思います
法要を済ませた事を書いているのですがそれはどの様に書けばよいのでしょうか?
お礼状等の見本を見るとその事にはふれてないようなのでそれでいいのでしょうか?
お香典返しは時間も過ぎおちついてからでもいいと教えてくれる人もいるのですが、その頃には儀式も終わって気持ちも落ち着きましたとの思いも込めてのものだと思うのですがどの様な書き方をすれば失礼がないのでしょうか
また、その時に旦那も数年前に無くしたという事を正式にきいたのですがお線香だけでもあげに行こうと思うのと元気そうには見えても高齢であるの遅くにはならないようにと思うのとまた機会を逃すとまた順序が狂ってしまってこじれるといけないと思ったので教えてください
もしよろしければ初盆は呼ばなくて一周忌は呼ぶというのはやっぱりよくないのでしょうか教えてください

終了後のコメント

皆さまありがとうございます。形にこだわり過ぎて大切なこと忘れていたと改めて感じています。
この冬で三回忌、自分自身も不安定だった事に気付きます
まだ、香典返しもできていません、呼ばないということで親子だけでい臭気も済ませました、それだけで精一杯だったことを認めるし、そうしてほしかったであろう母の思いもわかります
家族三人そろうのも難しくなった結果でわかるのは皮肉なことなのですが....アンサーで頂いた言葉本当に忘れないようにしたいと思います。
経験しえて初めてわかる事まだまだあるかもしれないですが、哀しみに明け暮れるだけでなく、形だけにとらわれず、ぶれないようにしたいと思います

ありがとうポイント

大丈夫

あまり周囲の目は気にされない方がいいですよ^^

みんなの回答をチェックしてみよう!
7件中 1~7件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

お悔やみを申し上げます。

お香典返し・礼状の件ですが、確かに時間が経過すると思い悩みます。お相手の事も考えると文章に詰まります。お礼状の文章は簡素で短めでも良いと思います。例えば「故人の意思により家族だけで葬儀を執り行いました。また私達家族の悲しみが深く立ち直る事に時間が掛かった事も合わせてご理解下さい。また近じか一周忌の法要を行う予定です。。。。。等」この様に、こちらの心情もお伝え出来たらと思います。お香典返し・お盆など先方にお返しが出来てない(遅くなってしまった時)時などは、法要の後に(無事に法要が終わった事)お礼状を添えてみては、どうでしょうか?1番大切な事はこちらの気持ちを相手に届ける事だと思います。これと言った決まり事・形にこだわる事は無いですよ。少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうポイント

ご冥福をお祈りさせていただきます。

香典返しの文面はざっくりと
1、時候の挨拶(残暑去り難く~いかがおすごしでしょうか など)

2、通夜・葬儀・法要に来た人に対してはお礼(去る○月○日には亡母、△△の××に際しまして過分なお心づかいを頂戴し~ みたいなの)
2、直接来ていない人には報告(母、△△は?月?日に息を引き取り、○月○日に近親者のみで弔いを済ませました など。呼ばなかった理由(遺志により や 当方の体調が不安定につき など)を書くなら謝罪は要らない、逆もしかり)

3、御母堂について (略歴など)

4、生前の交流に対するお礼(生前はひとかたならぬご厚誼に預かり~ など。省略可)

5、今後の交流(尚、残された我々に対しましても、今まで同様ご指導・ご鞭撻賜りますようお願い申しあげます など。自分との交流相手や、特に必要ない相手ならなくてもいい)

6、送付した事に対しての一言 (○月○日は故△△こと[戒名]の~~忌(四十九日、百箇日)に当たります。心ばかりではございますが供養の品を送らせていただきましたので、なにとぞお納めくださいますようお願い申し上げます など)

7、〆の挨拶 (月日、氏名含む)

家族葬+四十九日まで済ませてるということなのでこんな感じで。

また、院号に限り、戒名の紹介後の同じ手紙のなかでは名前でなく○○院と書く。本来
 ○○院  △△ ××  居士(大姉、信士)
 [院号] [道号] [戒名] [位号]    全部合わせて法号
なので、文中に「戒名」と書かないよう注意。

また、四十九日で忌が明けるので、それまでは送らないのが基本。

初盆(お棚経)は、地域によっては近隣も呼ぶが、基本的に家族だけでもOK。そもそも盆を迎えた時点でご先祖は帰って来てるわけで、来れるなら来ているべき、呼ばれなかったっていうのは言い訳にもならない。もう過ぎているが初彼岸も同様。
一周忌の案内は別に非礼に当たらない。可能なら三回忌も近隣に案内、あるいは報告を。その後は家族以外は大丈夫。

お線香をあげに行くのは全くの別件と割り切ってさっさと行こう。順序も大事だけど、拘って頑迷になってはいけないし。仏壇に手を合わせる事の方が大事。書面や電話で向かう日取りを決めてもいいが、不意に訪れるなど敢えて自分から礼儀を崩すのもいいかも。

ありがとうポイント

香典返しの挨拶状・・・ですよね?

ウチの父の時は・・・・

粛啓
先般 父○○(名前)儀永眠の際は
御懇篤なる御弔詞並びに御供物を頂戴し
御芳情誠に有難く厚く御礼申し上げます
本日七七日忌に当たり
○○○○信士(戒名)
の法要を営みました 供養の印迄に
心許りの品をお送り致しました 
何卒御受納くださいますよう
お願い申し上げます
先ずは略儀ながら書中謹んで
御挨拶申し上げます
            敬具

平成○○年○月○日
     ○○○○○(喪主の名前)

・・・と書きました、というか、香典返しを頼んだ会社に、この文面でよろしいですか?と聞かれ、深く考えずに?OKしたのですが・・・(^_^;)

とにかく、

香典返しに添える挨拶状に関しては、お飾り?みたいなモノなので、細かい事は書かなくて良いと思います、例文等を参考にそのまま書いて良いと思いますよ、もし特別に?感謝の気持ちを伝えるのであれば、時期を見て、後々に、お手紙を書くと良いと思います、

あと、

>初盆は呼ばなくて一周忌は呼ぶというのはやっぱりよくないのでしょうか

大丈夫ですよ、よっぽど気難しい人?でなければ、問題ありません、亡くなったお母様のために、呼んでください。

・・・(^^)

ありがとうポイント

挨拶状

あまり文章を綺麗に書こうとしないで簡単に
書けば良いと思います。来てくれた感謝の
気持ちを書けば良いと思います。

ありがとうポイント

簡潔に

儀礼的なものよりも
本来は自分の気持ちをしたためるのが挨拶状なので
あまり深く考えずに
今の状況や感謝の言葉を伝えるだけで十分ですよ。

ありがとうポイント

誠意

どれが「正解」というものではなく
本人の気持ちさえあれば
順序が逆でも
連絡が遅くなっても
まったく問題ありません。

ありがとうポイント

お礼状は簡素に

どちらのご家庭でも、多少なり問題を抱えているものです。ですから、あまり深刻に悩まず、お礼状は簡素に纏められてはいかがでしょうか?また、一周忌には、お知らせできなかった方々にもご参集いただければ、お母さまも喜ばれると思いますよ。

返 信 ありがとうございます。見本を見ていると49日過ぎてから送っているようなので自分たちには使える文句ではないかなぁと・
わたしもそうできれば思うので口頭では言葉は互いにかけれましたが文章にしてたたえてみようかな...と訪問するつもりですがそれができないかもしれないので