解決済み

19歳の息子は反抗期❓

困り度:困ってます

まなーー

息子は自己中❓なんです。
ほとんど口はきいてくれません。機嫌がいい時だけ話してきます。
どう思いますか?

終了後のコメント

皆さんから沢山のコメント頂き、ありがたいです。
その中でも何だか気になりベストアンサーにさせて頂きました。
本当にありがとうございます。
その息子は先日 二十歳になりました。

「毒親」になってませんか?

もしかして、息子さんは猫ですか? 猫ならツンデレの対応でも不思議ではありませんから。(笑)

マジな話、息子さんが何かに集中してる時に声をかけたりしてませんか?
集中と言っても、別に勉強とかスポーツばかりではなく、テレビ番組の視聴や、スマホのゲームなども含まれます。 あと2人敵を倒せば、難関ステージクリア・・なんて時に、横から「今日の夕食は、何がいい?」 なんて聞かれても、その瞬間は答えない可能性が高いと思います。 

質問者さんだって、好きなテレビドラマの重要(?)なシーンに差し掛かった時に、横から割とどうでも良い内容の事を話しかけられたら、”今いいところなんだから、ちょっと黙ってて!” って思いませんか?


あるいは、話の感じが、「部屋の片付けをしなさい」 「あんな子とつきあうのやめなさい」 「もっときちんとした格好しなさい!」 的な命令調の話になってませんかね? もし、”親と話すこと” = "親から説教されること" になっているなら、息子さんが話をしたくないと思うのも無理はありませんよね。 もし、心当たりがあるなら、話し方の工夫が必要かもしれませんね。

ちなみに、精神科医 吉田勝明先生によれば、以下の10項目中5つが当てはまれば、反抗期だそうです。

1)理屈っぽいと言われる
2)親や大人との会話が減った
3)質問に対し「何でもない」「別に…」と応えることが多い
4)自宅では、自分の部屋にいることが多くなった
5)家族より友人といる時間を優先するようになった
6)親に言えない秘密が増えた
7)男子は母親を避け、女子は父親を嫌悪するようになった
8)親を「あんた」「お前」と呼んでしまう
9)物にあたることが増えた
10)ダメなのがわかっていても、無理なお願いをしてしまう

どうですかね?

思春期の子どもに対する対応が、「毒親」になってしまうと、子供がゆがんで育ってしまうので、注意が必要です。
http://news.livedoor.com/article/detail/11082192/

みんなの回答をチェックしてみよう!
16件中 1~16件

前の20件へ 次の20件へ

通る道じゃないですか?

なん自分は結婚していませんが、友達の子供が小学校の頃は一緒にゲームしながらお尻フリフリ踊りながら遊んでいましたが、大学生位に久しぶりに会ったら、あっどうも、で終わりでした、なんかヨソヨソしい感じでしたので友達に聞いたらいつもあんな感じみたいですよ、親離れする時期なんではないですかね。

自立してもらう

そういう人も多いようですが、19歳でそれは幼いと思います。少しずつ子離れして、家から出す心積もりをしてもいいのでは。この先いつまでも上げ膳据え膳では、ずっと子どもは自分の勘違いに気づかないかも。本人の為にもなりませんよね。

反抗期ではなくそれが普通です。

うちの息子は22歳ですがまったく一緒です。こちらから話しかけても「うん」で終わってしまいます。返事が返ってくるだけでもOKにしようと自分に言いきかせています。言いたいことは自分から言ってくるのでそれまで待ちましょう。

その子それぞれ。

反抗期はあって当たり前かと思います。
ただ、その子供によって反抗する時期は多少なりとも違うと思います。
うちの息子は小学生の高学年から高校まで続きました。
19の時は、大学生になってだいぶ、落ち着きましたよ。

親離れと子離れ

1ならすでに大人になっています。親である貴方方の方から、子離れしてみてはいかがでしょう。次の息子さんとの交流は多分息子さんの結婚の時期かもしれません。そこもすっ飛ばしていくなら。お孫さんの誕生とかだと思います。すでに大人になっておられる息子さんはこれからどんどん遠ざかっていくのだと考えますが、決して家族を忘れたりはしないでしょう。彼を信じて好きにさせてあげるのも良いと思います。

放っておきましょ!

男の子の成長過程で都合の良い時だけ、大人の顔をして都合が悪くなると子供(未成年)に早や替り?こんなものですよ!今、息子さんの頭と身体と心のバランスが揺れ動いている最中、大人には計り知れない中に身を置いていると思われますただ息子さんは反抗期ではないと思います。ごくごく普通の男子ですよ。親が少し気にし過ぎでは?子供さんを信じてみませんか?私は子供との距離を付かず離れずで接して来ました。沢山、歯がゆい思い・口出しをしたい気持ちとの葛藤の日々でした。その時気が付いた事は「自分の子供を信じてみよう」と思いました。時が来たら(19才~23・24才位)子供さんから自然と話してくれる様になります。親と言う「漢字」木の上に立って見る、暖かい目で見守ってあげて下さいね!大丈夫ですよ!まなみちゃんさんが大切に育てて来た自慢の息子さんですから!

そんなもんです

「親に感謝する息子なんて印税目的の有名人だけ」
などと言ったら言い過ぎかも知れませんが、実際どこの家庭もそんなもん。

19歳なら普通は反抗期なんてとっくに終わってる年頃。
その歳でまだ親に感謝もせず舐め腐っている態度なら
30歳40歳になってもその反抗期は続きますよ。

男は一生反抗期!!

男なんて一生反抗期みたいなもんですから、深く考えない方が良いですよ。

下手に構うとさらに反抗しますから、ほっておいた方が良いです。

自己中・・・?

自己中・・・

とは、ちょっと違うと思いますよ、実際にどういう息子さんなのか、わからないので、なんとも言えませんが・・・

一般的に、中学生から二十歳前くらいまでの青年期という時期は、、大人と同等の能力まで発達し「一定のルール上は行動ができる」ようになります、

しかし、

「他人の視点に配慮して行動する」という事に関しては、未成熟のままです、

「相手の立場に立って考なさい」と言っても、脳の成熟自体が追いついていないので、青年期の子供たちとっては、とても難しい?対処できにくい?事なのです、

親としては、カワイイ息子のために、良かれと思い、色々と口を出しをしだり、面倒をみたくなるし、幼いころと同じような接し方もしたくなると思いますが、

まだ脳内が100%成熟していない、青年期の悩みが多い、子供にとっては・・・、

なんといいますか・・・、

あ、受け答え、対処する、親の相手をする、「大人の余裕?」が無いのだと・・・思います、

ときどき、いい大人になっても、大人の余裕が・・・無い、人もいますが・・・

ということで、

個人差はありますが、あと1~2年?3年?は、今の状況が続くと思いますが、めげずに、頑張ってくださいね、

・・・(^^)

ちょうどうちの娘もです

うちの娘も、今19歳で全く同じ状態です。
自己中心的に感じる時もありますが、反抗期というより、精神的にまだ幼くて親に甘えているのだと思います。
いずれ治まるとは思いますが、それには何かきっかけ(親から自立、結婚等)がないと少し時間がかかるかもしれないなと私は思ってます。
お互い、もうしばらく親業を頑張りましょうね。

反抗期です

機嫌がいい時だけ話してくれるだけでもありがたいですよ。

私の息子なんか、まったく話してくれませんから(TT)

ほっときましょう

自然に治りますから。。

気にしない

そんなに気にする必要はないですよ。
私の息子も20代前半まで反抗期でしたから^^

反抗期

おそらく反抗期だと思います。
しばらくそっと様子を見てあげてください。
親御さんには話さないだけでいろいろ考えているのでは?
落ち着けばまた話をするようになると思います。
ただ親子といえど相性があるので
相性が悪いと息子さんが思ってしまえば難航するかもしれません。
その場合はもうじき成人するのだし
距離を置いて接することも必要かと思います。

いずれ来るもの。なにもおかしくはない。

反抗期は必ず来るもの。ある程度しょうがないのであきらめましょう。それがなく、べったり甘えて甘やかされてよりよほど健全です。
気にして欲しい+自立したいという微妙な状態なので、難しいとは思いますが文字通り「見守って」あげてください。

あまりに放っておくと(不干渉)、注目して貰うために取る行動が過激になって行き、暴力や飲酒喫煙、犯罪行為になる場合もあります。
非行少年が分かりやすい例です。

だからといってあれやこれやと口や手を出し過ぎると(過干渉)、今度は自己決定力や表現力が育たず、自発的には行動しなくなります。引きこもりなどですね。
しかもこの場合、成功しても自分の功を認められず、失敗しても責を感じないため、社会活動・集団行動に問題を起こすことが多いようです。

以上、青少年教育がどうとかで習ったことです。

ところでわかって書いてるとは思うけど、反抗期と自己中は全くの別物だからね? 自己中にしないための時期です。つがいのない身には関係薄いけど、子育ては大変だな。頑張ってください。

反抗期

自分は中学生位が反抗期ですが、その時は話もしませんでした。
少し反抗期かもしれませんね。少し話をするという事なのでその
時はうれしいですね。でも、間違った言動、行動をした時は
間違いを伝えた方が良いかもしれません。なぜ間違っているのか
を説明すると良いと思います。見守って下さい。親は辛いですが
成長しているという事だと思うので喜びも感じた方が良いかもしれません。