解決済み

プリン体数値について

困り度:暇な時にでも

監督ちゃん

痛風の原因にもなるプリン体。

昔は贅沢病だとか言われたそうですが、
今でもよく聞くのが、ビールの飲みすぎというもの。

ところが、プリン体の量を調べてみると
ビールは高いものでも100gたり8.4mgほど。

他の食品を見渡しても1桁mg代という数字は
ほとんどありません。
http://www.higasiguti.jp/page/tufu/purin.html

アルコールは最終的に尿酸値を上げるのは知っていますが
他の食品を差し置いてまで急激に上げるものなのでしょうか?

そもそも、ビールが悪者になった本当の理由は何なんでしょうか?

終了後のコメント

ありがとうございました!

私の勝手な推測です

推測ですが、ビールが悪者になった原因は、2つ考えられると思います。

1つ目は、おそらく普段日常的に飲む酒類の中では、ビールが一番プリン体量が多かったから、ではないでしょうか。ビールより紹興酒の方が多いですが、日本人で紹興酒を日常的に飲んでいる人は少ないと思います。普段飲む機会が多いのは、ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー・・あたりですよね。それらの中では、ビールが一番プリン体が多いです。

それと、ビールはアルコール度数が他の飲料より低く、比較的ガブ飲みする傾向がありますよね。飲む量が多ければ、他の飲料よりさらに多くプリン体を摂取する事になります。

2つ目は、痛風の方はビール好きの人が多かったから、なのかもしれません。本当はビールではなく、一緒に食べるつまみの方が真犯人なのかもしれませんが、痛風患者の食生活を調べていた医師の目にとまったのがビールだったのかもしれません。そしてこの医師の、「ビール好きの人は痛風になりやすい」等と言った発言が、マスコミなどの早とちりで、「ビールを飲みすぎると痛風になる」 と報じられたのかもしれません。マスコミのこの手の誤報って多いですよね。

さらに、”プリン体ゼロ” といったCMも、ビールが悪者である印象を強めているのかもしれませんね。


ちなみに、ご存知の通りアルコールやプリン体が体内で分解される時、痛風の原因になる尿酸が大量に作られます。が、それ以外に忘れてならないのが ”果糖” です。実は果糖が分解される時にも、体内で尿酸が作られます。果糖は、甘いソフトドリンクやスイーツ類に沢山含まれています。よって、尿酸値が高すぎる方は、プリン体の摂取量に注意するのも大事ですが、それ以外にアルコール類や果糖の摂取量にも気をつける必要があります。 なお、果糖は果物類にも含まれますが、スイーツやソフトドリンク類と比べると、ずっと少ないです。

また、尿酸値が基準値以上の方であっても、痛風の発作(痛み)が出ない人もいます。ところが、発作が出ないから・・と、尿酸値が高いままほうっておくと、動脈硬化などの疾患に罹るリスクが高まりますので、ご注意くださいね。

以下、参考サイト
http://goo.gl/YY2IgK
http://goo.gl/GfHsPj
http://goo.gl/flVtXV
http://goo.gl/LuoOmX

みんなの回答をチェックしてみよう!
2件中 1~2件

前の20件へ 次の20件へ

普通に取るべき食事じゃないから・・

ご飯や、その他のおかずは・・・バランスを考えて、健康を考えてたべるものですよね。
ビールは1週間抜いても健康に悪い影響を与えません。むしろ肝臓にイイかも。
でも、普通の食事は1週間抜いたら・・・そんなことできません。ビールやおつまみを1週間食事の代わりになんてできません。
プリン体がどうのこうのより、体に悪いこと一目瞭然です。

そこら辺を考えれば、ご飯とビール・・・どちらがプリン体的悪者になるか・・・
わかりますよね(^_-)-☆

摂取機会が多い

他の食品に比して、ビールを呑む機会が多いからです。

返 信 回答、ありがとうございました。

例えばですが、
ご飯お茶碗1杯(150g):38.9mg
納豆1パック(50g):57.0mg
サンマ1匹(150g):232.4mg
味噌汁1杯:12.7mg+わかめ・豆腐・ネギ:15.0mg
合計:356mg

ビール(8.4mg換算)では、356mg÷8.4=42.38倍
42.38×100ml≒4.2L

一般的な晩御飯1回と、4リッターのビールが同じプリン体の量。

これについてはどうなんでしょ?