解決済み

夏休みの宿題を早く終わらせる方法は?

困り度:暇な時にでも

やまくん

小5の男の子の親です。勉強がきらいな上に、友達から誘いがくると断らず、断れず?遊び放題です。 
今年の夏休みも例年どおり、あと半月で始業式だというのに、宿題が山積み・・・ 
昨年の夏休みもぎりぎりまで終わらず、わからないところは教えたり、答えを写したり。 
これからお盆やお祭りで、宿題できる日数を本人の前でカウントダウンし、急かしている状況なのですが、あと何日もあるとか、何時からやるとか言って先延ばし。 
結局遊び疲れて寝てしまったり・・・((+_+))
 
そこで、同じ年頃の子を持つ方々、教えてください。 
宿題を早く終わらせる術や、声かけやきまりごと、または、本人まかせで一切感知しないなど、さまざまなご意見、お知恵をお願いします。

終了後のコメント

皆さま、本当にさまざまなご意見をありがとうございました。 
わが子をやる気にさせる事が出来ない駄目な母・・・と、凹む今日この頃でしたので、非常に元気づけられ、また、悩んでいるのは自分ばかりではないんだ、と前向きな気持ちになりました。  

皆さまの貴重なご意見を参考にしつつ、残りの宿題を一日も早く片付けさせるよう導きたいと思います。

ベストアンサーは迷ったのですが、悩んでいた私に、ご意見を下さった皆さま全員が、べストアンサー様です\(^o^)/  

暑い中、お忙しい中、長文を下さった方々、感謝しております。 
ありがとうございました<(_ _)>

みんなの回答をチェックしてみよう!
9件中 1~9件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

うちは…

小5の娘の親です。
うちも、とにかく宿題とか大嫌いでです。
机に向かっても、何やってるんだからドリル1ページに1時間とか平気でかけてます。
ちゃんとヤレば早いの知ってるので、ホント何やってるんだか?
本人に聞くと、ちゃんとやってるというし。
交換条件に、宿題終わったら映画やプールと言っても、速度は大して変わらず…

基本、時間より質なので、何時間机に向かおうが意味はありません。
で!
うちの場合は、宿題1ページ終わったら、5分遊ぶにしてます。
それも、親とオセロとかです。
早く次の1手を打ちたいので、1ページ終わらせるのがめちゃくちゃ早い。
(ヤレば出来るやん…と何度思ったことか)
1ページ終わったらタイマー動かして、5分間にゲームして。
でも、DSやテレビゲームはダメですよ。
5分間とか区切り悪くて…やっぱり対人のテーブルゲームがオススメです。
それも、子供が競争心とか張り合えるゲームが。
で、うちはその要領で宿題殆ど終わらせました。
ま、遠くの報酬よりも、目の前の遊びへの試練って感じなのかな?
同じ小5の親。少しでも参考になれば…

ありがとうポイント

自分の経験や知ってる雑学などで回答 #1

個人的には、同じ年頃の子供はいないのですが、自分の経験や知ってる雑学などで回答しますね。

まず、子供は夏休みの宿題の様に、まとめてドーンと課題を渡されると、ペース配分がうまく掴めません。 そのため多くの子供達が、ついつい最後まで宿題を溜めてしまう物なのです。 これはほとんどの子供が(大人も?)そうなので、質問者さんのお子さんだけが、特にそうなのだとは思いません。

でも、その大きな課題を小分けにして、子供の集中力が続く短い時間(例えば20~30分位)で終わる量にして与えると、それは簡単にクリアーできる場合が多いのです。 この特徴を上手く利用するのがコツだと思います。

また、計画的に勉強させるために、よく1日のスケジュールを決めさせる場合がありますが、あれもあまり意味がないと思います。
10時~12時:勉強
12時~13時:昼食
13時~17時;自由時間
・・・ という奴です。
こんな事を決めても、家庭は学校ではありませんので、できるワケがありません。

それよりも、今日から夏休みが終わるまでの日数から、まずは1日にやるべき課題の量を決めさせる事だと思います。 その際、単純にあと20日あるから、残っている課題のページ数をそれぞれ20で割って・・などという決め方は良くないと思います。 残りの20日の中には、何かのイベントなどがあるかもしれません。 そうなればその日は勉強するのは難しいでしょう。 そこで、例えば残り3週間を大きく6つのブロックに分けます。月~水、木~土がそれぞれ3回で6ブロックです。 日曜日は完全休養日、または予備日です。 もし、家族旅行などの計画があるなら、5ブロックで計画しても良いと思います。 そして、残った課題をこの各ブロックに割り振ってゆきます。 第1ブロックでは、算数の1~3章、第2ブロックは4、5章、第3は6~8章をやる・・といった感じです。 こういった感じで、課題の内容の塊単位で小分けにすれば、子供は3日間でやらなければならない範囲が明確に見えますので、以前よりはやる気が出ると思います。 途方も無い目標よりも、小さく簡単な目標の方が楽に達成できますから。 そして、できれば3日でやるべき事も、同様に1日単位に分けると、もっとやる気が続くと思います。

http://goo.gl/NWln6J
http://goo.gl/8IUoLw

ありがとうポイント

自分の経験や知ってる雑学などで回答 #2

なお、計画を立てる際には、親が事細かく指示はしない方が良いと思います。 まずは子供に計画を立てさせ、その内容について、「この計画で無理は無いの?」とか、「この日はお祭りがあるけど、本当にこの通り実行できるの?」「計画が遅れた時、挽回する余裕はあるの?」といった質問をして、子供自身にその計画が本当に実現可能なのか考えさせる事だと思います。

あと、宿題の達成状況が明確に分かるグラフ等を壁に張り出すのも、効果があると思います。 ドリルの様な物は、最後のページまで終わったら100%で達成とし、日々そのグラフを更新させるのです。 サボるとその間のグラフは水平のままですが、頑張れば右肩上がりになります。 読書感想文や自由研究などは、グラフ化できませんので、項目を列挙し、それが終わったら花を付ける・・といったやり方(選挙の当選者に花をつけるのと同じ)でも良いかもしれませんね。 こうすると、日々の努力が視覚化され、全て達成したくなると思います。 要するにやる気が出ます。

それと、意外に効果があるのが、自分の部屋で勉強するのではなく、自宅のリビングなどで勉強する事です。 自分の経験から言うと、自分の部屋で宿題をするよりも、自分の目の届く範囲に家族がいて食事の準備をしている…、新聞を読んでいる…といった環境の方がはかどった気がします。 もちろんテレビの様な騒々しい物のスイッチは入っていません。 淡々と日常生活が流れている感じです。 思うに、自分の部屋って好きな雑誌があったり、音楽が聞ける環境があったりするので、ついそっちに流れてしまうのです。 でも、リビングだとそういった物も無いですし、仮に持ち込んでも親などがいるので、ちょっと手を伸ばし難いです。 軽く自分にプレッシャーを与えて集中するには、リビングでの勉強が効果的かと思います。 なので、もし子供がリビングで勉強していたら、自室へ追い返さないでくださいね。

なお、子供の勉強が進んでない様な時、頭ごなしに「宿題やれ!」と言うのは逆効果だと思います。 自分もそうでしたが、そろそろやらなければヤバイ…と内心思っている時、こういった言い方をされると、カチンときて、逆にやる気が無くなるからです。 それよりも、「今日の分と遅れてる分取り戻したら、冷蔵庫にあるプリン食べても良いからね。」 と言った感じで言われたほうがやる気が出ると思います。

ありがとうポイント

夏休みの宿題

私だったら、おもいっきり遊びなさい。但し、最後の2日間は机につきっきりになる覚悟でネ!!      ですね。

ありがとうポイント

ご褒美

退会ユーザ

いついつまでに、これをやったら、どこそこへ遊びに行こう!とか何かを食べよう!とか無理ない目標設定で、ご褒美もあれば本人もやる気が出るのでは!? 

ありがとうポイント

心を鬼にして、一度痛い目に合わせる!!

子供は勉強より遊びの方が楽しいに決まってますよね!!
どんな優等生でも!!(断言!!)

うちは「やらなきゃ、やらなきゃ!」と言いつつダラダラと時が過ぎ、遊びの誘惑に負け・・・
気付くと残り1週間!!・・・と言うタイプでした。

私ももう毎回イライラする自分が嫌で、休みの宿題についてな~~~んにも言わない年があったんです。
そしたら案の定、3日前になって泣きついてきました。
それでも「お母さんの宿題じゃないから、お前が頑張るしかない!母はご飯作りを頑張る!」と言って宿題に関して無視しました。
泣きながらやってましたが、結局その年の夏課題は全部終わらず・・・2学期になり、先生から怒られ、友達からも「何やってんだ」とバカにされ・・・。

ちょっと、、いや、かなり可哀そうでしたが、「母を頼ればなんとかなる」と言う考えを改めて欲しいのもありましたので、心を鬼にして!

効果ありましたよ。ビックリするくらい\(◎o◎)/!
その年の冬休みからは、宿題が終わらないと遊びにも行かなくなりました。
次の夏休みなんて8月頭には宿題がほぼ終わっていました。
それに伴い(関係あるかどうかはわかりませんが)成績も少しずつup!

中学生になった今年は、夏休み前から宿題に手をつけるという状況でした。
こればかりは「やりすぎじゃ??」と思いましたが、「あのとき心を鬼にしてヨカッタ」と今更ながら思いました。
が、、、コレを書いてて、母も辛かったのを思い出しました(^^ゞ

ありがとうポイント

うちもです(^o^)

私も小学5年生、男の子のママです。
うちもなかなか宿題が思うように進まず大変だったことがあります。

昨年の夏休みなんかは、宿題が全部終わったら夏休み最後の週末にキャンプに連れて行くと約束し、急かしました。それでも結局終わらず、キャンプ場に着いてから、まず最初にテーブルセットを出し、終わるまでバーベキューはお預けという状態で、やっとのこと終わらせました。
今年もまだドリルしか終わっていません。

でも、今年は違いますねぇ。ベネッセのチャレンジも結構ため込んでいて、それも終わらないとキャンプはなし!と約束しています。
昨年、キャンプ場に着いてまで宿題をやっていたことが子どもはとても嫌だったようで、今年は、「今日はこれを終わったら遊んでもいい?」と聞いてくるので、敢えて、子どもが決めたことにプラスして、「あとこれが終わったら今日はもうゲームしてもいいし、お友達と遊んでもいいよ!」と言うようにしています。
約束の分が終わったらまずは私が確認します。それで、ちゃんと終わっていたら、「すごいじゃん、やればできるねぇ」って一言褒めます。毎日同じ事の繰り返しですが、それでも頑張っています。

子どももやはり毎日やる気になるわけじゃないようで、なかなか集中出来ないときがあります。
そんな時、昨年までは「しっかりやらないとキャンプいけないよ」とか「ちゃんと集中してやりなさい」って注意してしまっていたんですが、今年は、それをぐっと我慢して、「ちょっと気晴らしにアイスでも食べてみたら?」ってアイスやお菓子で気分転換させるようにしたら、その後、進むんです。びっくりするくらい。

つい、注意したくなったり、急かしたくなってしまいますが、私はこの夏休みで子どもにも気分転換が必要だって言うことを学びました。

うちはこれで、今のところ成功してます。

ありがとうポイント

初日位には終わらせていた感じでしたが。

参考程度に。

初日もしくは各教科の宿題は
冊子みたいなものを配るパターンでしたが
それは下準備が出来ず夏休みが始まる前に配られると思います

他の自由研究など出きる事は事前にやるか
考え等何をするかでもやる事を考えられると思います
いざ夏休みと始まって始める、考えていては大変だと思います

・まず協力もある程度必要とは思いますがどの程度出来ているか把握
これに関しては本人自身の宿題でもあり
自分以外がしては意味が無いと思いますが
お手伝い、助言程度でも良いとは思います。
各家庭にもよりますが一切関わらないと言う家庭もあったりなかったり。

・本人のやる気
事前に学校でスケジュール等決めたり
時間割など決めるとは思いますが・・・
一日日中は暑いですが暑くっても遊ばれるとは思いますが。
日が沈んできて涼しくなってきた夕食以降等宿題とかどうでしょうか。

・妥当に勉強会
友達も同じ様な感じの子供さんもいらっしゃるかも知れませんが。
中々勉強会しようとお子さんが友達に言うのは難しいのでしょうか?
それを初日にして分らない所を教えたり、教えあったり協力・・・
親から友達の親に勉強会と・・・は切り出しにくい話でしょうし。
これは今と昔では難しいので当てにならないかも。

・遊びは自由、でも勉強する環境でしょうか?
何時までには帰ってくる~など遊びにや友達の家に行くとは思います
しかし、家に帰って宿題、宿題と言っても中々やらないのが現実でしょうか。
勉強をしている場所、部屋、環境も大事だと思います
1人で集中して出来るでしょうか?面と向かって机で・・・
小学生のお子さんで1人でと学力は分りませんが
分る所だけやる、分からない所は教えて貰う
勉強会で「理解」して解くのが一番大事だと思いますが
どうしても「写す」と言うのが結果合理的と言えばそうなんですが・・・

毎日言っても本人さんも大変だと思います。
宿題宿題と・・・しかしやらないと終わらない
出来ていないでは済まされない・・・

当たり触りが軽く徐々に言うのはどうでしょうか?
もしくは助言のみである程度把握して
手伝ってあげるなど。
大変だと思いますが頑張ってください。
言える様な立場ではありませんが。。

ありがとうポイント

意見が参考になるかは分かりませんが・・・。

私は子供がいるわけではないので、子供の頃の経験をもとに。
まず、カウントダウンというやり方はオススメできないです。こういうやり方は逆効果だと思います。
宿題は何が残っているかが問題です。感想文や計算の問題集なのか。絵や自由研究、工作なのか。本人が得意なものならば、特に声をかける必要はないのでは。

自身の経験上、感想文や絵とか工作は苦手で、ほとんど親のアドバイスだとか、手伝ってもらったりとかでした。それなんかは時間の制限ではなく、たとえば父親の帰宅後の夜だとか(工作はそのパターンで)。
自由研究は中学3年の時は友達と共同研究といって、半分は友達の家に遊びに行っていたんですが。
それでも、小学校の時は終わらなくて、始業式の日もしていた事もありました。

この時期で残っているというならば、たとえば残り1週間でどの位終わっているかでしょうね。
でも、どうしても間に合わないと子供さんが判断していたら、残り日数がどれ位であっても、周囲に頼ってくると思いますから。その時にどれだけ手助けするかではと。
ただ、周囲が手助けするにしても、都合もありますから。事前に「この日が空いているから」と言っておくのも一つの対策かも。