50 pt
解決済み

再び原発について

困り度:Level1

かっちゃんかずのこ

私がこれから質問する事は、これからの日本にとって大変重要な事柄です。
P.Cで寛いでいらっしゃる方々には申し訳ないのですが、今私が一番関心がある事なので是非お答え下さるよう宜しくお願い致します。

昨年の東日本大震災は私達、特に東北の方々にとって大きな傷を残し、未だそれが癒える事はありません。
これからも、いいえ一生消えない事でしょう。
でも敢えて言うなら、私達にその出来事が残した良い点は「自然の力の前には人の力が無力である事」、そして「原発について如何に情報の開示がなされていなかったかという事」です。

今六ヶ所村にはガラスで固められた高レベル放射性廃棄物が2000本近く貯蔵され、そして各原子力発電所には25000本相当の使用済み燃料があると言われています。
先日のNHKスペシャルでも放送していましたが、これ等を処理するには地下300mに埋めるのが最良の方法とか、しかしその候補地として名乗る自治体等が皆無であるのが現状だそうです。
そりゃそうでしょう、敢えて危険と分かっていて自分の近くに待ってきて良いなどと誰も思う筈がないでしょう。
これをエゴとは決して言えません。自分の身は自分で守るのが生き延びる術ですから。
そのような危険やリスクを今迄の日本政府は札束を見せて釣っていた訳です。
しかし今回の大震災で、金では買えぬ尊いものがある事に私達は改めて気づかされたのです。

今あるある放射性廃棄物をどうすべきか、そしてこれから原子力発電を続けてく限り廃棄物は永遠に出続けると言う事、ガラス固体の放射性物資質のレベルが低下するのは100万年もかかると言う事、等々想像外の事でした。私達はここ2、30年の事を知りたいのです。
いったい私達はなにをすれば良いのでしょう。
まだまだ良い足りないのですが、今の原子力発電等について、地震国である日本での地層処分について等々、忌憚ない御意見をお聞かせくだされば幸いです。


終了後のコメント

今日は日は東日本大震災から2年目の日です。
改めて自然の驚異を考えさせられるこの頃です。今見ても地震、津波の恐ろしさにはただただ恐怖の気持ちが募るばかりです。
そして原発事故・・・これは人災としかいいようがありません。


原発反対ではありますが今ある高レベル放射能廃棄物を何とかしなければならないこと、そしてこれ以上それを増やさない事の二つが大きな課題だと思います。
大変難しい問題ではありますが、何とか解決してほしいものです。私個人の力ではどうする事も出来ません。
こうして考えを発信するのが精一杯です。

皆さん貴重な御意見有難う御座いました。

10pt獲得

ありがとうポイント

北海道のある核廃棄物処分場

私は北海道にあるH町の核廃棄物処分場からそう離れていない地域に住んでいます。現在、急ピッチで処分場の拡張を行った結果だと思いますが、地下で事故(地下水関係)が起こるなど、目先の処理だけを急ぎ、その先のことを考えない時代に逆戻りしてしまいました。これが違う形で起こったとなると、人口は少ないとはいえ、私たちの住み慣れた土地も人為的なミスで住めなくなってしまうことは必然です。H町も原発のある町村と同じように、現在の、いえ当時の政党の政策により札束でという形でしょうか。私はH町に住んでいないですが、事故が起きたら確実に影響が出る場所に住んでいるにもかかわらず、何も情報が来ません、国家機密なのはわかりますが、人が安心して住めないというのは大問題だと思います、どこが民主的なのか疑問です。原発のおかれた隣接の市町村も同じだと思いますが、重要なことがつかめず、不安が広がった結果が今の問題の中にもあると思います。何もかもが闇の中で決まり、国民は選挙だけが権利で、その後、4年間は主義主張は何も出来ずに粛々と決められていくものに従うというのはそろそろ時代外れな気がします。また、人口的に都会だけ選挙運動すれば当選するというので、ほぼ、田舎の主張は反映されず、このように廃棄場を建設し、それでなんとかしろという状況が生まれるのです。この廃棄場が国会議事堂の地下に建設されたらどうでしょうか?自分たちで立案したもの、大丈夫というならそれくらいの気持ちでやってほしいと思います。何が安全なのか、こうやって事故が起きてから行動する、それをだらしないとなじる、そういう時代は終わり、きちんとした立案、万が一の対策を処置していかなければ、私たちのこの豊かで大切な日本、いや、地球全体が宇宙戦艦ヤマトの第1話の地球のような状態になってしまうのではないでしょうか?イスカンダルが本当にあるとは思いません。だから、未然に防ぐことが重要だと思います。こういうことがあると話題をすり替える、踊らされるマスコミにも問題があります。こういう時代だからこそ、国民一人一人がきちんとした行動を取らねばならないと思います。日本人の一番良いところは、周りを思いやる心があると思います。かつての日本の教育、家庭でもそれが一番でした。それが失われています。何とかしていきたいですね。自分だけが良ければいい、そうではないと言うことを・・・・。

返 信 私はこの問題を皆さんに問いかけてみて、帰ってきた言葉の数々に大変感動しています。
私達の心底には日本を愛する気持ちが、そして人間としてお互いを思いやる気持ちも満ち溢れています。

「原発反対」と言うのは簡単ですが現実問題としては不可能だというのが多数の意見でしょうが、でも、でも反対です。

高レベル放射性廃棄物が日増しに増えていきあその処分も決まらぬのに何で「再稼働」するのでしょうか。日本が今の状態よりもっと酷い事になるかもしれません。
そうなってからでは遅過ぎます。

ゲーリーさんの仰る通り国会議事堂の下に「核燃料廃棄物」を埋める・・・これは名案ですね。
ご回答有難う御座いました。
みんなの回答をチェックしてみよう!
30件中 1~20件

前の20件へ 次の20件へ

ありがとうポイント

福島第一原発だけが危険ではありません

今まで、電力会社や政治家そして(御用)学者が原発は安全です等と言っていて
あのていたらく。
震災から2年経っても福島第一原発の問題は解決できていない。
「放射能汚染」の他にも、住み慣れた土地を追われた地域の人々が大変な苦労をしいられた生活をなさっている現状。

日本中にある他の原発にしても
いつ福島第一原発のように我々に牙を向いてくるのか解らないし
昔のように無条件に「原発賛成」とは、到底思えないです。

ありがとうポイント

同感(北海道のある核廃棄物処分場さんの意見)

自分さえ良ければ・・
この危険な発想の蔓延~若者の過半数、大人も多くなった・・・
ちょっとしたことに注意する
  「親」「近所の名士(役員)」「学校の先生」「警察」等々
この人達すべての
  「強い言葉までもが暴力」~悪い子への熱血先生の教育だけでない・・
すべて、
  「マスコミの煽り」でしにくく
なっている。
 核問題も、
  マスコミによる「勝手な情報の取捨選択」
が、政府の秘密主義だけでなく、問題の根底にあると思う、という意見も同感さんに
付け加えた意見で・・

ありがとうポイント

原発賛成派です

原発反対派の方が多い中、私は現状であれば、原発は賛成派です。というのも、もう、建ててしまって、そこに放射性物質がある、というのが現状。これを今、停めたからと言ってすぐに安全らになる訳じゃないですよね。原発をとめても、そこに「原発」の建物があって、「放射性物質」がある現状は変わらない。たとえ、原発が稼働していなくても、稼働していても、地震がおこって津波が来たら同じような被害が起きますよね。それだったら、もう、どうせだったら動かして、原発を有効活用するしかないと思います。原発反対派の人たちは、「原発停めろ」というけれど、停めたからと言って、すぐに原発が安全な物になる訳じゃないですよね。そこにある、放射性物質などはどうふう風に処理するつもりなんでしょうか?それに、停めていても、万が一、原発にミサイルがオトされたりしたら被害は、同じ事ですよ。どうせあるのだったら、有効活用したらいい…と思いますので、原発を動かしたらいい。と思います。
でも、これから、原発を新たに建てていくのには反対です。危険な建物を、これ以上増築すべきではない、と思います。

返 信 今ある原発を無くせばばミサイルに攻撃されても大丈夫、という簡単な問題ではないのですが、基本的に言えばそういう事でしょう?。

原発によって出来る高レベル放射性廃棄物はそれが安全な物体になるまで10万年以上かかるのですよ!。
遥か遠い未来に(地球が存在するかどうかも分かりませんが)勝手にしろとばかりの行動は如何なのもでしょう。
私は3月11日までこの提案をしてみようと思っています。

自然には逆らえない事、そして人間のやる事に100%絶対確実、という事はないという事、人間はもっと謙虚に生きる事が大事だと思います。
ご回答有難う御座いました。
ありがとうポイント

再び原発について

まもなくあの大震災から2年になろうとしています、埼玉県に住んでいる私でも当日のことを振り返ると身震いがしてきます。自宅に居て早い段階で情報が入ってこなかったので何が起こったのかとても不安に感じました。ラジオからの情報で東北地方を中心にとてつもない被害が発生しているとの事、そして暫くしてテレビでも現地の状況を報道し始めていましたが、当局の混乱振りや現状把握にこちらとしても、やきもきとした気分でした。電気も停電したままで、幸いにも日中ということもありその点での不安はあまり感じませんでした。其の後、福島原発で起こったことを知り言いようの無いショックを受けました。東電のこれまでの対応、原発で事故後の対応に追われている従業員、そしていまだに避難生活を余儀なくされている住民のことを考えると、二度と起きて欲しくない起してはいけないと思います。そう考えると地震大国日本にとって原発はあまりにもリスクの多いものと言えるでしょう。今後の電力供給の対策を自民党だけに委ねるのは将来的に不安です。全ての日本国民がこの難題に真正面から立ち向かい、知恵のある対策をたてていくことに期待したいです。

返 信 私達は今どのようにすればいいのでしょか。
原発反対というと「今更原発のない暮らしなんて」、「原発の代わりに何を燃料にすればいいのか」、「今更昔の生活には戻れない」等の言葉が返ってきますが果たして本当にそうでしょうか。

残すべきものは残し、省略すべき処は省略すのは可能だと思います。
現状に甘んじてやらないだけではないではないでしょうか。

今、高レベル放射性廃棄物を早く解決しなければならないものの、今だ解決の目途は立っていません。
今更40数年前の原発始動をとやかく言いませんが現状をどうするかが今の日本の大きな課題です。もうこれ以上高レベル廃棄物は増やさない事です。
ご回答有難う御座いました。
ありがとうポイント

もはや、再稼動は自殺行為だと思います。

福島魚セシウム5100倍!
この事実を突きつけられても再稼動を進める「政府」は人殺し集団だと思います。

福島原発港内の魚、セシウム規制値の5100倍
読売新聞 2月28日(木)18時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-0000109..
東京電力は28日、福島第一原発の港湾内で2月17日に捕獲したアイナメから、1キロ・グラムあたり51万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

 国の規制値(100ベクレル)の5100倍に相当し、原発事故後、魚介類で最も高い値。これまでの最高値は、昨年12月20日に同じ港湾内でとれたムラソイの25万4000ベクレルだった。

 東電は、港湾の外に魚が流出しないよう海中に網を設置したり、湾内の魚を捕獲したりする作業を進めている。

返 信 とらねこさんの仰るとおりですね。
再稼働は自殺行為です。日本のトップが東電その他を擁護するような態度は許せません。
でも何をどうすればよいのか・・・戸惑うばかりです。

ご回答有難う御座いました。
ありがとうポイント

原発は駄目だ

何時事故が起きるかわからないことや安価な発電方法が無いことが必要悪となっている。一端事故が起きるとその被害額は無限に近い額になる。政府や電力会社はこの事を考えていない。日本のような火山国で地震多発国は原発を禁じるべきだ。

ありがとうポイント

自然のエネルギーしかないですね。

太陽、風の力を借りるしかないと思います。放射能廃棄物処理施設とかイって、地下300mで地質調査といって北海道の手塩地区付近を掘っているようですが、先日地下水が大量に流れたそうです。事故はつき物です。
  最後は、自然の力です。

ありがとうポイント

くさいものにはふた

3・11の日は二女の卒業式、そして丁度その1年前に夫の父が亡くなった命日でもありました。
私はあの日の衝撃を一生引きずるでしょう。
北海道在住なので、深刻な被害は実質的にはないんです。
ただ原発事故の進展で仕事も手につかず、真剣にパスポートを申請して、韓国あたりに逃げようと思ってました。
放射能の怖さは全く目に見えないところにあります。
それまでは国産の食材にこだわってましたが、大変申し訳ないことに
いまは東北のものは一切避けさせていただいています。
私はよくても、我が家には結婚前の娘がふたりおりますので将来子供を持つことを
考えるとどうしても口に入れるものには神経質になってしまいます。

今回の大震災は、私達にいろんな気づきを与えてくれました、皮肉なことに。
私自身、日本のテクノロジーはある程度の水準に達しているので
チェルノブイリやスリーマイルのような事故は起こらないと過信していました。
「地震」を忘れてましたね、こないだもロシアで隕石騒ぎがありましたが、
自然災害はいつ起こるかわからない上絶対に人間には防ぎようがないんですよね
原発を持つ地域、電力会社、政治家、開発メーカー、原子力研究者
これらは震災前非常にうまく手を取り合って莫大なお金が回っていたわけです。
だからいまなお、原発を推進しようとやっきになっている勢力がいるわけです。
すべては「金」ですよ。
漏れてしまった放射能はもうどうすることも出来ないし、核のゴミを処理することは
現在の地球の科学では不可能です。
負の遺産をあとの人類に託そうとしてるとしか思えません。
原発推進者の「どうせ影響及ぶ前に自分は死んでるからいいや」というつぶやきが聞こえてきそうです。
北海道ではいま、水力や地熱、牛糞を利用したメタンガス、などの開発が進んでいます。東芝では放射能除去ロボが今夏にも実用化されるみたいです。
今まで原発建設、維持、稼働にかけていたお金をそういった開発にまわせばいろんな事ができるはずです。
利害が絡むのでこれが正解というのは言えません。

私としては市民レベルでできること、署名活動や自治体、電力会社への訴え、節電、いま出来ることからコツコツとやっていくしかありません。
ひとりひとりの力は小さくても、1億集まれば何かが変わるかもしれない、そう信じたいです。
長くなってごめんなさい。

返 信 ナツキさん
ご回答有難う御座いました。
貴女の仰る通り、私達の非力さを思い知らされる今日この頃です。

今夜もTBSでフインランドの放射性廃棄物問題を取り上げていましたが、原子力関係と地質を調査を調査する側との癒着のような事があり原子力業者の言いなりになるしかないようです。
市長でさえ原子力関係の税金で潤っていると笑って発言している有様です。

私達に出来る事,小さな事でも良い、身近な事を地道に続けていくしかないのでしょうね。
それにしても今日運び込まれた「高レベル放射性廃棄物」加えて2千本以上(実数3万本近く)どう処分するのでしょうか・・・。
ありがとうポイント

何をどう言っても

結局のところ原子力に頼って電気を使っている人間は原子力に対して云々言うことはできないと思うし、原子力発電所を引き受けたときに国から相当のお金が支払われ潤った人たちも何も言うことはできないと思います
原発はいらないとデモ行進をしても、それにかわる発電のシステムが考案されない限りもしくはこれで発電しようという代案が示されない限り、この電気が必要な世の中は変わりようがありません

地熱発電 雷を利用した発電は以前から研究されているようですが、きっと自然は私たちの思い通りにはなりませんね

そもそも広島長崎に原爆が投下されたことしかり、チェルノブイリの時にこの危険性には警鐘が鳴らされていたのに、それに無関心でいた私たちにも責任はあると思います

原爆投下された地区に住んでいた人たちとその子孫の人たちがどんな迫害にあったか…それを知らずにいる人が多すぎます

ごみ焼却所、焼き場の建設についても、自分たちの必ず使うにもかかわらず
嫌なものは自分より遠くに、そういった考え方でやってきた日本人すべてに責任があります

今できることはソーラーパネルを屋根に取り付け、節約に励むことそれしかないかも

二酸化炭素は排出、オゾンホール拡大、温暖化、化石燃料枯渇
すべては人間がおこしたことで、危険は放射能汚染だけではとどまりません
確実に終末に近づいていると言えるでしょう

子どもたちに地球を残したいと思うなら今地球で生活するすべての人が真摯に考える必要があるのだと思います



返 信 どんな事件が起きても自分には関係ない、何故なら自分は何事もなく暮らしていられるのだから、というのが一般人の考えでしょう。
狭い日本でさえ数百キロ離れたところで起きた事は関係ないのですから。
わが身に降りかかって初めて真剣に考えるのです。
それが普通でしょうね。核燃料の廃棄物でも自分の所へは持ってくるな、他なら良いではエゴそのものです。
しかしそれをどうして攻められましょうか。自分の身は自分でしか守れません。
国も誰も助けてくれませんから。

高レベル放射性廃棄物は現実に3万本近くある訳です。当面の緊急課題はそれをどうするかですね。
どうすればよいのでしょうか。

ご回答有難う御座いました。
ありがとうポイント

そもそも考えが甘すぎたと思います

rau

被爆地に住んでいます。
日本は原子力の恐ろしさを身をもって知っているはずなのに、核エネルギーを発電エネルギーとして利用できる、科学の力で何でも解決できるという奢り自体がそもそも考えが甘すぎだと思います。コストパフォーマンスが良かろうが悪かろうが、使用済みの燃料が出ることは原子力発電を行う前からわかっていたと思うのです。
科学の力だけではどうしようもないこともあると思うのです。

散々電気の恩恵を受けた身分で何を今更なのでしょうけれど、生活の豊かさ=電化製品の多さではないことに気づくべきだと思います。
現実問題として、快適さに慣れた生活から昔のように戻れとは言いませんが、私たちの出来ることといえば電力は無限ではないことを理解し、今ある核のゴミの対処方法を研究者たちが考え出すまで、なるべく原子力を動かさないでいること、原子力に頼らない電気量で済むように生活を見直すことだと思います。
機械化に変わってしまった工場に人間を戻すことは人件費はかかりますが仕事できる人が増えますし、家庭の購買意欲も上がるかもしれません。
小さいことですが、何もやらないよりはマシだと思います。

返 信 rauさん
ご回答有難う御座いました。
貴方の仰る通り快適さに慣れてしまった私達ですが、果たして本当に昔(曖昧ですが)に戻れないのでしょうか。いいえ、戻れる筈です。
結構人間は「郷に入れば郷に従う」事が出来るものです。

全てとは言いませんが日本人の特有の応用力を発揮して、何か出来ると思うのです。
科学とは人間の自然に生きる事への反逆とも言えます。
そして人間のすることに100%完璧はありえないというのも真実だと思います。
「三人寄れば文殊の知恵」ではないけれど、小さな力しかない私達ですが、このようなところで意見を述べ合う事もとても重要な事だと思いますよ。

結論

個人的には、ドライキャスクなどに封じ込めて、管理できる地中(廃坑跡など)で、保管する方法が良いと思っています。 ドライキャスクは、空冷式の保管容器なので、プール保管の様な冷却水切れの心配もありません。 子や孫など、顔の見える子孫の世代には、申し訳ないですが、管理に協力をお願いしたいと思います。
http://goo.gl/2ccAE

同時に、オメガ計画の様な、使用済み核燃料の処分方法の研究などは、今後も続けるべきだと思います。 日本に限らず、世界各国が使用済み核燃料の処分方法には頭を悩ませています。 この技術があれば、日本にある物を全て処分した後も、世界中でその技術を生かせるでしょう。 場合によっては、核兵器の処分方法にも技術転用できるかもしれません。 そうなれば、世界から核兵器をなくす大きな原動力にもなります。 世の中には、核関係の技術開発は全て中止して、その予算を自然エネルギー関係の開発に全額振り向けろ・・というヒステリックな意見もありますが、技術開発の中身をよく吟味して検討すべきだと思います。
http://goo.gl/UxbyR

政府方針に対する考え

そして、私の考えですが、地中深くに埋めてしまう政府方針には、賛成できません。

理由は2つ。

1つ目の理由は、地球の表面は常に動いているものだからです。

もちろん、原発建屋の屋根・壁とプールの水だけが遮蔽物というあまりにお粗末な保管状況よりはマシだとは思います。 今の状況では、下手すればテロリストの手榴弾1発で、その地域を放射線まみれに出来るワケですから。

ただ、エベレストで貝の化石が見つかるように、地球の表面は長期的にはすごく動いています。 ご存知の通り、日本付近はその動きの激しい地域のひとつです。 そんな激しく動く地表の中に埋めても、長い年月の後には、地上に出てきてしまう可能性は高いと思います。

数十年、数百年間地中にあるうちに無害化して、その後地上に出てきても問題にならない物ならこの方法もアリだとは思いますが、放射性物質の中には半減期が数万年もかかる物もあります。 子や孫の世代へ安全な環境を残す事は大事ですが、同時にそれよりずっと先の世代にも気を配った政策が必要であろうと思います。 地中に埋めて、後は野となれ山となれ・・では無責任だと思います。


2つ目の理由は、技術は常に進歩するものだからです。

現時点では、放射性廃棄物は、非常に困った物質です。 しかし、あと数十年後、数百年後には役立つ物質になるかもしれません。 例えば、ガソリンや天然ガスを縄文時代の人が手に入れても、困った物質にしかならないと思います。 何故なら、現代人はエンジンやガスボンベ・ガスコンロの様な道具を使って、上手にそれらの物質を利用する事ができますが、縄文時代にはそんな物はありませんので、すぐに燃え上がる危険な物でしか無いからです。 それと同じです。

現在の我々の技術レベルでは、上手に取り扱う事ができないけれど、未来の世代なら上手に扱う事ができるかもしれません。 ならば、地球上には有限かつ微量しか存在しない貴重な放射性物質は、大事に保管すべきだと思うからです。

ありがとうポイント

なにを今更

という感じです。
放射性物質の放射線が衰退するには100万年かかる。なんてずーっと以前から言われている事。だから海洋投棄をしているんでしょ?
ドラム缶に詰めてセメントで固めて。それが海中で劣化するなんて目に見えてるのに科学者も政府も知らんぷり。原子力エネルギーはクリーンだ、なんてウソついて。
今の原発推進をして来たのは自民党と経済産業省の癒着からです。民主党が原子力規制委員会を発足させたのにも関わらず、政権交代でまたも原子力推進に向かっています。それは原発を作る日立、東芝、また原発に関係する人や金の経済効果を期待する地元住民。それらが深く関わっている事に違いありません。
今回の事故は悲しく、また我々に大きな教訓を残したにも関わらず政府と電力会社の隠蔽により正確な情報は開示されず、恐らくこのまま福島は何十年に渡って陸の孤島となるでしょう。
ウソつき民主党が「クリーンエネルギーの創出」をうたったように、その実現に向けて国民が声を上げるとともに節電にはげむしかないでしょう。

返 信 うんたんさん

なにを今更といっても、嘘やごまかしの少ない情報しか得られない私達は高レベル放射性廃棄物の存在さえ知らない、という方が大勢いるのですよ。

私は少し勉強したのですが、今は廃棄物に触ると20秒で死に至るそうです。
そしてこれが安全だろうといわれるまでには100万年かかるとか。
何処からはじきだした数字なのさっぱり分かりません。

そんなはるか遠い未来の事等知らなくてもいいのです。
それより今と少し先の事が知りたいし、解決していかなければならない事が山ほどあると思いませんか。それを政治家に言ってもだめか・・・。
貴重な御意見有難う御座いました。

まずは現状認識から

まずは、日本の現状がどうなっているのかを、軽くおさらいしたいと思います。

原発は、よく ”トイレの無いマンション” に例えられますよね。 でも、個人的には、トイレが無い・・ではなく、浄化槽の無いマンションの方が、例えとしては適切な気がします。 当然、使用済み核燃料が例えられる物は、住人が出した便や尿です。 原発はトイレに例えられます。 現在の状況は、住人がトイレを使って便器内に溜まった排泄物は、一時的にポリタンクなどに移し、トイレの角に置いてある状態。 そして、そのポリタンクがどんどん増え、あと数年で置き場所が無くなってきてしまった状態です。

当初の計画では、この置き場所が無くなる前に、核燃料サイクルを立ち上げ、溜まった使用済み核燃料をリサイクルするつもりだったのですよね。 トイレの例で言えば、人間の排泄物を肥料に変える工場を作れば、排泄物→肥料→野菜・果物→人が食べる→排泄物 というサイクルが出来上がる・・という計画です。 しかし、原発の場合、このサイクルの肝になる、青森県六ヶ所村の再処理工場(肥料工場)が、うまく立ち上がらず、当初もくろんでいたサイクルが未だに回らずにいる状態。

なので、今後一切の原発の稼動を行わなくても、日本全国の原発には今まで出た使用済み核燃料(排泄物)が、沢山溜まっているワケですね。 福島第一原発の場合、4号機がこの状態でした。 4号機は点検中のため、炉心に核燃料は入っていませんでしたが、原子炉建屋の一部に作られた核燃料プール(ポリタンク)に、それまで使った大量の使用済み核燃料が置かれていたワケです。

要するに、現在日本の稼動していない原発は、この4号機と同じような状態になっており、発電してないから安全・・という事は全く無い状態なのです。 使用済み核燃料は、常に熱を発しているので、水に浸ける等何らかの方法で冷し続けないと、メルトダウンを起し周囲に大量の放射性物質を撒き散らします。

この使用済み核燃料の処分をどうするか・・という事の目処が立たずに、問題になっているワケですよね。 そして、政府は基本方針として、この使用済み核燃料をどこかの地中深くに埋めてしまおう・・と考え、その候補地を探しているが見つからない・・という状況ですよね。

ありがとうポイント

気がついた

退会ユーザ

今回の東日本大震災で私たちは原子力発電というものを考えるきっかけになったのではないでしょうか。

この地震がなかったら私たちは原発のことを未だに安全なものとして思っていたでしょう。

これを機に発電の経済性と安全性の両立をどうするのか考えることにしましょう。

ありがとうポイント

どうにもしようがない

坂を転がり落ちる石は止まることがないように進み続けるんじゃないかなと思う。

3.11が起こる前テレビでは原発推進のCMがそれは頻繁に流れていた
漠然とほんとに大丈夫なのかな?こんなに進めているけどと思っていた時にあの震災が起きた。

原発がなければ、原発がある自治体やその周辺の町にもお金が落ちなくなりすたれるのはわかりきっている。だから無理にでも止めることができずにいる。

ただし、自然災害はまっちゃくれない。
3.11のような地震、津波がまた同じような規模で起きないとは限らない。
うちの近くは女川原発がありもし福島と同じようなことが起こっていたとすれば間違いなく家には帰ることができなくなる。
だが、お偉いさん方はあの震災でも女川は大丈夫だったんだからというが本当は女川だって首の皮一枚でつながっていたようなもんでしかないことに目をそむけている。怖いと思ったとしてもそこで生まれ育ち生きていくしかないのだから。
それに先日のロシアの隕石のようなことが起こらないとは限らない。もしもっと大きな規模の隕石が原発の真上に落ちたとしたら?3.11なんて比べ物にならないんじゃないかと思う。

処理するところまですべて考えて原子力発電所は作っちゃいない。
とりあえず作ってあとはつじつま合わせして何とかしちゃえとしか思っていない。
誰かが何とかしてくれるだろうってことしか考えちゃいないんじゃないかな。
半減期とかが長すぎるし…生きている間にどうこうできるような代物じゃなかったんですよね…

それでも人間は間違いを犯しながら生き続けていくしかないんでしょうね。

ぜんぜんなんかまとまんなくてごめんなさい

ありがとうポイント

原発に反対し続けた東電の古い株主として

退会ユーザ

私は半世紀も前から東電の株主で当初から原発に反対してきました。ウソで塗り固めた安全神話は福島の事故で明らかでしょうから、ここでは繰り返しません。発電コストが安いというウソを信じている人がいるかも知れません。しかし原発を誘致した市町村に支払われた膨大な金はわれわれの税金と電気代なのです。さらに廃棄物処理に膨大な税金が投入され今後も今まで以上に投入されようとしているのです。本来の電気料金のかなりの部分が税金に転嫁されているのです。また原発はCO2を出さないというのもウソです。原発の建設(港も含む)に膨大な石油が使われるなど発電までに多量のCO2を出します。さらにウランの探鉱・精錬に多量の石油を使いCO2を大量に発生させているのです。
にもかかわらず原発推進の動きがやまないのは、原発によって儲ける多くの企業があることが一つの背景になっています。原発で使う水道のバルブは内部に亀裂がないかどうか超音波で検査しただけで数十万円もするのです。さらに一部のジャーナリストが言っているように原発があれば核武装が容易なのです。自民党や維新に核武装を辞せずと主張する人たちが増えていることに深い憂慮を抱かざるを得ません。しかもその人たちが原発推進論者なのです。私は原発に反対することと原爆に反対することとは同じことだと思っています。

ご返信、ありがとうございました!

かっちゃんかずのこsanの難病が余り進行もせず、少しずつですが改善されているような気がしていらっしゃるとの事。

嬉しいお知らせを書いて頂き、心に響きました。そして思わず、回答じゃないけど、ご返信のお礼として、また書いてます!
これ以上進行せず、生活への支障が少なく過ごせるようにと思ってます。

情報開示について共感して頂き、ありがとうございました!

「何でも隠したがる日本人」→何事もメリットもデメリットもあると思って
ます。人によっては、メリットがデメリットだと感じる事もあると思います。その逆もありだと思います。原発反対と維持の両方の意見があるのは十人十色だからこそだと。
でも、結果的に死傷者多数の大きなデメリットだった事、「想定以上の(天災による)被害になる事を知らなかった事実」を隠したがる気持ちは分りますが、未だに嘘の発表をする東電は何なんでしょうね。

何も知らないから、何も出来ないし、考えないのです。→超同感!!!
「無知ほど人を傷つける」場合が多いと思ってます。
少しずつしか知る事出来ないし、知ったところで実行するとなると更に少しずつです。でも、それでも、まず知って受け入れるところから始めないとです。それが、→日本人として共有の意識を持ち連帯感を深める事が今求められている気がします。←だと思いました。

フランスが実行したという海底に埋めたというニュースを、毎日のように流して欲しいもんです。どんな調査をしたのか。どんなメリットとデメリットがあって実行したのか。調査〜現在もきっとかかっている費用についても毎日知りたいです。フランスと日本じゃ海底プレートやら何やら違うけど、実践した人達から学び、自分たちで応用するのが1番です。

では、お互い快癒できるよう、快癒は望めない病だとしても、上手に病と付き合って過ごせる方法が沢山見つかりますよーに♪

返 信 K-coさん
こちらこそ嬉しい便り頂きまして有難う御座います。
お互いにこのような病いを持ったのも運命ですが、余りそれに拘らず、共に人生を送る積りでいます。

皆さんご存知のように日本の大震災、原発事故は日本のみならず世界中に大きな衝撃を与えました。
アメリカではほぼ決まっていた地層処分が大統領の「NO」の一言で中止の方向に、そしてイギリスもある市長がOKしたのに住民の反対で中止、と世界中が中止検討中である中、スウエーデンが最も進んでいるようです。
K-coさんの仰る通りフランスや各国の処分状況、その詳細な情報を知る権利があります。私達国民の問題ですから。
ありがとうポイント

これからどうするか、いつやるのか?今でしょう

想定外の津波、地震
災害が来て現実と思えない
あの光景誰もが忘れられないでしょう

しかし

今だ嘗て対策も何もされてない
「何がが起きてから対応する」
それが今の日本の現実です

高速道路の天井にしろ
何か事件や事故が起きてから
法律が決まり、対応したり対処したり
何もかもが後手になっています
そんな事では繰り返すだけ

原発も想定内以上の防波堤
安全な作業環境、人員の配給
ストレステスト等のメンタル面

そして廃棄にいたっては遅すぎます

外国では災害の少ない地域に
専門の設備、人員が常時居たり
この先何十年使っても
安全、安心が第一の環境風景が取材でされていました

安全管理いつやるの?今でしょう

未だに何もされていなく稼動し続ける
使ってから廃棄にいたっては
何も確実的な処理方法も明確にしていない

しかし反発しても代用、代わりとなる資源エネルギーも無い

>先日のNHKスペシャルでも放送していましたが

問題点、追求、解析、説明も踏まえて
NHKさんはやっているだけだと思います
NHKさんはxxxもあるらしいですからね。

TVや情報に惑われてはいけません

「実際に興味があるのであれば原発が稼動している地域の
 近隣施設等に行ってみたり、近隣住民に聞いてみてください」

まだエネルギー問題に関して興味があるだけで良いと思います

返 信 高レベル放射性廃棄物については皆さんが思う以上に深刻だと思います。
関連のサイトを見れば分かると思います。

   *原子力発電環境整備機構
   *環境庁             
等のホームページを参考にして下さい。
これとて正しい「情報の開示」がなされているか分かりませんが。
事ほど左様に政府機関関係には疑いの目で見てしまうのは仕方ないですね。

NHKは公平な立場で放送するのが原則ですので仕方ないとは思いますよ。

ご回答有難う御座いました。

原発に対して

安全だとだましつずけたうそつきやがって発電!なんかやめてしまえ。