解決済み

自民、民主党のリベンジについて

困り度:困ってます

退会ユーザ

自民党と民主党の選挙公約を信じてリベンジをさせても良いですか?

終了後のコメント

たくさんの回答ありがとうございました。

自民・民主党の新たな公約を信じて

第三極と同じ土俵にあげるには

しっかり政党と候補者の考えにズレや矛盾がないかをみて

かわりのマイナス面も含めて具体的に実現できる政策かどうか。

しっかりと詮索してみたいと思います。

これまでの経験を生かして

国民に耳障りのよい公約(政党)には

安易な投票をさけ、

投票した責任のとれる選出をしなければなりません。

ありがとうポイント

難しいですね

選挙公約が必ず守れるか判断するのが難しいですよね。

1、具体的な政策を書いているか。
2、良いことだけでなくマイナス面も公約で説明しているか。
3、地域に立候補した候補者と政党の考え方にズレや矛盾することはないか。

この3つを基準に私は判断したいと思います。

みんなの回答をチェックしてみよう!
18件中 1~18件

前の20件へ 次の20件へ

日本国民

退会ユーザ

馬鹿は馬鹿を信用する。
馬鹿は馬鹿に投票する。

ありがとうポイント

自民、民主党のリベンジについて

あまり意味がない。もっとしっかり国民目線で頑張る政党はないものか?他の政党もみんな足の引っ張り合いで、税金の無駄づかい。なんとかしろ!

ありがとうポイント

私は。

結局、国民のためにと言って自分たちのことしかかんがえてないことに腹が立ちます。
外国の人が笑ってますよ。
最低な国だと。。。
はやく、いい国にしてほしいものです。
本当日本人としてなさけない

ありがとうポイント

うーん

これこそ、帯に短しタスキに長しですね。
かといって左寄りの政党や、
前東京都知事と大阪市長のコンビに政治は任せたくありませんが・・・

ありがとうポイント

自民、民主党のリベンジについて

どっちにしてもダメ、もっと国民の立場に立って優しい政治ができなければ。

ありがとうポイント

両党とも信用しないのが一番でしょ?

今まで両党に裏切られて来て、さらに何を期待してるんですか?

ありがとうポイント

自民にも民主にも投票しません

質問者さんの「リベンジさせる・・」が、具体的にどんな事を言っているのか良く分からないのですが、いずれにせよ、私は自民にも民主にも投票するつもりはありません。

民主党は、いろんな党が合併を繰り返して大きくなった政党だから、基本的な考え方が右から左までいて、まとまってません。 個別の主張を聞いてみると、どう考えても自民党の方がフィットしてる人も多いです。 そんな状態だから、いまだに党の綱領も無いまま。 要するに元祖野合・・というか烏合の衆の集まりですね。 選挙互助会党と言うのが正しい姿に見えます。

自民党も長年与党だったので、利権屋だらけです。 3年前の選挙の惨敗で反省して、60歳以上の国会議員は全員クビにする・・といった大胆な改革でもやっていれば投票したと思いますが、結局何も変わってません。 次の選挙で自民党が与党になれば、きっとすぐにボロが出て、早ければ来年の参議院選挙で再度惨敗する可能性だってあります。

結局自民党は、経団連などの利権を守る事が一番大事だし、民主党は自治労や日教組や民団の利権を守るのが一番大事なのです。 どちらの政党も、国全体の事なんて考えていない人ばかりです。

当然、特定の宗教の色が強い政党もダメです。 その宗教のボスの言う事が一番大事であり、国民の声は一番じゃないですから。 

まだ私の住む地域の立候補者が分からないので、どこ・誰に投票するかは未定ですが、こういった感じで投票しない党を消してゆくと、結局第3極と言われている所のどこかになりそうです。 まぁ、小沢党は有り得ませんが・・。

いくらなんでも野田さんだって、次の選挙で民主党が第1党になれるとは思ってないと思います。 となれば、次の政権の連立の中に入る考えなのでしょう。 そして、その相手は自民党を狙っているのだと思います。 いわゆる大連立。 そんな事になれば、財務省の官僚などはウハウハ大喜びですね。 震災復興予算が、沖縄で使われている・・なんて話がありますが、そんな事がどんどん進むのでしょうね。 そして、その予算が流れる先には、天下り先が見え隠れしているのでしょう。 当然、そんな事をしてれば国の予算はまた足らなくなり、増税 → 景気後退 → 一般国民の給料の低下・・・という方向にまっしぐらです。

そんな方向へ国が進むのを望む人は、自民党でも民主党でも投票すれば良いと思います。

返 信 コメントありがとうございました。

前述にもかかせていただいておりますが、

リベンジとは、
政権を取る取らないという事ではなく、

今回こそは、
掲げた公約を実現出来る力が本当にあるのだろうか、

利権関係の絡みも本当に打破できるのだろうか。。

選挙公約を受けとる側としては、真実を見極め
投票で選んだ責任をしっかりとれるように。。と思っています。
ありがとうポイント

民主党は無理

政党としての体を成していない

ありがとうポイント

その方が、良い。

得体のしれない人達よりはマシだからです。

ありがとうポイント

リベンジさせてもよい

この2党についていえば、前回の選挙では、自民党は民意を失い第1党から野党に転落し、民主党は圧倒的な支持を得て第1党となったものの方法論に欠ける夢のような自らのマニフェストのために泣いた。
いま両党とも地に足が着いたように見えます。できること・できないこと・しなくてはいけないこともわかっているので、方法論を明示して日本が向かうべき未来像を示してくれることと思います。

少数党が乱立し物事が決まりにくい状況下で、はたして公約が実現できるかどうかはわかりませんが、何を目指していきたいのかという公約は信じてよいと思います。

ありがとうポイント

公約

退会ユーザ

いまはねじれ国会なので
なかなか公約を守るのは難しいですが
選挙の時は信じて一票を投じます。

ありがとうポイント

たぶん

退会ユーザ

疑っていたら何も始まらないのでとりあえず信じてみます。

あとはその後の行動を監視してみようと思います(^^)

ありがとうポイント

二大政党

今は小選挙区なので
自民、民主党のどちらかが政権をにぎる可能性が高いわけですね。

だからその二大政党の選挙公約を比べるため信じてみようと思います。

ありがとうポイント

リベンジOK

退会ユーザ

とりあえず選挙公約を信じて投票しましょう。

もし投票した政党が公約を守らなかったら
3度目は許しませんけどね。

ありがとうポイント

判断材料

選挙公約は必要だと思います。

どの政党がどれくらい選挙公約を実行したのか
投票の判断材料になるので、
リベンジさせてもいいのではないですかね(^^)

リベンジ?

自民も民主も、党がどうのというより、人選が国民の民意からかけ離れてるから、みんな離れたいのでは、ただ、議員数が多いからどうなるかな

返 信 コメントありがとうございます。

リベンジとは、
政権を取る取らないという事ではなく、

今回こそは、
掲げた公約を実現出来る力があるかのかないのか、

利権関係の絡みも本当に打破できるのだろうか。。なるものです。
ありがとうポイント

期待薄ですね・・・

わたしも国会議員を誰一人として信用できません。
誰が総理大臣になっても同じでは・・・。

国民に負担を強いる前に、まず、国会議員自らが痛みを受けなければ。
消費税をあげるのも仕方ないのかもしれませんが、その前に国会議員自らの給料を減らしたり、議員年金などの見直しをしたり、削減できることはもっと身近なところであると思います。

そんなことを棚に上げて国民から税金などを徴収することばかりで、痛手を負っているのは国民ばかり。

税をなくそうと声をあげている政党もあるようですが、信用できないですね。

ありがとうポイント

そうですね~。

最近の国会議員は信用できる人が少ないので、どの政党がやっても同じだと思いますが、、。

自民党ならリベンジしてもいいかなと思います。一番ましな政党ですので。