解決済み

自分のブログに、紹介したいサイトのURLを勝手に貼ってもいいのでしょうか?

困り度:暇な時にでも

エメラルド

自分が知りたいこと、解決したいことに関する知識や情報を得ようと検索すると、広告や、無料案内サイトやいろいろでてきますが、「これ、いいかも?」と、いうようなものを、自分のブログで「こういうのがありました」のように、そのサイトのホームページ、広告ページのURLを貼ってしまっていいものなのでしょうか?(貼れるのかな?やったことはありません)
もちろん、そのサイトに誘導するだけで、書き換えたりするつもりはありません。
他の質問サイトなども覗きましたが、映像、画像を勝手に貼ってはいけないとはありましたが、この質問と同じようなものが見つからなかったので、詳しい方、いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

終了後のコメント

皆様 ありがとうございました。

ご意見が統一されてないところもあるということから、

あきらかに オーケーだとわかるサイト以外は 貼り付けて飛ばすのは辞めることにします。

悩むの、めんどうですので。

丁寧に説明して下さった方、ほんとうにありがとうございました。自分でももう少し勉強してみます。

ありがとうポイント

URLは貼っても大丈夫です。

映像や画像は著作権が絡んで来るので駄目ですが、紹介の為のURLは貼っても大丈夫です。
大抵のページがリンクフリー(自由にURLを貼って良い)だと思うので。

ついでに言いますと、youtubeなどで公開されている、TVで放送された映像などは、芸能事務所やTV局の肖像権や著作権がありますが、個人で撮影して公開している動画(飼っているペットや、自分や子供の音楽発表会など)は、見て貰う為に公開しているので、貼ってもOKです(見て欲しくない場合は、パスワードを入れて限定公開にするでしょうから)

後、他の方の回答で『ところで、出だしの 「ーーで、誰でも使用できます。」の、「ーーで」の意味がよくわからないのですが・・・?』とありますが、タイトルの『URLは自由』から繋げて、『URLは自由で、誰でも使用できます。』となるのだと(笑)

返 信 ご丁寧にありがとうございました。

(^^)v
みんなの回答をチェックしてみよう!
12件中 1~12件

前の20件へ 次の20件へ

広告バナーの扱いは

退会ユーザ

紹介したいサイトの規約に従わねばなりません。

返 信 商品広告のバナーなどは、勝手に貼れませんよね。


規約が書いてないサイトなど、わからないものは、勝手に貼ったりしないのが間違いないようですね。

ありがとうございます。

リンクは気楽に。先方への挨拶はあれば尚良し。

ブログを書いていて、この記事を参考にしました~。というとき、相手の記事もブログなら「トラックバック」ができます。トラックバックは難しくありません。ご自分が契約されているブログのヘルプを読めばできます。 ただ、悪口を書いたりしているわけではないなら、トラックバックするまでもないでしょうね、普通に参考記事にリンクを貼ればいいと思います。相手への連絡はあれば喜ばれると思いますし、もしかしたら記事を読みに来て下さるかもしれませんよ^^ 

リンクを貼る事は、気楽になさったらいいと思いますよ。逆に、黙って記事を複数行にわたってコピペしてしまう方が問題ですから^^; それと、自分のブログの読者様に、ここをクリックすると、リンク先に飛ぶ事をお知らせする為にも「→参考にした記事はコチラ」・・・などという表示をしておくと、より親切かもしれません。

返 信 相手がブログの時は、紹介して、その方のURLを貼るなどしてました。
トラックバックはイマイチよくわからず、やったことがなかったのですが、昨日、初めて、自分のブログから自分の他のブログに、練習でやってみました・・・。
もうちょっと勉強してみます。

広告記事やホームページで良いことが書いてあるものは、相手に連絡できるものだけにしようかと思います。

ありがとうございました。

自分のブログに、紹介したいサイトのURLを勝手に貼ってもいいのでしょうか?

URLは見せたいから存在しているので、客観的立場からみて悪用していると思えないならば問題ないと考えます。

返 信 はい。わかりました。

ありがとうございました。

URLは、インターネット上の住所の様なものと考えています

私は法律の専門家ではないので、間違っているかもしれませんが、個人的には以下のように考えています。

URLは、インターネット上の住所の様なものです。 ですから、URLそのものには著作権は無いと考えています。 ただし、全ての住所上にある建物や植物等には所有権がある様に、全てのURLページ上の画像や動画、文章などには著作権があります。 なので、著作権者に無断でそれらを使用するのはマズイと思います。

もし、URLに著作権があるなら、検索サイトなどで表示されるURLなどは、ほとんどが著作権侵害になるんじゃないでしょうか? Yahoo や Google を使って表示されるページの全てのサイトが、検索サービス企業に URL 表示の許可を出しているとは思えません。

ただし、サイトによっては、リンクを張る場合には、サイト中の特定のページではなく、トップページに張るように書かれているページもあります。 そういった場合には、きちんとトップページに張るのがマナーでしょうね。

あと、ブログの場合には、トラックバックという機能があり、リンクをすると相手方にそれが通知される機能があります。 これを上手に使うのも手ですね。

返 信 丁寧に細かいご意見、ありがとうございました。

安易に貼るのは よくなさそうですね。

トラックバック・・・やっぱり勉強した方がよさそうです。

m(_ _)m

模範解答だと

制作者の許可を得ないとだめです。
が、悪い意図で貼るのでなければOKでしょう。
実際、多くのブログ(だけじゃなく最近はSNSなんかの方が)勝手に貼ってるんで今更どうこうってモンじゃないと思います。

返 信 参考になりました。

回答ありがとうございました。m(_ _)m

引用先をしっかり記載&トラックバック


本来引用は、書籍などから文章引用するときに【著者・書籍名・出版社・引用ページ】等を事細かに記載することによって「参考にしました」という証を残すものです。
(権利が発信が主のものでなく、著作者に帰属するものと明記するもの)

こうした明記の理由はいちいち著者に連絡を取らなくては使用することが出来ないという回りくどいやり方を簡易化するためにあると聞いたことがあります。


これはインターネット上のサイトにも同様で、引用先を事細かに記載すれば、著作権のある文章が、自分発信でないことをしっかり証明することが出来るでしょう。


さらに、インターネット上では「トラックバック機能」によって通知機能も万全なものとなっています。おもにブログなどに付属されている機能ですが、使いこなせていない人も見かけますので、これを機に学んでみてはいかがでしょうか。

トラックバックウィキ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF

返 信 ありがとうございます。

トラックバックに関しては、私自身まさしくよくわかってなくて、試そうと思って読んでもよく理解できていませんでした。

ほんとにこれを機に学ぶべきですね。

・・・・(-.-)

素人な考えですが・・・・、

安易に広告ページのURLを貼って、それが原因でウイルス感染してしまったら?実は、危険なURLだったとしたら?

っと、ふと考えてしまいました・・・・(^_^)、

もし、そうだったとしたら、ちょ・・・っと怖い気もしますが?どうでしょう?絶対的に信用信頼できるサイトなら?広告なら?まァ大丈夫なのかもしれませんが・・・、

あっ、なんか、質問の答えになってませんね、失礼しました(~_~;)>

返 信 わたしも 素人でよくわからないのですが・・・

もし、ウィルスに感染するなら、その広告ページを開いてみた時にすでに感染の可能性があるのではないかと・・・

あ・・・見るのと貼るのは違うのでしょうか・・・?

それと、信頼できるサイトとウィルスは別って、読んだことがあるような・・・

私も・・・よく知らなくて・・・(~_~;)すみませ~ん。

回答ありがとうございました。

引用?

歌詞記載など著作権などがありますが
心配であれば

<blockquote><p>引用</p></blockquote>

             ↑ 引用の所にURL

正直な所引用を取り入れた所で
法に免れるか・・・と言えばですが。
心配であれば挿入しても良いと思います。

返 信 そういう方法があるんですか。

またひとつ勉強になりました。

ありがとうございます。m(_ _)m

大丈夫!

退会ユーザ

警察に訴えられても警察は相手にしませんよ。

わざわざ個人で裁判してもお金がかかるだけだし
そこまでして訴える愚か者はいません。
(お金とヒマがあるなら別ですが・・・)

今、インターネットの世界は野放し状態なんですww

返 信 返信するの遅くなってしまってすみません。
無視したのではなく、返信したつもりだったのです。

・・・えっと、
つまりは 違法だけど、心配するなってことでしょうか・・・?

気にしすぎることはないと言って下さったのだと解釈させていただきます。
ありがとうございました。

程度による

基本的に法律上はURLはOKで、画像・動画はNGですが
実際のところ過去の判例を見ても
訴えられても罰せられることはないので自由(フリー)です。

つまり、インターネットに載せていること自体
誰でも閲覧が可能で、誰でもコピーができてしまい
法律のグレーゾーンが大きすぎるんですね。

意図的に相手に損害を与えるほどのことでもなければ
個人の趣味範囲でやれば今のところ問題ありません。

ただし法律改正・罰則規定の強化の流れがありますので
今後は難しいですね(^_^;)

返 信 回答ありがとうございます。

わかりました。
法律のグレーゾーンが大きすぎるって、そうですね・・・確かに・・・。


ありがとうございました。m(_ _)m

ご回答

紹介用のページがあればそのページを介した手順に沿ってリンク張りましょう。

不安であれば相手のサイトの管理人のメルアドがあればそこに連絡して承認を得ましょう。
連絡手段も取れないサイトであれば勝手に張ると
後に危険かもしれません。

返 信 回答ありがとうございました。

相手サイトの管理人に連絡して承認を得れば間違いないですね。

m(_ _)m
ありがとうポイント

URLは自由

ーーで、誰でも使用できます。
ただ、ふさわしくないサイト(アダルトなど)や不愉快な内容でのリンクはやめましょう。

画像となると無断使用はNG。
自分で撮った写真でもメイン以外(通行人の人など)はモザイクなどをする方がよい。

紹介されるって嬉しいものではありませんか?
アクセスも増える率高いわけだし、上記のことがなければ歓迎されるものです

紹介したことをコメントで使えるのもいいのでは?

返 信 ありがとうございます。
ところで、出だしの 「ーーで、誰でも使用できます。」の、「ーーで」の意味がよくわからないのですが・・・?

でも、知りたかった事は、わかりました。
URLは自由、なのですね。
それがわかれば、良サイトだと思うものを紹介できます。

勝手に貼った画像、やっぱり消さなきゃ・・・(・・ )))。。。