受付中

PayPayを使用したお金稼ぎについて

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 あるメールマガジンに、「PayPayとebayを使用することでお金が稼げます。ebayはヤフオクの世界版みたいな所で、仮に3万円で購入した商品を2万円で売って赤字になってしまっても、PayPayで多量のポイントが貰えるので、月に数十万のお金が入ってきます。また日本と違い消費税がかからないので、売上ー仕入の消費税がまるまる稼げます^^」とありましたが、事実はどうなんでしょうか?
 たしかにPayPayという所が、3万円の購入に対して、全額をポイント還元してくれるなら、赤字販売しても、売上げた分が利益になるので、この理論は当てはまります。また、黒字で販売ができた場合、消費税も丸儲けできるので、利益が飛躍的に上がります。
 しかし、このメールマガジンが来た段階は、PayPayの全額還元があったのかも知れませんが、今は還元率が下がっていると思うので、PayPayでのお金稼ぎは難しいと思うのです。
 「全額還元」という商品を、PayPayに限らず、itsmonやテンタメなどを含めて、見つける事ができれば、その商品をオークなどで流せば、儲けを出す事は可能ではありますよね?ただし飲食物は賞味期限があるので、オークでさばきにくいかも?
 



ありがとうポイント

長くは続かない #2

ちなみに、全額ポイント還元してくれるなら、確かに儲かります。 全額ポイント還元って、ドラッグストア等で新発売のビールの試供品をくれる事がありますが、結局それと同じですよね。 試供品を一度お金を払って買い、同じ額をポイント還元してもらったら、それは結局タダで試供品を手に入れた事になりますからね。(厳密には、現金の方が流動性が高いという違いはありますが・・) 原価ゼロなら損するワケありません。

一般に、メーカーがこういった試供品の提供をする物は、食料品とか洗剤などの頻繁に繰り返し購入する事の多い日用品等が多いです。 タダでも良いので一度使ってもらう事でその良さが分かれば、その後は継続的に購入してくれる可能性が高いからです。 逆に言えば、家電製品とか自動車の様な一度手に入れたらしばらく同じ物を使い続ける物には適用されません。 仮に冷蔵庫をタダで提供しても、次に買い替える時は10年後とか20年後といった感じになるので、当然各社からタダで提供した冷蔵庫の性能を上回る新型が出ており、そっちを買われてしまうからです。 試供品の提供は、一種の宣伝ですね。 テレビでいくら「新しい味だ! これは美味い!」とタレントが叫んでも、具体的な味は分かりません。 でも、試供品を提供して、実際に味わってもらえば、その味が分かりますからね。

なので、目標とする人数に試供品を提供し終われば、それはそこで終了となります。 いつまでもタダで配っていたら、儲けが出ないからです。 高々数百円程度の試供品のゲットに血眼になるより、その時間普通に働けばもっと儲かるんじゃないですかね。 時給換算したら、すごく効率の悪い方法だと思います。 仕事が時給50円なんて事なら、話は別ですけどね。

また、PayPay も無制限に還元すると、その仕組みを悪用する転売ヤーが現れる事を分かっているので、ひとり当たりの還元額の上限を設定しています。 上限額が決まっている以上、持続的なビジネス(?)モデルとは言えないと思います。

返 信 確かに試供品は飲食物が多いですよね。賞味期限の関係からフリマ販売ができない。仮に出来たとしても、飲食物の場合は利益がしれてそうですしね。
全額還元はやはり一人当たりの上限があるのですね。無限だったら、転売マンが丸儲けですもんね(´・ω・`)