解決済み

イオンとモッピーくんについて

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 イオンのCMの「20日、30日、5%オフ」ですが、0と%の○の部分から、モッピーくんが、ひょこっと顔を出して、イオンのお姉さんに「ナッツクッキー」を貰い、滅茶苦茶喜んだとします。当然、CMのたびにクッキーを貰えるわけですが、イオンのCMがそのうちに「8日、18日、28日は8%オフ」に変わった場合、変更前は○の数は4つなので、4人のモッピーくんが嬉しい思いをしますが、変更後は○の数が8つ(8は上下に○がついているため)だから、8人のモッピーくんが嬉しい思いをする事になります。
よく考えれば、安売りの日と率が増えるから、変更後の方がお客様も得で、安くなるとイオンも客数が増えるので得で、三者の全員が得をするのに、なぜイオンは後者に変更しないのでしょうか?
 ちなみに3日間の8%引き程度では、イオンの利益は減らないと思います。宝石などの高額商品も買って貰える可能性があるため。(宝石の値段って、あってないもんらしいよ(´・ω・`)→金やプラチナが含まれているものは別)

追 記 「8」や「%」では、上の○でモッピーくんがクッキーを貰って食べ、下の○でコーヒーを貰って飲んだら、喉に食物が詰まらなくて良いと思います。
CMを何パターンか用意して、顔を出すモッピーくんもCMの種類ごとに変えれば不公平になりませんし(^_^)


ありがとうポイント

その手があったか!

外国人労働者や中学生を使う手があったのですね。 そりゃあ凄い方法です。 勤務時間内には絶対終わらない位大量の業務を割り当てて、それが終わらなかったら「おまえら、サボってたんだから、無給で残業だ!」と言って強制労働させれば良いのですね。 立場の弱い労働者をこき使う事による企業のイメージダウンなんて無視して良いですよね。 そんな事でウダウダ言う人なんていませんからね。 何で今まで誰も思いつかなかったんですかね~。

凄く画期的な方法なので、ハーバードビジネスレビュー誌の記事になるのも間違いないですね。 本でも書いてみたらどうですか? きっとビジネス書のベストセラーになりますよ。 ハーバード、スタンフォード、インシアード・・など世界中のビジネススクールの経営戦略やマーケティングのクラスのケーススタディになるのも確実でしょう。

こんな凄い方法をこんな世界中の誰もが読める場所に書いてしまって大丈夫ですか? 何らかの方法で特許申請をしておく等、簡単にマネされない様にしておいた方が良いんじゃないですか? ここの書き込みを読んで、ライバルのスーパーが同じ方法を採用してしまったら、また同じだけ差をつけられてしまいますよ。

質問者さんは、こんな凄い方法を思いつけるんだったら、こっそりイオンの岡田さんにコンタクトしてみてはいかが? きっと社長直轄の経営戦略室室長あたりで採用してくれるかもしれませんよ。

ちなみに、キャラを使うなら、ジャジャジャジャーンという番組の、じゃじゃじゃ と じゃーン を使った方が良くないですか? イオンがスポーンサーの番組ですし、じゃーンちゃん(竹野谷 咲ちゃん)なんか凄く可愛いと思います。 イオン各店でのイベントにも参加してるみたいですから、既にそこそこ認知度もありますしね。
http://www.bsfuji.tv/jajajaja-n/pub/index.html
https://tver.jp/episode/67369420
この番組、絶対昔やってた「ウゴウゴルーガ」という番組のDNAを受け継いでるよね。
https://youtu.be/kBPu3tOnA-w

返 信 外国人実習生は実際に色々な企業で安く使われるけどね。日本に来る時に多額の借金を背負わされているらしい。