解決済み

時代と事件について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 大半の人間は昭和生まれだと思います。
昭和時代→原爆(広島、長崎)
平成時代→サリン(東京のやつ)
令和時代→京アニの放火殺人
 各時代に歴史に残る事件がありますが、令和のは、元年にやりおったんはすごいですよね?( ゚д゚)この京アニのは絶対に歴史に残りますし。
 ただ昭和時代の原爆については、虚偽の内容かもしれません。(私はこの時期は生まれていなかったので)

 この京アニの放火事件の建物を「令和の原爆跡」として観光客に入場料とって公開すれば、昭和の原爆被害が勉強できていいと思うのですが、どうなんでしょう?



ありがとうポイント

趣旨は少しは理解できますが

今回の事件を風化させない、という意味では意味のある発想だと思います。ただ、京アの事件現場を残す事と原爆は全く別物なので、原爆被害の勉強ができる、という点に関しては疑問です。

高熱の中で多くの人が亡くなった、という点は両者共通ですが、それが起きるまでの過程は全く違います。原爆の方は、政治による意思決定の問題です。一方、京アの方は、まだ詳細が明らかになっていませんが、今までに報道された内容から判断すると、1人の人の逆恨みによる犯行です。個人の逆恨みの犯行の詳細を知って、原爆を落とす決断をされた事の何を知ることが出来るのでしょう? 個人的には、非戦闘員の殺傷を目的とする攻撃を禁じたハーグ陸戦条約を何故米国が無視したのか、を検証する必要があると思います。 米国は嫌がるでしょうが。

確かに京アの事件は多数の被害者が出た大変な事件です。その点を否定するつもりは全くありません。ただし原爆は桁違いの被害者がいます。当時の広島市の人口は推定35万人で、そのうち約14万人が年末までに死亡したと推定されています。当然このほとんどは非戦闘員です。政治が間違った判断をすると、とんでもない数の人間が命を失うのです。
https://bit.ly/2GGbyo8

ちなみに、多くの被害者が出た事件としては、京ア以外にも秋葉原の交差点にトラックで突っ込んだ事件や、相模原の障がい者施設で入所者や従業員を次々に襲った事件などもあります。秋葉原の方は路上での事件なので遺構は無いと思いますが、相模原の方は可能です。でも事件があった現場の部屋をそのまま施設として使うワケにもゆかず、取り壊す事になり、現在は新しい施設を計画中の様です。ただし、事件を風化させてはならないので、誰でも慰霊が可能な碑を作って欲しい、といった意見が寄せられているそうです。

個人的には、焼けて強度が不足して台風などで倒壊する可能性のある建物を残し有料で参拝させるよりも、危険な建物は一度取り壊し、現場の土地は行政が京アから購入して公園などにして、そこに誰でも自由に行ける慰霊碑を作った方が良いと思います。オウムの拠点があった場所も、今は公園になっていて、そこに慰霊碑があるそうです。
https://bit.ly/33bn5FT

原爆が虚偽うんぬんの件は、コメントする気にもなれませんね。身内に被害者がいても同じ事が言えるのでしょうか?

返 信 確かに慰霊碑があれば、風化しにくいですね。ただ心霊スポット化する可能性もありますが。