解決済み

寝ながらできる仕事について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ポイントサイトのモッピーにある、ジッピータスクのバナーを見て、お姉さんが寝ころびながら仕事をしているのを見て気になったのですが、寝ながら仕事ができて、時給千円くらい貰えるのって何かないでしょうか?
 姿勢の話では、人間は寝ころんだ状態になっているのが一番楽だという事が理解できましたが、それに加え、私みたいに「てんかん」の持病を持っている人間は、寝ながらの仕事が一番良いのです^^
 理由として万一に、けいれん発作を起こした時、立っている状態なら、転倒して頭を打つ事があり得ますが、寝ている状態なら、大したダメージになりません。
 座り状態の場合ですが、電車の中で、けいれん発作を起こした時、眼鏡のレンズにひびが入り、額に傷ができたため、あやうく病院で縫われる所でした(;;)ちなみに緊急搬送された場合は、予約の方よりも優先で診察してくれます。



ありがとうポイント

もうひとつ

そういえば、もうひとつ寝ながら出来る仕事、ありますよ。 横にはなれませんが、座ったまま寝ることなら可能です。

議員になる事です。 よくテレビの国会中継などで議員が寝ている姿が映りますよね。 議員さんは、寝ていたのではなく、目をつぶって議題について考えていたんだ・・と言いますが、あれはどうみても寝ていますよね。 与党系の国会議員は、うっかり大臣になってしまうとテレビ中継されてしまうリスクが高まりますが、下っ端議員のままでいるか、野党系の議員になるか、地方議会の議員になれば、そのリスクも少ないのでは?

選挙運動の時には、

「皆さんの生活を守ります!」

「老人にも、若者にも優しい社会を作ります!」

「行政の無駄を削減します!」

「誰もが安心して暮せる社会を作ります!」

「格差の無い社会を作ります!」

・・・などと誰もが反対しない事を叫んでいれば良いのですから簡単ですよね。 現実には、財源の確保や実現のためのロードマップが大事なのですが、そんな事を突っ込む有権者なんてほとんどいませんから大丈夫ですよ。 特に野党系なら、与党系の政策の反対をするか、時々発覚する不祥事などを針小棒大に指摘するだけで良いのです。 簡単なお仕事です。

しかも、議員給与以外に、様々な名目でお金がもらえますし、特権もいろいろあります。 何かの会合などに顔を出せば、「先生!」とよばれて接待されまくりですよ。
(笑)

返 信 たしかに会議だと座れますよね。