解決済み

工場寮での光熱費について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 モッピー工場では、寮費2万円、光熱費1万円の住み込み寮があり、ちょびん君、ちょびリーナちゃん、イラッチの三人がそれぞれ個室(1LDK)に住んでいます。

2ヶ月目に光熱費の請求を見た所、ちょびん君が8千円、ちょびリーナちゃんが6千円、イラッチが10万円でした。
モッピー工場の主任がびっくりし、イラッチが働いている時間に、イラッチの寮を訪れると、電気はつけっぱなし、水は満開で出しっぱなし、エアコンは付けっぱなし(しかも春なのに20℃の冷房設定)一瞬、主任は寒さに凍りそうになりました。

さて、最初の契約で「月光熱費は1万円で使い放題」となっている場合、イラッチのした事は、人としては明らかに間違ってますが、追加料金の請求は違反ですし、解雇も違反ですよね?(工場で大きなミスをすれば別)
使い放題ってのは、イラッチみたいな使い方でも問題はないと思います。一応お金は払ってるので。みんながみんな、イラッチみたいな設備の使い方をすれば、工場が倒産するか、使い方放題が廃止になるのでしょうか?(その場合、かなり前から言い渡し+契約書の更新が必要ですが)
ちょっと気になったので、質問しました。



ありがとうポイント

エコロジカル・フットプリント

使い放題の契約だから、電気も水も使い放題だ~、という生活はエコロジカル・フットプリントの精神に反しますね。

電気も水も、消費すれば必ず何らかの環境負荷がかかります。ご存知の通り現在の日本の電気の80%以上は火力発電です。水道水だって浄化装置や配水でエネルギーが必要です。

エコロジカル・フットプリント という言葉をご存知ですか?

人間は、生きているだけで、食料や水を口にしますし、二酸化炭素を出しており、地球環境に負荷を与えています。分かりやすい例で言えば、魚の住む水槽をイメージしてください。水槽で生きられる魚の数は、水槽の大きさに依存しますよね。 具体的に言えば、メダカを100匹飼うなら、容量百リットル以上の水槽が必要・・といった感じになります。当然、200匹飼うなら二百リットル以上の水槽が必要になります。あるいは、メダカより2倍大きなフナを100匹飼う場合にも、二百リットル以上が必要になります。

水槽の大きさで、飼える魚の種類と数が決まってしまうのは、水槽に付属している浄化装置の能力に限界があるからです。魚は水中に糞をしますが、水が糞まみれにならないのは、水槽の浄化装置に住んでいるバクテリアが糞を分解し水を浄化しているからです。

この水槽と同じ事は、地球でも言えます。地球全体が持つ、食料の供給能力や、二酸化炭素を吸収し酸素を供給する能力には限界が有ります。その能力以上に食料を食べ、二酸化炭素を出し続ければ、いずれ魚を入れすぎた水槽と同じ結果になります。そして、我々日本人は世界の平均以上に環境に負荷を与える生活をしており、仮に世界中の人が今の日本人と同じレベルの生活をするなら、地球が2.8個分必要になります。日本人は大型のフナみたいなもんですね。
https://www.wwf.or.jp/aboutwwf/earth/
地球全体でも既に赤字状態で、地球1.7個分が必要です。つまり現状維持でも破綻します。

大河の流れが、1滴の雫の集合体である様に、この問題は世界中の人が少しづつでも取り組んで、我々人類が出す環境負荷の量を、地球が持つ環境維持能力以下にしないと、いずれ地球は破綻するのです。マスコミは、地球温暖化で2100年頃には気温が・・なんて呑気な事を言ってますが、案外2050年頃には人類は滅亡しちゃって、2100年頃には元の地球環境に戻ってるのかもね。

返 信 まあ私が死んてからの事は、どうでもいので、未来の方に問題を先送りしましょ(^o^)
来世も地球に産まれるという保証がないですもんね。