解決済み

リストラの恐怖

困り度:暇な時にでも

まさ

今や大企業で働いても一生安泰ではありません。何かよい対策はないでしょうか?



ポータブルスキル オススメの本2冊 (1ページ目:全2ページ)

まずは目の前の仕事を全力でやり切ることだと思います。

おっしゃる通り、今や大企業の社員であっても一生安泰ではありませんね。と言うか、AI技術の進歩によって、弁護士や医者、公認会計士の様なある意味究極の手に職をつけた職業の人達も、近い将来職を失う可能性が高くなってきました。

いずれにせよ、社会環境の変化は加速しており、近い将来であっても不確定要素が多すぎて正確に予想するのは困難です。

では、どうすべきなのか?

私は、結論から言えば、どんな状況になっても、生きて行ける能力を身につける事だと思います。 そうすれば、リストラされてもすぐに次の仕事が見つかります。
そんな事は分かっているよ。 その内容を聞きたいんだよ・・と言われそうですね。(笑)

では、もう少し具体的にお話します。

ポータブルスキルを身につける事です。 ポータブルスキルとは「どこへ行ってもどんな職種でも通用するスキル」の事です。
http://ur2.link/Dgv0

具体的には、「専門知識・専門技術」の他に「仕事の仕方」「人との関わり方」の3つで構成されるスキルの事です。そして特に大事なのは後者の2つです。

「専門知識・専門技術」は、例えばプログラミング技術などです。これらは、必要になれば比較的短時間で身に付けられる能力なので、採用の際にはあまり重視されない事が多いです。

「仕事の仕方」は、「課題を明らかにし」「計画を立て」「実行する能力」に分解されます。

「人との関わり方」は、「社内対応(上司・経営層)」「社外対応(顧客・パートナー)」「部下マネジメント(評価や指導)」に分解されます。

例えば、何かのプロジェクトを行う際、そのプロジェクトのゴールを正しくセッティングし、制約条件(予算、期限など)を考慮した上で計画を立て、チームメンバーに仕事を割り振り、その進捗をチェックしながら、進捗が遅れている場合には関係者と協議をして対策を取る・・といった能力は、どんな業界でも必要とされる筈ですよね。

これ以上は、私が下手な文章で長々と説明するより、世の中には人材開発系の会社などがポータブルスキルの重要性をWeb公開していますので、それらのページを読んでみて下さい。

[ポータブルスキル」 でクリック!