解決済み

朝三暮四という言葉について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ちょびん君の食事は、ある会社から提供されており、毎食必ず、ごはんと味噌汁、そして簡単な小皿(漬物とか野菜など)が出ます。
ちょびん君の好きな「エビフライ」ですが、最初は朝食に3尾、夕食に4尾提供されてましたが、ちょびん君が、朝食時にもっとエビフライを食べたいと言ったので、朝食に4尾、夕食に3尾に変わりました。
一見得してそうに見えて、実態は変わらない事を、朝三暮四と言いますが、9時間労働で、好きなタイミングで何度でも(ただし3回まで)、合計60分の休憩が取れる場合、2.5時間仕事→10分休憩→2時間仕事→10分休憩→2時間仕事→40分休憩→1.5時間仕事にすると、最後の長い休憩の後はすぐに勤務終わるから、実態は同じでも、得した気分になりますよね(^o^)

俺がちょびん君にエビフライを提供する場合、朝食時にもっと食べたいと言ってきたら、朝食で5尾提供し、昼食や夕食では、あげません( ゚д゚)その代わり、その5尾は好きなタイミングで食べるように言います。300日貯めると、ちょびん君は1500尾のエビフライをバク食べできるので、すごいですね(^o^)1000尾のバク食べなら、300日の間に500尾を食べられますから、毎日1-2 尾食べても、バク食べが経験できる。
ただし、周りに取られたり、腐らなければ、ですけど。

朝三暮四って「実態は同じなのに、得した感じ」ですよね?
全員が一生かけて一億円稼げるとした場合、20歳頃の年齢で、一億円欲しいですよね。後は一生無収入でいいから。この考えも朝三暮四ね(^o^)



ありがとうポイント

単純な考え

ちょびん君はマスコットキャラクターとしての本懐を果たしているから報酬の食事がもらえる。故事の猿はペットとして飼われる分、餌をもらう。一生かければ一億円を、働いたから稼げる。
1億円。一生かけて稼げるとして、その一生をすり減らして必死に働いてきた成果なわけで。先に欲しいですか? その後、そうでない場合の一生懸命の一生と同等の働きを、頑張って苦労して背負うんですか、無給で、その額に値したと判断されるまで。俺は嫌だなぁ。

さて、働き方に関してですが、人によりけりですね。
午前中のうちにその日やるべき仕事を全て終わらせて、午後は遊んでたのはヘミングウェイでしたっけ? 同様に、一気呵成に連続して働いて終わらせて、終わったらさっさと休む方が楽でしょ、という人はいます。ずーっと会社にいてだらだら仕事が続く方が嫌。

私なんぞは小心も手伝ってか、同僚が仕事してるのに休むのとか嫌です。無料で仕事を学ぶと思えば苦にもならないし、しかもこっちが大変な時には手伝ってもらえることが多い。その時点で仕事、後にする苦労部分をあらかじめやっておいたようなものです。余裕があるときに。
俺は愚かな猿? 金額ややった分は同じ?
印象大分違いますけどね。助けてあげたい人になる方が得じゃない?

返 信 んと、体力は人それぞれだから、同僚が仕事してても、休憩はしていいと思います。
労基法でも休憩時間は設定してあるほか、無理して倒れられた方が、救急車を呼んだりして、周りに迷惑がかかるかも?
場合によっては、きちんと従業員に休憩を取らしてない事で、業務停止措置もあるのかもね。