解決済み

営業の成功の秘訣について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ちょびリッチ一家が一軒家のマイホームに住んでいると仮定し、みんなが寝静まっている、深夜2時頃、ちょびリッチ一家の自宅の戸を叩きながら、「かじや!!」と大声で叫んだら、みんなが起きて慌てて外に飛び出してくると思うのです。
 ちょびん君たちが外に来たら、「俺は兵庫県三木市の鍛冶屋です。金物関係の依頼はいつでもどうぞ(^o^)」と言ったり、「家事屋代行してます。依頼はお気軽にー」なんて言うと、ちょびリッチ一家に印象が残りますよね?
 深夜に戸を叩くのが違法だった場合、声だけにするとか。火事と鍛冶と家事をかけて、ちょびリッチ一家に印象つけて、お客様の新規開拓につながるように、こういうかけたシャレは営業の新規開拓の秘訣なのと、みんなが昼間に営業するから、こっちは深夜や早朝を狙うというのも印象つけやすいと感じます。

「シャレ」と「時間帯」で営業って成功しませんでしょうか?(ブログなどのネット営業は除く)



ありがとうポイント

・・・・・・

印象と利用は別ですかね。
見ていてひどい不快感を感じるテレビCMがあったとして、そのCMの商品を買おうとは思わない、むしろ避けたくなる。同業他社があるなら、似た製品があるなら、そっちを買い、そちらに頼むでしょう。例でいうなら「家事代行サービスってのがあったな。あいつのは使わんが」ってところでしょう。
営業のうまさにはウィットに富んだ冗句は関連するでしょうが、人騒がせなことを仕出かす奴から誠意は感じませんからね。
時間帯に至っては論外としか・・・。忙しい時間に来た営業を、してきた営業を受け入れさせるのは無理ですよ。

返 信 なるほど、印象強い=利用者多いとは限らないですよね