解決済み

仕事というものについて

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ちょびリッチ一家は、モッピービール工場の日勤(9-18時:休憩60分、時給1000円)で働いており、ちょびん君、ちょびリーナちゃん、イラッチの三人が日々頑張ってます。(土日は休み)

 さて仕事内容ですが、ちょびリーナちゃんは、女の子だから、冷暖房完備の場所で、他の女従業員と楽しいおしゃべりをしながら、ビールを入れる紙おりの仕事をし、通常の休憩の他に、10時半と3時頃に各15~20分の給料を引かれないお菓子休憩(一服)が与えられます。

 ちょびん君は、他の従業員とライン作業で、瓶ビールを紙に一本ずつ入れていくライン作業をやっており、休憩はお昼の60分のみです。

 イラッチは、瓶ビールの入ったケースを次々と、ラインに持っていくのと、瓶ビールをひたすら持ち運ぶ仕事をさせられています。(重さ30キロ程度)

 さて雇用関係の法律で、男女で給与に差別をつけてはいけないというルールがありますが、この3人のように、仕事内容に差がある分、給与に差があっても良いのではないでしょうか?
 例えば、最低賃金が1000円の場合、ちょびリーナちゃんがやってる内容なら時給1000円、ちょびん君がやってる内容なら時給1200円、イラッチがやってる内容なら時給1500円というように。男女で給与に差をつけるのではなく、「仕事内容」で差をつける事により、楽なポジションとしんどいポジションでの差別がなくなると感じるのです。

 追記として、ちょびん君とイラッチのとこは、冷暖房とか一切なしね。



ありがとうポイント

バイトも劇的に変わっていく令和の世

重い物を運ぶのはロボットに任せて人はそれを監視する。
紙おりも単純な者なら機械任せ。
人員は激しく削減。
これが令和30年の姿。

質問を一読しての感想はげろんさん的なものでしたけど。σ(^_^;)アセアセ..


ロボットの入れたコーヒー飲みながら
ロボットが主役のドラマを見て
ロボットと会話している独居老人。
それが私。
どぉ?( ̄。 ̄)c[]~~~コーヒー

返 信 ロボットにコーヒーを入れてもらうくらいなら、自分で入れますです^^