解決済み

陪審員裁判について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 死後の世界には、いくつかの世界があり、生前に善行をたくさんしたため、天界1界または天界2界が保証されているが、少しの悪行があるため、その分を裁く関係で、ゲットまの亜紀さんが裁判官で、検察官と弁護士がそれぞれつく裁判が行われ、判定はお財布ドットコムのお財布くんが13人登場し、陪審員で行われます。(裁かれる人がお財布くんの場合は、モッピーくんが13人登場し陪審員役をする)

 有罪の場合は、善行分との相殺が可能ですが、相殺してしまうと、天界2界に行ける場合は、天界1界に降格となり、元々が天界1界に行く場合は滞在期間が大幅減になるので、通常はみんな償いをしてから、天界でゆったりすごします。
有罪時の罰は、注意、警告、たたき(1~300発、無期)、修練場(10年未満)、等活地獄(1年未満)が存在しています。

 さてこの陪審員裁判の例ですが・・・
(1)モッピーくんが、ちょびん君の家に立ちションしたケース、陪審員の判定は有罪9、無罪3でしたが、検察求刑がたたき50発、弁護士の最終弁論が警告で、亜紀さんの最終判決では、なんと「無罪」でした。理由として、罪を認めて反省してる事を重視したからです。
(2)ちょびんおばさんが、モッピー商店で100円相当の商品を万引きしたケースでは、陪審員の判定は有罪5、無罪8で、検察求刑がたたき20発、弁護士の最終弁論がたたき10発で、亜紀さんの最終判決では、警告でした。
(3)モッピーくんが、電車の中で鼻くそをホジホジして、どっかに投げたのが、ちょびリーナちゃんのホッペにつき、最初はホクロと勘違いしてたが、お財布くんに調べてもらった結果、そのホクロはモッピーくんの鼻くそという事が分かり、ちょびん君や中井くんたちに、大笑いされて、めちゃくちゃ恥を書いたケースでは、陪審員の判決では有罪0、無罪13(モッピーが鼻くそをホジホジしたのは事実だが、ちょびリーナちゃんのホッペについたのは偶然だから)で、検察求刑では警告、弁護士の最終弁論では無罪で、亜紀さんの最終判決では、たたき100発の有罪でした。理由として、ホジホジした鼻くそを投げたら、どこに落ちても誰かに迷惑がかかる可能性がある点と、ちょびリーナちゃんがみんなに大爆笑された後、1時間くらい泣いてた点を考慮し、行為が悪質と認定されたからです。

ちなみに(1)と(3)のモッピーくんは別のモッピーくんです。またこの裁判は上訴できないので、閉廷後、善行との相殺をしなければ即執行となります。
他の国にも実際に陪審員裁判をしている国があると思いますが、上記3例のように、陪審員判決で有罪が多くても、最終判決で無罪になったり、陪審員で無罪が多くても、最終判決で有罪になることがあるのでしょうか?
陪審員判決=一応の判決=単なる意見と考えた場合、納得できます。



ありがとうポイント

集団極性化のリスキーシフト

個人的には、現在の日本の裁判員制度は問題が多く、できれば廃止した方が良いと思っています。 少なくとも、裁判員に量刑まで決めさせる現在の制度は、法律の素人には荷が重過ぎると思います。 この制度を続けるなら、せめて米国の陪審制度の様に、裁判員が決めるのは有罪・無罪の判断までとし、量刑は司法のプロが決めたほうが良いと思います。 なぜなら、裁判員に量刑まで決めさせると、社会心理学で言う集団極性化のリスキーシフトが起きる可能性が高いと思うからです。

集団極性化のリスキーシフトとは、集団討議の結果、討議前の個人の意見よりも先鋭化した集団決定が行われる事を言います。
http://urx.blue/RoC0

具体的には、例えば裁判員が5人いて、全員が有罪だと思っていたとします。 で、5人の裁判員が考える刑の重さが、3年:1人、5年:3人、7年:1人だとします。 この場合、話し合いが行われれば、5年あたりでまとまると思われがちですが、なぜか7年に近い方に決まってしまう事が多いのです。 時には、求刑が懲役10年の事件で、判決は懲役15年となる裁判もありました。

実際、裁判員制度が始まってから、同様の事件に下される量刑の重さが制度開始前より厳しくなりつつある・・という報道も有ります。
http://urx.blue/MvJE
http://urx.blue/X76S
これは、集団極性化のリスキーシフトが起きているのではないでしょうか?

現在の日本の裁判員制度は、殺人、強盗致傷、危険運転致死など「重大犯罪」の裁判が対象となっていますが、これって素人には荷が重過ぎると思います。 そもそも、裁判の判決に国民の感覚を生かす事が裁判員制度の目的なら、上記の様な特定の人が被害者になる犯罪ではなく、政治的な問題とか、企業犯罪や原発事故の責任問題の様な多くの国民に関係する犯罪の方が良いと思うのです。 あるいは、初犯でかつ万引きの様な、どちらかと言えば軽い犯罪の裁判を担当するほうが、裁判員の負担は軽いと思うのです。

そろそろ裁判員制度の見直しの時期が来てますね。

返 信 日本の裁判員裁判で、民事事件を担当させると面白い事になりそうな気がします^^