解決済み

言葉の表現について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ちょびリーナちゃんの誕生日を祝うために、モッピーくんが来ました。ちょびリーナちゃんは、モッピーくんに「苺ケーキを一口食べていいよ」って言いました。モッピーくんは、口が小さいので「ほんの少し」だけケーキを食べました。食べた量があまりに少ないので、4分の1ほど、お皿に切り分けしてあげ、そばにいたちょびん君はモッピー君に「紅茶もあるよ^^」と言い、モッピー君に紅茶もあげました。

 その1年後はお財布くんが来ました。ちょびリーナちゃんは同じように「苺ケーキを一口食べていいよ」って言いました。お財布くんは口が大きいのでケーキを一口で丸飲みしてしまいました。ちょびリーナちゃんは大泣きで、そばにいたちょびん君は「紅茶をかけるよ!!」といい、熱湯の紅茶をお財布くんにかけました。

さて「一口」という部分が、問題なのですが、言葉の表現って難しいですよね?人間自体が十人十色だから、色々なとらえ方ができるのです。私はある夜勤の工場で、22時から翌日6時までの仕事をしていた時、翌日0時と翌日3時にそれぞれ30分休憩があるのですが、23時ころ「一服しておいで」と言われたので、翌日5時50分まで一服したら、休憩回しの人に「ボロクソ」怒られました(;;)
その日は日当をくれたのですが(8時間分→一服とは5分程度小休止の事と言わなかった休憩回しにも非があるから)、翌日から0時と3時の30分ずつの休憩しか回してもらえず、小休止の一服が一切なくなり、周りからも冷たい目で見られました(;;)私は何も悪くなく、ちゃんと一服について説明しない方が悪いと思うのですが、どうなのでしょう?



ありがとうポイント

地獄の苦しみを味わう事になる

>私は何も悪くなく、ちゃんと一服について説明しない方が悪いと思うのですが、どうなのでしょう?

・・との事ですが、質問者さんは、マジでこの様に思ってはいませんよね? 本当はそう思ってないけど、何らかの理由で「そう思っている」と言い張っているだけですよね?

もし、本当に自分には全く非が無いと思っているなら、大問題ですね。 今後、日本で平穏に暮らして行ける可能性はかなり低くなると思います。

日本社会のコミュニケーションは、小難しく言えばハイコンテクスト型です。 要するに、一を聞いて十を知る・・とか、暗黙の了解というものが前提にあるコミュニケーションスタイルなのです。 "一服" の意味を具体的に説明しなかったのも、そのためです。 それを本当に理解できないのなら、雇用先から「あいつは使えない奴だ」と真っ先に評価されるでしょう。

細かく指示しなくても、上司の考えを理解し率先してそれが出来る人には、面白い仕事がどんどん与えられるでしょう。 当然報酬も高くなります。 一方、いちいち全ての可能性を考えて指示しなければマトモに働けない人には、単純作業の様なつまらない仕事しか与えられないでしょう。 良くも悪くも、日本は忖度社会なのです。

質問者さんの様な事をしていれば、派遣先での評価が下がるのは当然ですが、それ以外にも派遣元の会社にもそのフィードバックが行われます。 派遣元としては、評価の低い人を派遣すれば、会社自体の評価が下がるので、質問者さんへ仕事を回してくれるチャンスも減るでしょうね。

今は人手不足なので、そんな事をしていても、派遣を受け入れてくれる会社があるかもしれません。 でも、今年4月からは大量の外国人労働者が入国してきます。 中期的には、米中の貿易摩擦やイギリスのEU離脱など世界経済悪化の兆しが出てきています。 世界経済が停滞すれば、日本もその影響を受け景気が悪化する可能性が高まります。 国内的にも、10月から消費税の増税があり、景気悪化が懸念されます。 さらにもう少し長い目で見れば、工場での単純作業などは無人化がどんどん進みますので、そういった所で働けるチャンスはどんどん減って行くでしょう。 つまり、人手不足で仕事がいくらでもある状態が、今後は続かない可能性が高いのです。

そんな仕事の仕方をしていると、将来金欠で地獄の苦しみを味わう事になりますよ。

返 信 回答ありがとうございます。たしかに工場などの製造業は将来的には無人化すると私も思っています。年齢が一定以上なら、どこも雇用しないけどね・・・。