解決済み

言葉の表現について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 ちょびリーナちゃんの誕生日を祝うために、モッピーくんが来ました。ちょびリーナちゃんは、モッピーくんに「苺ケーキを一口食べていいよ」って言いました。モッピーくんは、口が小さいので「ほんの少し」だけケーキを食べました。食べた量があまりに少ないので、4分の1ほど、お皿に切り分けしてあげ、そばにいたちょびん君はモッピー君に「紅茶もあるよ^^」と言い、モッピー君に紅茶もあげました。

 その1年後はお財布くんが来ました。ちょびリーナちゃんは同じように「苺ケーキを一口食べていいよ」って言いました。お財布くんは口が大きいのでケーキを一口で丸飲みしてしまいました。ちょびリーナちゃんは大泣きで、そばにいたちょびん君は「紅茶をかけるよ!!」といい、熱湯の紅茶をお財布くんにかけました。

さて「一口」という部分が、問題なのですが、言葉の表現って難しいですよね?人間自体が十人十色だから、色々なとらえ方ができるのです。私はある夜勤の工場で、22時から翌日6時までの仕事をしていた時、翌日0時と翌日3時にそれぞれ30分休憩があるのですが、23時ころ「一服しておいで」と言われたので、翌日5時50分まで一服したら、休憩回しの人に「ボロクソ」怒られました(;;)
その日は日当をくれたのですが(8時間分→一服とは5分程度小休止の事と言わなかった休憩回しにも非があるから)、翌日から0時と3時の30分ずつの休憩しか回してもらえず、小休止の一服が一切なくなり、周りからも冷たい目で見られました(;;)私は何も悪くなく、ちゃんと一服について説明しない方が悪いと思うのですが、どうなのでしょう?



ありがとうポイント

んんん・・・

>ちゃんと一服について説明しない方が悪いと思うのですが

一服について、どれくらいの時間を一服というのかを確認、聞かないほうが、悪いと思いますよ、

世の中にはルール、決まりごとというのがあります、例えば、

ボクが働いていた所では、お昼休みは「1番」、トイレに行く時や1本タバコを吸ったりコーヒー1本のむときはは「2番」、小休憩は「3番」と番号を使います、

〇〇さん2番いっていいよ~、とか、1番に入りま~す、みたいな言い方をしていました、

どうやら、しんぴー さんは勤務していたところのルール、一服の時間を知らなかったのですね...、

しかし、知らない事は、決して恥ずかしい事ではありません、この次からは失敗しないようにすればいいだけです、

自身のルール、思いこみ、正しいと思っている事、だけで、行動すると痛い目にあいます、

他人とうまくやっていくために、トラブルにならないように、なるべく、自己判断で行動せず、確認してから行動することを、お勧めします。

・・・(^^)

返 信 回答ありがとうございます。たしかに一服について時間の確認をしなかった私にも、一定の非はあるとは思います。謝罪はしときました。