解決済み

死後の世界について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 仏教の死後の世界には、死出の山を登り、三途の川の渡り・・・とありますが、この三途の川の番人が、「鬼」ではなく「お財布くん」だったらどうなりますでしょうか?
 死者は三途の川のほとりで、大きなお財布くんのがま口をあけます。コインが出てきたら、善人で橋の番人にコインを渡す事で橋を渡れます。(この時に先に死んだ祖先や友人などのお迎えあり)
少しの罪がある場合には、がま口を開けると強烈な風が吹き出し、飛ばされて浅瀬に行きます。大きな罪の場合は、火が吹き出し、熱いから水を求めてさまよった挙句、深い川に流されます。
 川のほとりで「もっぴーくん」がスコップやドリルを持って見張っているから不正ができない。(仮に押しのけて悪人が橋を渡ろうとしても結界で渡れない)
 このように考えた場合、死後の世界の鬼って不要なんじゃないかな?と思うのです。怖い顔の鬼や十王より、ポイントキャラに審判させた方が良いと思います。
 ちなみに賽の河原で、子供の作った塔を倒すのも、モッピくんの仕事ね^^



ありがとうポイント

六文銭

質問に関係ないですが。
真田信繁(幸村)
真田家の家紋、六文銭でしょうか
三途の川の渡し賃は六文銭
つまり
行く賃金だけ持って
生き残る事を考えてない
死ぬ覚悟で尚且つ
目立つ赤備えで向かった行ったらしいですが。
何か志を持っている事は良い事だと思いますが
質問と全くない回答ですみません

返 信 回答ありがとうございます。真田家の家紋は六文銭で、それ以外にも存在しています。
死後の世界での六文銭は、現世での善行はお金になって具現化したものと思います。