解決済み

死後の世界について

困り度:暇な時にでも

しんぴー

 仏教の死後の世界には、死出の山を登り、三途の川の渡り・・・とありますが、この三途の川の番人が、「鬼」ではなく「お財布くん」だったらどうなりますでしょうか?
 死者は三途の川のほとりで、大きなお財布くんのがま口をあけます。コインが出てきたら、善人で橋の番人にコインを渡す事で橋を渡れます。(この時に先に死んだ祖先や友人などのお迎えあり)
少しの罪がある場合には、がま口を開けると強烈な風が吹き出し、飛ばされて浅瀬に行きます。大きな罪の場合は、火が吹き出し、熱いから水を求めてさまよった挙句、深い川に流されます。
 川のほとりで「もっぴーくん」がスコップやドリルを持って見張っているから不正ができない。(仮に押しのけて悪人が橋を渡ろうとしても結界で渡れない)
 このように考えた場合、死後の世界の鬼って不要なんじゃないかな?と思うのです。怖い顔の鬼や十王より、ポイントキャラに審判させた方が良いと思います。
 ちなみに賽の河原で、子供の作った塔を倒すのも、モッピくんの仕事ね^^



ありがとうポイント

ポイントキャラに会いたくて……

自殺者続出。
すみません、物騒な出だしで。

死ぬのが楽しみになってきますね。でも、それはちゃんと生きたご褒美ということで…。

ストーリーの中にどう入れていいか分かりませんが、げん玉のモリモリたちやポイントインカムのポ太郎、ポタ美たち、ライフメディアのえる&めるにもお役目を与えてください。

可愛いの中心ですが、コワイのもいていいですね。いるかな?

返 信  回答ありがとうございます。当然マリモっちや、インカムの犬などもいると思います。
邪淫の罪を裁く審判では、男性の場合、罪が大きいとポ太郎に性器を噛みちぎられるかも?(そうこう王の猫の役割?)
可愛くても、悪人には厳しいから、あなどれない。
善人には「わおーん!」とか言って甘えてくるかも(・o・)